早起きは三文の徳 !?

  
 国公立大学の二次試験も迫ってきました・・・。

 予備校へ通う姿にも、切迫感が感じられます。

 学力、気力すべての力を出し切って・・・大学入学後は頭が空っぽにはならぬようにです。



 せめても、気力の空洞化には、ご注意ください ・・・・ませ、ませ。
 


 北の大地a


        果てしない大空と広い大地のその中で
       いつの日か 幸せを
       自分の腕でつかむよう

       歩き出そう 明日の日に
       ふり返るには まだ若い
       ふきすさぶ 北風に
       とばされぬよう とばぬよう

       こごえた両手に 息をふきかけて
       しばれた体を あたためて

       生きる事が つらいとか
       苦しいだとか いう前に
       野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

       こごえた両手に 息をふきかけて
       しばれた体を あたためて

       生きる事が つらいとか
       苦しいだとか いう前に
       野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

       こごえた両手に 息をふきかけて
       しばれた体を あたためて

       果てしない大空と広い大地のその中で
       いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう
       自分の腕でつかむよう ・・・



 北海道はデッカイどう・・・ですが、宇宙は・・・?


 H2A30号機でX線天文衛星「ひとみ」の打ち上げ成功・・・ブラックホールなど観測

・ 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日午後5時45分、X線天文衛星「アストロH」を搭載したH2Aロケット30号機を鹿児島県・種子島宇宙センターから打ち上げられました。


     H2Aロケット30号機


・ アストロHは約14分後にロケットから分離、地球周回軌道に投入され打ち上げは成功し、アストロHは「ひとみ(瞳)」と命名されました。

・ ひとみは観測時の全長が約14メートルで、日本最大の天文衛星。 X線天文衛星としては6代目になります。 2種類の望遠鏡と4種類の検出器を搭載し、先代「すざく(朱雀)」の最大100倍の感度を達成です。

・ 高度575キロで、1周96分かけて地球を回りながら、銀河の中心にある巨大ブラックホールや、銀河が多数集まった銀河団などを観測し、宇宙の進化過程の解明を目指します。



  宇宙の広大さは、果てしない領域でございます・・・。



 地球上に「飲み水」は、たったこれだけ ・・・

・ アメリカ地質調査所 (US Geological Survey) が公開した画像は、もし地球上にある水をボール型にまとめたら一体どのくらいのサイズになるか、を表現したものです。


   全水量a

   全水量2a


・ 画像には、水色の球体が3つ。 最も大きなものが、地球上にある全水量を現しています。 直径は約1,380km。

・ 2番目は、氷河や地下水などの量を示しており、直径273km(全体の2.5%)ほど。 さらに、すぐに飲める淡水に限った3番目の球体は直径約56km。 全体の1.2%にあたります

・ いかに貴重な資源であるかがより明確になり、使用できる水の量を具体的に考えさせられます。

・ 「デイリー・メール」紙は、2025年には人口の3分の2が水不足に遭うとの「WWF(世界自然保護基金)」の予測を紹介。

・ 「国土交通省」に掲載されている「国際連合教育科学文化機関(UNESCO)」の発表によれば、1950~1995年にかけて人口は約2.25%増加。 対して、水の使用量が約2.74倍に増えており、その需要量が供給量に急速に迫りつつあります



  あぁ~、水よ、水の世界になって来た ?  

  将来、水資源は、石油資源のような利権になるかも・・・ですが、

  バンザイ ! ジャパン とは、見果てぬ夢ですか。




 朝型化進む=NHK生活時間調査

・ 早寝、早起きをし、早朝に働く人が増えるなど日本人の朝型化が進んだようです。 


    早寝早起き4a


・ NHK放送文化研究所が17日発表した国民生活時間調査でそんな傾向が浮き彫りになりました。 生活行動の変化を調べて番組編成などの参考にするため5年ごとに実施それています。

・ 前回調査に比べ、平日は午前7時15分以前に起きている人と、午後10時以降に寝ている人が共に増えました。

・ 早起きは若者など幅広い年齢層で、早寝は40代男女など働き盛りでも進みました。 

・ 午前8時以前に働いている人の割合も増え続けており、今回20%に達しました。



  日が昇ると起き、日が沈むと寝る・・・これが古代からの人間の生活でしたが ・・・ ?

  生活行動の変化を調べて番組編成などの参考する ? ・・・

  おや、生活を変化させたのはテレビの普及も一因だったのでは ・・・・ ?


  

 早起きは三文の徳 ! 早寝早起きでセロトニンの分泌を活性化


・ 早寝早起きをすると、精神的にも記憶力の向上にも効果があると言われています。 なぜかというと、早寝早起きをすることにより睡眠の質が良くなり、朝起きた時の倦怠感や、心身の疲れを予防することができるからです。


       早寝早起き3a


・ そのカギを握っているのが、セロトニンというホルモンです。

 

● セロトニンの分泌が活性化

・ 現代人は自律神経が乱れがちで、特に副交感神経の働きが悪くなりがちなので、副交感神経をしっかり働かせるように意識することが大切です。 副交感神経を優位にするために重要となるのは、セロトニンというホルモンです。

・ セロトニンが分泌され、副交感神経が優位になった状態になると、リラックスして気持ちが前向きになります。 セロトニンは、心を穏やかに保つ働きをする神経伝達物質と言われているのです。 このセロトニンを分泌させる方法として一番良いのは、早起きをして日の光をたっぷりと浴びることです。


         早寝早起き2a


・ 10分、可能であれば30分は浴びるようにしましょう。 また、人は朝の光をキャッチすることにより、体内時計をリセットしています。 体内時計がきちんと働いていると、睡眠、体温、ホルモンの分泌などのリズムが正常に刻まれます。

・ 遅くまで蛍光灯やブルーライト(スマホやパソコンの光)を見ていると、メラトニンという細胞を守る働きをするホルモンが出にくくなってしまいます。 また、朝の光を浴びずにいると、体内時計がリセットされないために、1日のリズムが乱れてしまうのです。

・ 朝、太陽の光を浴びるだけでセロトニンは分泌されるのですが、自律神経が乱れると不眠になることも多く、朝早く起きることがつらいという人も多いようです。 しかし、太陽の光を浴びてセロトニンが分泌された14~16時間後には、メラトニンという睡眠導入ホルモンが分泌されます。

・ このため夜になると自然と眠たくなり、翌朝には気持ちよく起きられるようになります。 つらくても思い切って一度、朝早く起きてみましょう。 良いサイクルを作ることができるようになります。


● 早寝早起きの効果

・ ストレス対策やだるさ対策としても、早寝早起きは効果があります。 なぜなら早寝早起きをすることで睡眠の質が向上し、朝のだるさや心身の疲れを予防することができるからです。


● 記憶力の増加

・ 記憶力の増加のために早寝早起きをすることにも、効果があります。 早く寝ると精神が安定し、考えや情報をまとめることができるようになります。 そして早く起きることにより、身体とともに気分も爽快になり、頭の冴えた状態となることで、効率的に活動することができるのです。

・ 睡眠不足が続くと、創作能力や集中力が欠けてしまいます。 また朝遅く起きるとボーっとしてしまい、頭が冴えない状態が続いてしまいます。 仕事や勉強を効率よく進めるためには、夜に継続した睡眠を少なくとも7時間とることと、早く起きることを心がけましょう。


         早寝早起き


● ストレス軽減

・ 早起きをして太陽の光を浴びることによって、精神を安定させるセロトニンが分泌されて自律神経を回復させ、ストレスに強くなっていきます。 セロトニンが不足してくると、うつになりやすく、些細なことにイライラすることが増えるというデータもあります。

・ また、寝ている間は精神的にも肉体的にもリラックスしているので、心や身体の疲れを回復させることができます。 その結果として、ストレスを軽減することができるのです。 夜遅くまでインターネットやTVなどに夢中になっていると、身体は疲れているのに、脳は精神的な高ぶりが消えません。

・ このため、就寝後にも興奮状態が続いて睡眠の質が下がってしまいます。 こうした生活習慣が日常的に続いてしまうと、寝たはずなのに翌日まで疲れが残ることになります。 そうすることで、さらに心身が疲れやすくなり、ちょっとしたストレスにも心が対処できなくなってしまうのです。

・ 夜は脳を落ち着いた状態にした上で早めに眠り、早起きをして心身共に活動的に生活する。 これこそが、ストレスに負けない心を作るためにおすすめの方法なのです。


         早寝早起きの効果a


・ 朝型のほうが、長期の目標を見つける努力をし、何かを成功させるために頑張れる傾向が強く、先見性が高くなるというハーバード大学の研究結果があります。 朝型の人は楽観的で矛盾がなく、良心的という傾向もあるそうです

・ 規則正しい生活には体内のリズムを整え、心を安定させる効果があります。 心が安定すると前向きになり、プラス思考にもなれ、結果としてストレスにも強くなれます。 

・ しかし、いきなり5時に起床するなど目標を高く設定してしまうと、余計にストレスになってしまいます。 まずは起床時間を30分、1時間と徐々に早めていき、少しずつセロトニンの分泌を活性化させていきましょう。





               無我の境地で ・・・

          ゼロの世界

             おぉ、ゼロの世界 ・・・ ?




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード