うららかな陽気、こころもほっこり !

  
 今日のサッポロは ・・・ 11℃。 マイナスでは、ございませんよ。

 うららかな陽気、こころもほっこりです。



 

            すてきなあなたに
        もう大丈夫心配ないと 泣きそうな私の側で
       いつも変わらない笑顔で ささやいてくれた
       まだ まだ まだ やれるよ だっていつでも輝いてる

       時には急ぎすぎて 見失う事もあるよ 仕方ない
       ずっと見守っているからって笑顔で
       いつものように抱きしめた
       あなたの笑顔に 何度助けられただろう
       ありがとう ありがとう

       こんなにたくさんの幸せ感じる時間は 瞬間で
       ここにいるすべての仲間から 最高のプレゼント
       まだ まだ まだ やれるよ だっていつでも みんな側にいる

       きっと今ここで やりとげられること どんなことも力に変わる
       ずっと見守っているからって笑顔で
       いつものように抱きしめた
       みんなの笑顔に 何度助けられただろう
       ありがとう ありがとう

       時には急ぎすぎて 見失う事もあるよ 仕方ない
       ずっと見守っているからって笑顔で
       いつものように抱きしめた
       あなたの笑顔に 何度助けられただろう
       ありがとう ありがとう

       ずっと ずっと ずっと ・・・






 いつ ?  北海道の桜開花は ・・・ 最新桜開花予想

・ ウェザーニューズは3月15日、「第三回桜開花予想」を発表しました。


         桜開花はa

 
・ 2016年の桜の開花は3月21日ごろに、西日本では福岡、東日本では東京から始まります。 3月の第4週には九州~関東南部で続々と開花する予想で、東京都心周辺では25日ごろ、福岡では26日ごろに見頃を迎えるとのことです。


          桜開花予想316

・ 北海道 では、3~4月の気温が平年並みかやや高めとなる予想で、桜の開花は平年並みとなる見込みです。 4月28日ごろに道南から桜が咲き始め、5月20日ごろにかけて開花エリアが広がっていきます。

・ 札幌市周辺 での開花は5月初めから始まり、ゴールデンウィーク後半に少しずつ咲きそろって5月上旬には見頃を迎える予想となっています。 

・ 全国で開花が最も遅い根室・釧路方面 でも5月中旬に咲き始め、20日前後には満開になるとのことです。





 肌が敏感になりやすい春 ・・・ のんびり、ゆったりが鍵

● 変化の春は実は要注意! 肌荒れを起こしやすい敏感な季節


        肌が敏感になりやすい春a


・ 花粉症や肌荒れなどの症状が増えるせいか、暖かくなって嬉しい季節のはずなのに、意外に浮かない気持ちになる事もあるこの季節。 実は、この時期は季節の変化と同じように私達の体内にも大きな変化が起きています。

・ 寒さから守ろうと縮こまっていた身体は、夏に向けて熱を放出する身体へと変わっていき、大きく脱力が始まると言われています。

・ この脱力がうまく働くと、冬の間でかたくこわばってしまった筋肉や関節もほぐれていき、私達が本来持っている身体の機能が発揮されるのですが、そうでない場合もあります。

・ 骨盤や頭、肩甲骨等のゆるみがうまく機能しないと、血のめぐりも悪くなり、内臓機能も充分に働かなくなるおそれがあります。内臓機能が低下してしまうと、肌に必要な栄養素がうまくいき渡らず、肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。



● 自然のリズムに合わせ、この時期はのんびり、ゆったりが 「鍵」


         自然のリズムに合わせaa


・ この身体のゆるみの影響で、私達の身体はだるさを感じることが増えたり、いつもより眠気が増したりと、お休みモードに入っていきます。

・ 「春眠暁を覚えず」 なんて言葉もあるように、心地よく眠れてしまうのはこのせい。 でも、これが自然のリズム。 私達の身体は季節の変化と同じように大きく動き、そしてゆっくりすることを望んでいます。

・ だからこそ、ここで「新しい季節が始まるから!」と何かを一生懸命するのは、実は身体のリズムを無視した行動なのかもしれません。

・ 動きたくなる季節ですが、身体の声を聴いて、しっかりと体を休めてあげることで、春に起こりがちな肌トラブルも今年は回避できるかもしれません !





  のんびり、ゆったりで、30年越しの論文完成で博士号取得 ・・・ フランスの91歳女性

・ フランスで、91歳の女性が30年執筆を続けていた博士論文を完成させ、同国の女性として最高齢クラスの博士号取得者となりました。

           博士号a

・ コレット・ブルリエさんは15日、フランス東部ブザンソン市にあるフランシュコンテ大学で論文の口頭試問に合格。 論文は「優」の評価も受けました。

・ ブルリエさんは執筆過程について 「休み休み書いていたから、ちょっと時間がかかってしまったわ」 と振り返っています。


          フランス


・ 博士論文のタイトルは 「20世紀後半におけるブザンソンの移民労働者」。 市内で教員として移民に読み書きを教えた自身の経験を踏まえた内容とか。

・ ブルリエさんが博士号に関心を持ったのは1983年に退職した後のこと。 フランスでは通常、博士論文を3年で書くが、指導教官のセルジュ・オルモー教授によるとブルリエさんは「極端に型にはまらない」学生でした。

・ オルモー教授は 「あらゆる面にここまで精通し、その全てを織り込んでいける人は彼女ぐらいだろう。 論文ではそれを統計的分析で支えた」 と称えています。





          のんびり、ゆったり ・・・ !


            ofuro2Hot.jpg
   
  
           ほっこり ・・・ ? 熱いです。           



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード