見つめる瞳 ・・・ です !

  
 春らしい日々が続いているサッポロです。

 今日は4日 ・・・ 週初めで、実質的には本格的な2016年度のスタートでしょうか。

 新入社員が研修でぞろぞろと連れ立って歩く姿が目に付きます。

 緊張と期待が入り混じる4月です。




         時代a


          ふとした瞬間に 視線がぶつかる
         幸運のときめき 覚えているでしょ
         パステルカラーの季節に恋した
         あの日のように 輝いてる あなたでいてね

         負けないで もう少し 最後まで 走り抜けて
         どんなに 離れてても  心は そばにいるわ
         追いかけて 遥かな夢を

         何が起きたって ヘッチャラな顔して
         どうにかなるサと おどけてみせるの
         “今宵は私と一緒に踊りましょ”
         今も そんなあなたが好きよ 忘れないで

         負けないで ほらそこに ゴールは近づいてる
         どんなに 離れてても 心は そばにいるわ
         感じてね 見つめる瞳

         負けないで もう少し 最後まで 走り抜けて
         どんなに 離れてても 心は そばにいるわ
         追いかけて 遥かな夢を

         負けないで ほらそこに ゴールは近づいてる
         どんなに 離れてても 心は そばにいるわ
         感じてね 見つめる瞳 ・・・





 頭の体操クイズ 

問題 

三角1

・ さあ、答えはわかりましたか ? 答えを見たら 「なんだ、そんなことか!」 と思う人もいるかもしれません。

・ 答えは・・・ このブログの最後に !





  「部数減少」、年内で休刊 ・・・岩波書店 雑誌 「文学」

・ 岩波書店の文学雑誌 「文学」 が、今年11月末刊の11・12月号で休刊することに・・・。


             岩波書店 雑誌「文学」a


・ 戦中の休刊を挟んで80年以上の歴史を持ち、最新の文学研究の成果を一般読者に紹介する雑誌として親しまれてきましたが、「大学での文学研究に逆風が吹いている状況や出版不況により、部数が減少した」 としています。

・ 同誌は、岩波書店が創業20年を迎えた1933年(昭和8年)、「純正なる文学理論の建設」などを掲げて創刊されました。 多くの研究者が論文を発表したほか、三島由紀夫をはじめ、著名な作家も執筆しました。 「思想」、「科学」と並び、同社を特色づける雑誌の一つでした。 1990年から季刊、2000年から隔月刊になっていました。

・ 日本文学関連の雑誌では、「国文学」(学燈社)が2009年、「国文学 解釈と鑑賞」(ぎょうせい)が11年にそれぞれ休刊しています。



  活字離れが問題化して ・・・ 時は流れたままですが、現状打破の方策は ?


 ブックオフが赤字 ・・・ 「中古家電」でつまづき。 中古本市場が縮小する中で活路は ?


      ブックオフ赤字2a


・ 中古本販売チェーンという新業態を日本で確立した、ブックオフコーポレーション。 一世を風靡した同社が、2016年3月期に営業利益で1.5億円の赤字に陥ることになった。 営業赤字となるのは、2004年の上場以来、初めてのことです。

・ 同社は主力商材である中古本の市場が縮小を続ける中、「本」のブックオフから「何でもリユース」のブックオフへと転換する移行期にあります。 期初計画では、中古家電買い取りのためのパートやアルバイトなど人員増強、業態転換の認知度向上のためのテレビCMといった先行投資を計画。 営業利益は2015年3月期の11.2億円から今期は5億円に減少すると見込んでいましたが、収益の悪化度合いは、想定を超えるほどだった。


      ブックオフ赤字a


● 家電の買い取りが停滞

・ 売り上げは健闘しています。 主力の中古本やソフトメディアは、商品別の需給バランスを反映した値付けの導入や、「ヤフオク!」 への出品効果が発現。 期初計画の750億円を20億円上回る770億円となる見込みです。

・ 一方、費用面では人員確保を前倒しで進めたため、期初計画に比べ人員増強費が増えたほか、オンライン出品に伴う費用、新規事業の総合買い取り 「ハグオール」 の先行投資負担が発生。 売り上げ増でもカバーしきれませんでした

・ 問題は、「何でもリユース」 への業態転換のカギとなる中古家電の買い取りが、計画どおり進んでいないことです

・ 中古家電市場には、ハードオフコーポレーション、トレジャー・ファクトリーなど、先発組が存在します。 にもかかわらず、同社が中古家電に狙いを定めたのは、市場規模が大きく成長率が高いことに加え、後発でも 「中古本という集客力がある商材を持つ強みが生きる」 (松下展千社長) と判断したためでした。

・ 2015年に策定した中期計画では、2017年3月期には買い取った中古家電の販売によって増収を達成し、販売管理費の増加を吸収。 営業利益30億円へV字回復を果たす、という展望を描いていたのです

● 宣伝を強化しても効果は限定的

・ そのため今期は人員増強とともに、中古家電の陳列棚を整備。 併せて、商品の型番を入力すると査定金額が出力される、中古家電査定システムの導入を進めてきました。 12月には直営店全店に陳列棚と査定システムの導入を終え、今年1月にはテレビCMも放映したが、2月の買い取り金額は1.2億円にとどまります。

・ 店舗の再編・集約という課題もあります。 ハードオフなど先発組が郊外を中心に中古家電の陳列に適した大型店を展開しているのに対し、同社の直営店の大半は中古家電を販売するのに十分なスペースがない 「ブックオフ」 店です。 中古本やソフトメディア、アパレル、スポーツ用品、ブランド品、楽器、生活雑貨までを扱う 「ブックオフ&スーパーバザー」 の出店を進めていますが、まだ直営店全店の1割弱にすぎません。

・ 今後は、ブックオフ店を中古家電の販売も可能なように移転・増床するか、移転が困難な場合は中古家電の買い取り機能だけに特化させるなど、スクラップ・アンド・ビルドを進めていくとか・・・。 


  何でもリユースへの変身の道は平坦ではないようです。





 頭の体操クイズ 答え


三角2


・ そう、正解は 「太い直線を引いて三角形を2つ作る」 でした! 問題に線の太さについての指定はないので、きっと柔軟な思考の持ち主であれば、すぐに答えがわかったのでは・・・ ?




   さあ、少しは頭もほぐれたことでしょう。 

   いつも以上に、仕事や勉強に臨機応変な対応ができるハズ! 

   明日も1日がんばりましょう !!




           よそ見 ・・・ 春を見ている ?


             きれいa


           見つめる瞳 ・・・ です




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード