ギョッ ! お若いの~ お待ちなさい。

   
 暖かい一日で・・・でも、また荒れる予報でず。

 本当に、高低の激しい気温で、インフルエンザも警戒しなければなりません。

 受験生の皆さん、体調管理に注意ください。




 2月20日は、「歌舞伎の日」


     歌舞伎a


・ 1607 (慶長12) 年のこの日、出雲の阿国が江戸城で将軍徳川家康や諸国の大名の前で初めて歌舞伎踊りを披露しました。

 お国a  ・ 1603 (慶長8) 年、京都四条河原で出雲の阿国が歌舞伎踊りを始めたのが歌舞伎の発祥とされています。

・ 四条河原では、それ以後 女歌舞伎が評判となりました。


● 歌舞伎という名称の由来 ・・・ 「傾く」 (かたむく) の古語にあたる 「傾く」 (かぶく) の連用形を名詞化した 「かぶき」 だといわれています。 

・ 戦国時代の終わり頃から江戸時代の初頭にかけて京や江戸で流行した、派手な衣装や一風変わった異形を好んだり、常軌を逸脱した行動に走ることを指した語で、特にそうした者たちのことを 「かぶき者」 とも言いました。

そうした 「かぶき者」 の斬新な動きや派手な装いを取り入れた独特な 「かぶき踊り」 が慶長年間 (1596年 - 1615年) に京で一世を風靡し、これが今日に連なる伝統芸能 「かぶき」 の語源となっています。



  あいや~  あいや~ ・・・ コスプレのお嬢さん   

  平成の 「かぶき者」 ではござんせんか・・・。  ギョッ

  


 ギョッとするほど…イケメンすぎる ?

・ 「キリン氷結(R)」 の新プロモーション、「あたらしくいこう」 をテーマにしたスペシャル企画。

・ 東京スカパラダイスオーケストラに、期間限定で謎のイケメンサックス奏者「GYO(ジーワイオー)」が加入する・・・・・・そして、その正体は、後日明かされる ?

・ もう、タイトルでおわかりかも・・・、この「GYO」の正体が判明しました


         ギョッa

         そうです。 さかなクンでした!!


● さかなクンからのコメント ・・・・

 『 ギョギョさかなクンです。 中学生の頃、水槽がある部活と勘違いして吹奏楽部に入部して以来、音楽と楽器に夢中になりました。

 その頃から超憧れのスカパラの皆様と、お魚の名前のようなバス・サックスでギョラボさせていただけるなんて、夢のようでギョざいます貴重なギョ機会を、ありがとうギョざいます。

 宝物ですこれからは、氷結で新しくなったさかなクンをギョギョッと表現していきますよ。  レッツ・ギョー 』



   ぎょつ2a


・ 「担当楽器がバスサックス」、「特徴的な帽子をかぶっている」 という情報がちらほら明かされるばかりでしたが・・・・!

・ さかなクンのトレードマーク、ハコフグ帽子と白衣姿から、シックでスタイリッシュな 「クロハコフグ帽子」 とスーツに身を包んだ姿へ。 確かに、あたらしいです。 


     さかなクン1a


・ ムービーを観ると、あまりにも自然に東京スカパラダイスオーケストラのセンターで華麗な演奏を披露する姿に驚き ・・・・・ 


      さかなクン2a


・ そんなムービー、WEB限定スペシャルムービー「さかなクン×スカパラ」  是非チェックしてみてください


        ムービーはコチラ  https://youtu.be/ZGlhrqXC5tw 

 
  パパ考えるa  突然の水着姿で ・・・ ギョツ!・ギョツ! でございます。


 スニッカーズからの挑戦状 ・・・ この女性の写真から11の画像加工ミスを探せ!

・ 画像加工ソフトのおかげで、理想のイメージの顔や体を作り出すことが簡単にできる世の中ですが、加工をするのは人間なのでミスも発生します。

・ 足が3本に増えてたり、ありえない体のカーブになっていたりと、その面白さが受けて加工ミスの画像が集められていたりします。

・ それを逆手にとったのがスニッカーズの広告。 美しい女性がポーズをとっていますが、画像加工ミスが11か所隠れています。



            画像加工ミスa


● この画像を見て、加工ミスを11か所探してみましょう。

 
  スニッカーズ1a


● 何か所ミスが分かりましたか ? 正解は間違い箇所が赤線で囲んであります。


  スニッカーズ2a


 ・・・ ということで、理想の自分になるために画像加工を利用している人は、見抜かれないよう入念にミスをチェック ・・・が大事のようです。



  ミスは画像加工だけで・・・・整形手術のミスになると Oh, My GOD !


 イタリアの作家 ・・・ ウンベルト・エーコ死去、 84歳

・ ベストセラー小説 「薔薇の名前 (The Name of the Rose)」 などで知られるイタリアの作家で哲学者でもあるウンベルト・エーコ (Umberto Eco) が死去。 84歳でした。

 ウンベルト・エーコ2aa  ・ エーコは、がんのため、現地時間19日午後9時30分 (日本時間20日午前5時30分) に死去しました。

・ 1932年1月5日、イタリア北部ピエモンテ州アレッサンドリア生まれ。 現代イタリア文学における偉大な作家の一人とされます。

・ 1950年代後半、話し言葉や書き言葉、科学や芸術で意思疎通に使われる記号の研究、記号論についての思想を展開し始め、1970年代にボローニャ大学の記号学教授に任命されます。

・ 1980年に出版された 「薔薇の名前」 の成功をきっかけに、広く世間に知られるようになりました。

・ 中世のイタリアの修道院を舞台とした殺人ミステリーである同作は1986年、ジャン・ジャック・アノー 監督によってショーン・コネリーやクリスチャン・スレイターらの出演で映画化されました。

・ エーコは、晩年まで活動を続け、「フーコーの振り子 (Foucault's Pendulum)」 (1988)、「前日島 (The Island of the Day Before)」 (1994)、「バウドリーノ (Baudolino)」 (2000)」、「プラハの墓地 (The Prague Cemetery)」 (2010)などの作品を遺しました。



  「フーコーの振り子」と聞いて ・・・ あぁは、こちらの「フーコーの振り子」では ?


             フーコーの肖像と南半球における振り子の動作

             レオン・フーコーの肖像と振り子

● フーコーの振り子 は、長い振り子 (通常10m以上) の底に質量の大きいおもりをつけたもので、地球が自転していることの証明に使用されます。

・ レオン・フーコーが、1851年1月8日にパリのパンテオンで公開実験を行い、地球の自転を証明しました。




   人生、振り子のごとし・・・勝つたり負けたりの迷い道 ?

     
   ムーミンパパチェスa

      ギョツ! お若いの~ お待ちなさい !


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード