愛は、この世に存在する。

  
 サッポロは三日連続のマイナス気温です。

 春への歩みも、まだ遠いようです。



            冬と春a


       聞こえますか 愛する人よ

      胸に響く 希望の歌声が

      時を刻む 命の鼓動を今優しく 包み込んで

      いつかは 綺麗な花になる

      春に咲く 平和の花のように


      時が過ぎ 季節が変わっても またこの場所で会えると信じて

      風に揺れる せせらぎ それぞれの 想い出映し出す

      ふるえる 光の雫 強く生きると誓ったあのとき 抱きしめて


      見えますか 愛する人よ

      風に舞う 桜の花びらが

      旅立つ 貴方の未来を 今静かに見守ってる

      また出会うその時を 信じて




 「うるう年」 のプロポーズは、断ることができない!? ・・・ 世界の珍・告白


          うるう年のプロポーズ3a


・ 現代の告白といえば、意中の相手に素直な気持ちを直接言葉で伝えるのが一般的ですが、歴史上に残る告白方法は今とは違って、どれも少し変わったものばかり。 その中でも 、インパクト大な告白や驚きのプロポーズを・・・。



◆ 中世ヨーロッパの 「リンゴ」 を使った驚きの告白


         うるう年のプロポーズ2a


・ 16世紀ごろのヨーロッパでは、女性から想いを伝える「逆告白」として、とても変わった告白方法がありました。  それは 「皮をむいたリンゴを自分の脇の下にはさみ、においを染み込ませてプレゼントする」 というものです。  その、プレゼントしたリンゴを男性が食べてくれたら告白は成功。

・ 今では少し考えられないものですが、当時は 「ラブアップル」 と呼ばれておりとても一般的な告白方法でした。  脇の下はフェロモンが出る場所という考えから、リンゴに自分のフェロモンを染み込ませることで 「惚れ薬」 になると考えられていたのです。

・ また、なぜリンゴが選ばれたのかというと 「アダムとイブ」 の禁断の果実に影響されたものといわれています。  とてもインパクト満載なこの方法ですが 「 禁断の果実 = リンゴ = 告白の果実 」 というのはちょっぴりロマンチック。 

・ リンゴを使った告白やプロポーズは、意外と素敵なものになるかもしれません。




◆ 「うるう年」 のプロポーズは、断ることができない!?


         うるう年のプロポーズ1a


・ 1288年のスコットランドでは 「うるう年には女性からプロポーズをされた男性は、承諾しなければならない。 もし、断ったら罰金」 という逆プロポーズの法律が存在していました。

・ 4年に1度訪れるうるう年の1年間は、女性のプロポーズチャンス年ということだったのです。 ですが、そのうち 「1年間というのは長すぎる」 という反対の声も上がったため 「うるう日である2月29日のみ」 と改訂されました。

・ それでも、その日に女性からプロポーズをされた男性はOKを出さなければならなかったのですから、まだ結婚を考えていない男性からするとドキドキの1日だったことでしょう。  現代では考えられないビックリな法律です。

・ しかし、今でもアイルランドやイギリスなどでは 「うるう日は女性がプロポーズをする逆プロポーズの日」 として名残があるようです。  たしかに、4年に1度しかない2月29日がプロポーズの記念日になるなんて、特別感があって素敵では・・・ !



  今年は、ちょうど「うるう年」。 

  2月29日 ・・・ 意中の人に、プロポーズや告白はいかがでしょう。



    ハートカードa
 
     
   愛は、この世に存在する。 きっと、ある。

   見つからぬのは愛の表現である。 その作法である。


                               ( 太宰 治 )



 保存危機の太宰治・碧雲荘 ・・・ 大分・湯布院に移築へ

・ 作家太宰治(1909~48年)がかつて暮らし、保存が危ぶまれていた東京都杉並区のアパート「碧雲荘」が、温泉地として知られる大分県由布市湯布院町に移築されることが決まったとか・・・。

・ 昭和初期に所有者の自宅兼下宿として建てられた碧雲荘には、1936年11月から約7か月間、太宰が暮らし、代表作 「人間失格」 の原型 「HUMAN LOST」 を執筆。 その後書かれた 「富嶽百景」 には、親しい人の裏切りを知った苦しい心情を回顧する中で 「便所の金網張られた四角い窓から、富士が見えた」 とつづっています

・ 約10年前まで下宿として使われ、2015年4月、福祉施設などの整備を計画した杉並区の土地開発公社が所有者から敷地のみを購入。 戦前の東京郊外の文化を伝える高級下宿としての価値も高いとされる建物について、地元の住民団体が区に保存と活用を求める署名を提出していました。


      太宰治ゆかりの下宿a

             「碧雲荘」a


・ 湯布院の旅館経営者が解体・移築費用を負担。 本を中心とした交流施設「文学の森」(仮称)として活用するといいます。 移築は今秋には完了する見通しといい、「太宰の名前を発信し、全国から訪れる方を“お接待”したい」とかです。

・ 「荻窪の歴史文化を育てる会」 は、「消失という最悪の結末は回避できた。 移築を見守りたい」 としています。



 太宰治2a 人生はチャンスだ。 結婚もチャンスだ。 恋愛もチャンスだと、

 したり顔して教える苦労人が多いけれども、私はそうではないと思う。

 私は別段、例の唯物論的弁証法に媚びるわけではないが、 少なくとも恋愛は、チャンスではないと思う。

 私はそれを意思だと思う。
   ( 太宰 治 )





 組織の長期的存続には “働かないアリ” が必要  ( 北海道大学研究 )

・ 「組織の長期的存続には一見無駄な“働かないアリ”が必要」――北海道大学は、アリのコロニーの組織運営や生産性に関する研究結果を発表しました。 他のアリが疲れて働けない時に、普段働かないアリが必要な仕事をこなすことで、集団全体が致命的なダメージを受けるのを防いでいるとか・・・


         働かないアリa


・ アリをはじめとする社会性昆虫の集団には、ほとんど働かないワーカーが2~3割ほど存在します。 短期的な生産効率を低下させるため、一見すると無駄な働かないアリがなぜ存在するのかは疑問視されてきました。

・ 全員が一斉に働くシステムと、他のすべてのアリが疲れて働けない時に普段働かないワーカーが代わりに働くシステムのどちらが長く存続するかを比較したところ、コロニーへの疲労がない時には2つの存続時間に差はなく、疲労が存在する場合は後者の方が長続きしました。

・ 実際のアリのコロニーでも、常に誰かがこなさないと集団全体に致命的なダメージが及ぶ仕事を、“働き者”の代わりに請け負うことで、危機的な被害を回避していることが分かったという。

・ 「短期的効率を求め過ぎると大きなダメージを受ける」「働かないワーカーをあえて常駐させる非効率なシステムが不可欠」という結論は、社会性昆虫に限らず、人間の組織にも通ずる示唆的な研究結果で、「組織運営全般に関して、長期的存続の観点を含めた上で考えていくことの重要性が示された」と結んでいます。

・ 論文は 「Scientific Reports」 に16日付(日本時間)で公開されました。



  “働かないアリ” が必要 ・・・ と理解も、閑職は狭まる現代社会。

  窓際と云っても限られ、残るはドア際で・・・退場近し。 お疲れさん !
 


 第29回 サラリーマン川柳コンクール ・・・ 傑作100選・発表 !

・ サラリーマンをはじめ、OL、主婦、学生、だれでも参加できる第一生命の 「サラリーマン川柳コンクール」 ・・・ 全国から応募のあった39551句から傑作100選が発表されました。 この中から人気投票により、ベスト10が決まります


       サラリーマン川柳コンクールa

 
・ サラリーマン川柳コンクールは ・・・ 好不景気や流行語など、その年の流行や世相を反映しながら、サラリーマンの悲哀をユーモラスに詠んだものが多い



作品No.1~No.10

  1 キミだけは オレのものだよ マイナンバー
  2 本物の ビール3本 わが爆買い
  3 みつをから 修造になる 父語録
  4 「何欲しい?」 「ママのトリセツ」 子が真顔 ゆい
  5 下町が 見せた日本の 底力
  6 「ご」を打つと 自動変換 「ごめんなさい」
  7 部下の言う 「課長やばい」は 褒め言葉
  8 どうなった? 「確認します」は やってません
  9 社の無駄を すべて知ってる シュレッダー
 10 課長また アレアレ詐欺の ような指示

作品No.11~No.20

 11 「出来ません!!」 言えるあなたは 勝ち組です
 12 「まぁ聞けよ」 もう聞きました 5回ほど
 13 ただでさえ 無礼な部下の 無礼講
 14 安月給 伸びしろあると 褒められる
 15 ミスをして てへぺろ返す オレの部下
 16 決めるのは いつも現場に いない人
 17 男より トイレを磨けと 妻が言う
 18 イクメンは 子よりも妻に 気を使い
 19 我が家では イエスかハイの 二択
 20 辞書にない 難読難解 生徒の名

作品No.21~No.30

 21 どっちだよ 上司の意見 両極端
 22 不機嫌な 妻にトリセツ あった?カナ
 23 「大丈夫?」 最後はSiriに 励まされ
 24 4Kで 家賃いくらと 母が聞く
 25 自撮りした 写真見るのも 自分だけ
 26 お風呂場で 全裸ポーズを 試す父
 27 若者が セカイノオワリと はしゃいでた
 28 トライして ずっと寝たママ ごろん丸
 29 球拾たまひろい だったオレにも 背番号マイナンバー
 30 たいていは 結果にコミット せぬ夫

作品No.31~No.40

 31 まいにちが 修造だけに 励まされ
 32 退職金 もらった瞬間 妻ドローン
 33 エンブレム 仕事サボって 考え中
 34 日本中 納税した嫁 グルメ通
 35 ダイエット コミットしたけど リバウンド
 36 エアKを まねて着地で くじく足
 37 また替えた レッスンコリナイ ママの趣味
 38 肌年齢 母とまさかの 同い年
 39 ならいごと 去年テニスで 今ラグビー
 40 マイナンバー 国より厳しい 妻管理

作品No.41~No.50

 41 定年後 帰りは何時 聞く側に
 42 同い年 キムタクHEROヒーロー オレ疲労
 43 じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち
 44 「休みます」 新入社員の 紙対応
 45 子が巣立ち 妻と二人の シェアハウス
 46 ゆう活で 帰ると妻の 愚痴全開
 47 会議中 上司の顔を フォローなう
 48 うちの妻 ドローンがなくとも お見通し
 49 切れない縁 抜けない指輪 似る体型
 50 何作る? 今では俺から 妻に聞く

作品No.51~No.60

 51 福沢を 崩した途端 去る野口
 52 花束を 妻へも分けて 定年日
 53 ジム通い 結果が出ずに 腹が出る
 54 親からの お土産いつも 縁結び
 55 効率化 兼務が増える 組織表
 56 妻が見る 「きょうの料理」 明日もでず
 57 世の夫 五郎丸より 拝んでる
 58 無駄がない 妻の言葉と 渡す金
 59 プレミアム 商品券で 買うモヤシ
 60 割勘か 投資か悩む 初デート

作品No.61~No.70

 61 じどり棒 味はタレかと 聞くじいちゃん
 62 また飲み会!? 電話の声は 嬉しそう
 63 オークション 勝手に売られた コレクション
 64 駅でなく 線路に近い マイホーム
 65 スポーツの ルール知らずに ブーム乗る
 66 コンビニで カツ丼 ・ ドラ焼き お茶トクホ
 67 元気出る 魔法の言葉 「孫来るよ」
 68 ましゃロスの 妻を救った 五郎丸
 69 次はどこ ふるさと探して ネット見る
 70 春くれば トリプル入学 爆払い

作品No.71~No.80

 71 本当に? 俺の寝顔も ピスタチオ?
 72 サラ川で 妻の仇あだ打つ ダンナ達
 73 愛犬も 家族の番付 知っている
 74 ふたり鍋 カニでもないのに 会話無し
 75 老眼だ スマホ見るのに 自撮り棒
 76 娘来て 「誰もいないの?」 オレいるよ
 77 我が家でも 「温めますか」と 飯が出る
 78 冷蔵庫 オレのビールに マイナンバー
 79 やってみた ゆう活憂鬱 趣味がない
 80 肩書きは 宴会部長 三十年

作品No.81~No.90

 81 電車内 両手に吊り革 仮想五輪
 82 馴れぬ家事 夫にあげたい 努力賞
 83 何ハラだ? 身をふり返り ハラハラさ
 84 円安で 外食三昧 塩高だ
 85 ましゃロスと 妻が爆買い 俺火花
 86 地方より 創生したい 我が家庭
 87 ゆう活で 夕食係を 命ぜられ
 88 カーナビよ 見放さないで 周辺で
 89 エピソード 7ではじめて 知る新人
 90 子の朝練 妻を起こしに 俺起きる

作品No.91~No.100

 91 気付いたら Siriと話して 1時間
 92 気を遣い 妻を目で追う オレとイヌ
 93 娘との ままごとで知る ママのグチ
 94 マイナンバー 夫婦間でも 機密事項
 95 嫁さんの 取り説全て 要注意
 96 「一言で 言えば」の話が 一時間
 97 俺よりも 役に立ってる 微生物
 98 銀行と ロケットをみて 憂さ晴らす
 99 ラインより 心に響く 置手紙
100 キャラ弁が 恥ずかしすぎて 外で食う



  サラリーマンの悲哀 ? この世は笑って開き直るしかございませんねぇ・・・。


        moo6a.jpg

           わ・わわわわわ・・・・ !


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード