見物するのも雪ダルマ状態 ?

  
 「さっぽろ雪まつり」見物で、国内外からの観光客、市民で賑わうサッポロの街です。

 しかし、今日は、朝から激しい吹雪 ・・・ えっ、見物するのも雪ダルマ状態 ? 


     ゆきだるまa


  明日は・・・「建国の日」。 休日で人出も一層多いでしょうね。 



 しかし、この賑わいも残念ながら、明日11日で閉幕・・・です。

 雪まつりが終わると、サッポロも少しずつ春へ歩み始めます。
 




      春字a

         淡き光たつ にわか雨
        いとし面影の 沈丁花
        あふるる涙の つぼみから
        ひとつ ひとつ 香りはじめる
        それは それは 空をこえて
        やがて やがて 迎えに来る

        春よ 遠き春よ
        まぶた閉じればそこに
        愛をくれし君の
        なつかしき声がする


        君にあずけし わが心は
        今でも返事を 待っています
        どれほど月日が 流れても
        ずっと ずっと 待っています
        それは それは 明日をこえて
        いつか いつか きっととどく

        春よ まだ見ぬ春
        迷い立ち止まるとき
        夢をくれし君の
        まなざしが肩をだく


        夢よ 浅き夢よ
        わたしはここにいます
        君をおもいながら
        ひとり歩いています
        流るる雨のごとく
        流るる花のごとく

        春よ 遠き春よ
        まぶた閉じればそこに
        愛をくれし君の
        なつかしき声がする

        春よ まだ見ぬ春
        迷い立ち止まるとき
        夢をくれし君の
        まなざしが肩をだく ・・・

 



 生後3か月の北極グマ 「ノラ」 ・・・ 世界の人気者に  ( アメリカ )

・ アメリカ・オハイオ州のコロンバス動物園&水族館で昨年11月に誕生した北極グマのメスの赤ちゃん。 3か月を迎えた2月6日、名前がホームページでお披露目されました。

・ 北極クマはアラスカ、カナダ、ロシア、ノルウェー、グリーンランドに生息し、アザラシを主食とします。 現在個体数は推定2万~2万5000頭といわれ、地球温暖化がこのまま続けば2050年までに生息数が3分の1になってしまうとみる専門家もいます。

・ 北極グマの繁殖計画は「動物園水族館協会」によって提案され、母のAurora(オーロラ)と父のNanuq(ナヌーク)のペアにより、昨年11月6日に待望の赤ちゃんが誕生しました。


          北極グマ「ノラ」a


・ 赤ちゃんの名前は動物園のスタッフによってKaya(小さいけれど賢い子)、Sakari(かわいい)、Densa(ボス)、Nora(母と父の名前から取ったもの)の4つに絞られ、その中からネットによる投票を募ることに。 世界115か国から9万もの投票の結果、赤ちゃんは「Nora(ノラ)」と名づけられました

・ ノラの愛らしい成長の様子はコロンバス動物園&水族館のホームページで随時アップされており、これまでに400万人が閲覧しています。 北極グマは生後2~3週間の生存率が50%と言われ、ノラと一緒に誕生したもう1頭の赤ちゃんはすぐに死んでしまったとか。 さらに1週間もたたないうちに母親のオーロラが育児放棄したため、ノラは飼育員によって育てられています。

・ 今も4時間おきに飼育員からエサをもらい、生まれた時に450グラムだった体重は3か月で8キロを超えました。 このところのノラの成長は目を見張るものがあり、1週間に2.5センチずつ大きくなっています。

・ ノラのお気に入りは小さなバスタブに張った水で遊ぶことで、色々なものに興味津々。 このまま順調に行けば春にも一般公開されるといいます。

・ コロンビア動物園&水族館の最高責任者は 「世界のたくさんの人々がノラの成長を見守ってくれているのは本当に嬉しいことです。 ノラを知ってもらうことは、北極グマが絶滅の危機に瀕していることを理解してもらう絶好の機会だと思っています。 動物たちの未来を見据え、私たちひとりひとりに重要な役割が課せられていることを忘れないで下さい」 とホームページで呼びかけています。





 犬並みに成長で「飼いきれない」 ・・・ 巨大ウサギが飼い主を募集中  ( イギリス )

・ “アトラス”と名付けられた生後7か月のこのウサギは、元の飼い主が犬並みのサイズのアトラスをこれ以上飼えなくなったとして、スコットランドにある保護施設へ預けたことで新たな飼い主を探すことになったとか・・・。


         巨大ウサギa


・ 同施設のマネージャーは 「アトラスはすでにウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア並みの大きさですが、まだ幼いので今後も成長が見込まれます。 とても人懐っこいウサギでかまってもらうのや抱っこしてもうらのが大好きです。 アトラスはそのいたずらっ気たっぷりの仕草でみんなを笑顔にする好奇心たっぷりの男の子です。 この子の大きさに合った家を探しているところです」 とコメントしています。





 ジョン・レノンの毛髪競売 ・・・ 60年代に映画出演でカット

・ アメリカ競売会社は、ビートルズの故ジョン・レノンが1960年代に映画撮影のためにカットした毛髪の束をテキサス州ダラスでの競売に掛けると発表しました。 落札予想価格は1万ドル(約115万円)とか・・・。


          故ジョン・レノンの毛髪  ジョン・レノンの毛髪競売a  


・ 毛髪は約10センチ。 レノンが第2次大戦を風刺する映画「ジョン・レノンの僕の戦争」(邦題)に出演する際にカットしたもので、実際に髪を切った美容師のコレクションからの出品。


  髪の毛を切った直後のジョン・レノン  ジョン・レノンの毛髪競売2a


・ 毛髪の他、メンバー全員のサイン入り写真などビートルズ関連の貴重な品100点や映画・音楽関係の品多数も競売に出されるようです。





  新たな謎のクレバスを発見か ・・・ ネッシーは存在する ?

 今年こそ正体が判明 ?


       ネッシー2


・ ネッシーの愛称で広く知られる、未確認の巨大水棲生物が何度も目撃されてきたことで有名なネス湖。 とはいえ、ネッシーの存在を裏づける確たる証拠は、いまだに発見されていません。

・ ところが、このほどネス湖の水中をソナーによって探査した結果、新たな巨大なクレバスが発見されたかもしれない、とのニュースが地元を賑わしています。 ネス湖の正式な最深部の水深は約230m。 しかしながら、3D画像によって、水中深くに切れ込む形で存在が明らかになった新クレバスの最深部は、水深約270mにまで達するのだとか!


       ネッシー1


・ 今回の発見は、ネス湖で観光船を運航している、元漁師によるものと報じられています。 ネス湖上を航行するときは、必ずソナー探知機で水中の様子を調べながら進むようにしているようですが、ある日、謎の物体が写っているように見えた場所があり、その周辺を何度も探査した結果、新たな巨大クレバスの発見にいたったと語っています。 ちなみに、これほど深いクレバスならば、別の湖とつながる湖底洞窟の存在も十分にあり得るだろうとまで述べています。

・ 約270mの深さに達する巨大なクレバスは北海の深さの倍におよぶ水深です。 今回の発見にとどまらず、ほかにもさらに深いクレバスがいくつも存在している可能性があるとか・・・。

・ ネス湖の科学的調査を進める研究者は、実際に水中に潜って計測したのではなく、あくまでもソナー探知機によるデータ収集の結果なので、新たな最深部の水深記録更新は正確ではない可能性も高いと警告。 今後より詳細な調査を進めることを約束しました。

・ ネッシーが潜んでいるかもしれない、謎の巨大クレバスの発見。 なんとも興味をそそられるニュースですが、地元がネス湖の観光を盛り上げるために、話題作りの一環で公表したのでは? そんな懸念もあるみたいです。

・ ただし、まだまだ湖の奥深くには、人間の知らない世界もたくさんあるのは事実で、ネッシー伝説を発展させる夢のような発見が飛び出してくるかも ?






      はるよa


          春よ 遠き春よ !






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード