Honey ! 私って色に例えると何色?

  
 気温も上昇で、手袋も忘れるようなサッポロです。

 地下鉄駅には、卒業式でしょうか。 はかま姿の女性も・・・。

 あわただしい3月も、駆け足で進行中です。




■ 今日、3月8日は、「みつばちの日」。

・ 全日本はちみつ協同組合と日本養蜂はちみつ協会が3月8日の語呂合わせから、「みつばち」の日としました。


          3月8日はミツバチの日


 働き者のミツバチ ・ 人類とみつばちとの関わりは古く、古代エジプトの壁画にはみつばちを飼っている様子が描かれていたり、日本では平安時代に宮中への献上品にはちみつが使われるほど、当時は貴重品とされていたようです。

・ また、江戸時代には、徳川家康の孫娘である千姫がはちみつを持って嫁いだという逸話もあるようです。 

・ 平成26年(2014年)における天然はちみつの輸入数量を輸入国別にみると、中華人民共和国(中国)が28,203トンと最も多く、次いでアルゼンチン(2,876トン)、カナダ(2,708トン)となっています。 1位の中国からの輸入数量は全体の8割近くを占めていることがわかります。



 

 ムーミンdA  ● ハニー ( Honey, HONEY ) は、英語で「蜂蜜」、「甘いもの」の意味ですが・・・。

・ また、「愛しい人」 への呼びかけ。  女性から男性へなら 「あなた」、逆なら 「君」 の意味になります。





  ハートの筆a 2月14日は、Valentine Day でしたが ・・・

  ホワイトデーa3月14日、White Day ・・・ もう少しです。





 マイ・ファニー・バレンタイン ~永遠の恋を歌う~

・ 1955年に映画化されたミュージカル 「ジェントルメン・マリー・ブルーネット」 (1937年) のナンバーで、永遠のスタンダードとも言うべき 『 My Funny Valentine 』。 

・ サラ・ヴォーン、カーメン・マクレエといったジャズ・ヴォーカルの大御所から、ビル・エバンス、マイルス・デイビス、オスカー・ピーターソンに至るまで、演奏していない人はないのではないかと思うくらい、実に様々なアーティストに愛されてきました。

・ ロマンティックなタイトルとメロディからはちょっと想像つかないような、「お茶目なバレンタイン」への想い。

・ 曲の内容は恋人のことを始めは「不格好で頭が悪い」と言うのですが、最後は「そんなあなたが大好き」と愛情たっぷりに言葉と気持ちは裏返しで言っていることが分かります。

・ 「 バレンタイン (Valentine) 」とはミュージカルの中で男性の名前ですが、英語では恋人・特別な存在という意味にもなります。 また 「ファニー (funny)」 はおもしろい・こっけいなという意味です。

・ ここで語られるミスター・バレンタインは、決して男前ではないけれど、陽気で、ユーモアがあって、女性の心を和ませるような、心優しい男性です。

・ 彼女もまさかこんなファニーな男性に夢中になるとは思いもしなかったのでしょう。

・ だからこそ、余計でこの恋が愛おしく思えてならない。

・ いつまでも、いつまでも、このままでいて欲しいと思う。

・ この曲は、愛する悦びに満ちあふれたバラードであり、それゆえに誰もが幸福感を味わうことができるのでしょう。

・ ロマンティックな旋律に、あえてFunnyな歌詞を合わせたところが、いつまでも飽かれることなく歌い継がれてきた所以ではないでしょうか。




            My funny Valentine
           Sweet comic Valentine
           You make me smile with my heart
           Your looks are laughable
           Unphotographable
           Yet you’re my fav’rite work of art
           Is your figure less than Greek
           Is your mouth a little weak
           When you open it to speak
           Are you smart?
           Don’t change a hair for me
           Not if you care for me
           Stay little Valentine
           Stay!
           Each day is valentine’s day
           Is your figure less than Greek
           Is your mouth a little weak
           When you open it to speak
           Are you smart?
           Don’t change a hair for me
           Not if you care for me
           Stay little Valentine
           Stay, oh stay!
           Each day is valentine’s day



          私のお茶目なバレンタイン
         優しく 可笑しな バレンタイン
         あなたは心から私を笑わせてくれる

         あなたの見かけはおかしくて
         とても写真向きとは言えないけれど、
         あなたこそまさに私の愛する芸術作品だわ

         ギリシャ彫刻には程遠いし
         口元にもしまりがない
         口を開けば 
         とても知的とは言えないけれど

         私の為に髪の毛一本 変えたりしないで
         私のことを愛しているなら
         いつまでもそのままで
         愛しのバレンタイン

         私には毎日がバレンタインデー ・・・




 「私のイメージって何色?」  

 この質問の答えからみえる相手の本音

・ 自分が思っている自分と、他人から見たあなたでは、意外と印象が違うということを知っていましたか? しかもそのイメージはひとつではなく、見る人によってそれぞれあなたに抱く印象は違うのです。 

・ あなたはタレントのAを見て 「清潔感がありそうで好き」 と思っても、友人がAを見ると 「だらしなさそうで嫌い」 と思っているかもしれません。 それと同じで、見る人によってあなたに抱く印象は違います。

・ あなたは一体、周りからどんなふうに思われているか ・・・それを知るには、実は色がキーワードでした。

    色a



● 印象というのは言葉にすると漠然

・ 自分が「私ってどんな感じの人に見える?」と聞いても、あまり明確に答えてくれる人はいないのではないでしょうか。 それにもしも悪い印象を抱いていたとして、率直に口にする人もいないはず。 社交辞令では本当の気持ちは聞けません。

・ ですが、色で答えてもらうだけで、実はあなたにネガティブな印象を抱いていることも、実は好意を抱いていることもわかってしまいます。 答えた本人も色なら直感的に答えてくれますので、そこでさりげなく本音が見えるのです。



● さっそく聞いてみて! 「私って色に例えると何色?」

白 )  清潔感があり、新鮮で気持ちいい。 白は清々しさを感じさせてくれるので、あなたのイメージが白を答えたということは、好意的な証拠です。 落ち込んでいる人はあなたに会うと心が軽くなるので、会いたくなる。 でもちょっとひねくれた人から見るとまぶしいので、ますます自分が卑屈になりそうで、会いたがりません。

黒 )  ミステリアスで何を考えているかわからない。 あなたに好奇心をそそられる人と、得体が知れないので距離を置こうという人に分かれます。 シャープで鋭い印象、都会的。 警戒心も抱かせます。

  元気が出る、モチベーションが上がる。 あなたといると何かせずにはいられない、というように駆り立てられるものがあるので、物静かな人から見ると落ち着かない印象も。 挑戦するかどうか迷っている人は、あなたに会うと一歩が出るので会いにきます。

  にぎやか、騒々しい、変わり者。 一緒にいて楽しいですが、あまり長くいると疲れてしまうので、時々なら無性に会いたくなる人。 でも見ているだけなら面白い、いろいろなことにチャレンジしていそうで、見届けたくなる。 何かと注目を集めやすいみたいです。

  あなたに会うと心が落ち着く。 ヒートアップしているときには、冷静になりたくてあなたに会いたくなるようです。 ただ感情を見せてくれないので、冷たいという印象も与えています。 賢そう、大人っぽい、孤独が平気な雰囲気。 独自の世界観を持っている人。

)  緑はまさに癒しの色ですから、あなたと一緒にいると落ち着く、癒されると思っています。  長時間一緒にいても疲れないし、プレッシャーも感じない。 等身大で接することができて楽。年相応の落ち着きがあり、包容力、気配りのできる人。

  謎のベールに包まれた人。 ミステリアス、セクシー、上品。 ツンとした雰囲気なので気取っていると感じる人と、媚びないからカッコいい、スタイリッシュ、アーティストっぽいと感じる人がいます。 芯が強く、寡黙。

ピンク  かなり好感度が高め。 その相手から好かれている可能性が高く、カワイイ、気になる、魅力的だと思われています。 柔和、守りたくなる。 ただ同性には妬ましく思われている可能性があり、同性にピンクと言われたらカワイイんだけど、鼻持ちならないという印象も同時に抱いているかも。

茶色  安定感や安心感、信頼できる人という印象。 何事にも動じないように見えるので、心が折れそうになった時や、気持ちがブレている時にはあなたに会いたくなります。 ただ年齢よりも落ち着いていて年上に思えたり、少々頑固だと感じている人もいるでしょう。 堅実でいい加減なことを嫌いそう。 古風な人。



・ さて、周りはあなたをどう思っているでしょうか? 人から思われている印象を利用すれば、立ち回りももっとスムーズになりそうです。




         う~ん、何色と聞かれても・・・ねぇ。


               パパの色a

           ・・・・と、お答えしておきましょう。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード