・・・ ガラスの国土 「日本」

  
 朝日がまぶしい ・・・ と久しぶりに感じる週明けです。

 いまだ、ゆれ続ける熊本地方、荒れ狂う大海を小船でさ迷うごとくです。

 沈静化を願う声が届くのは・・・いつ ?



 どこでも大地震が起こる恐れ ・・・ ガラスの国土 「日本」

・ 熊本県で発生した今回の地震は、活断層で起きたとみられます。 活断層は、過去に地震を起こした形跡があり、将来も地震を起こす可能性がある断層です。 日本には2千以上の活断層があり、全国どこでも大きな地震が起こる恐れがあるのです。


          活断層


・ 日本では、東日本大震災や南海トラフで繰り返されてきた海溝型の巨大地震だけでなく、1995年の阪神大震災 (M7・3)、2004年の新潟県中越地震 (M6・8)、14年の長野県北部の地震 (M6・7)など、内陸での活断層型地震が繰り返されてきました。

・ 陸域が震源となる活断層型の地震は、人が住む地域や交通網などの直下で起きることがあります。 このため、強い揺れや地表にできる段差で、地震の規模が海溝型地震ほど大きくなくても、深刻な被害が起きる恐れがあります。

・ 政府の地震調査委員会は、全国の活断層のうち97を主要活断層として、地震が起きた場合の規模、30年以内に地震が起きる確率などを示し、警戒を促してきました。 熊本の地震を起こした日奈久 (ひなぐ) 断層帯も布田川 (ふたがわ) 断層帯もその一つです。 しかし、00年の鳥取県西部地震 (M7・3) や08年の岩手・宮城内陸地震 (M7・2) のように、地震前には確認されていなかった 「未知の活断層」 で起きる例も相次ぎました。

・ 活断層による地震は、1千年から数万年の間隔で発生するものが多い。 防災科学技術研究所の藤原広行部門長(地震学)は 「活断層の中には、地表には痕跡が現れにくいものや、長い年月で痕跡が消えてしまったものもあり、活断層が見つかっていない地域でも注意が必要だ」 と話しています。



  
  日本は、ひび割れのガラスの国土 ! 

  ひとたび裂け目が広がれば・・・バラバラに ?  恐ろしいことです。




 現実の壁を壊す! ・・・ アートフォトグラファーの世界


    アートフォト1a


・ 湖をボートでゆらりと来てみたら、水面がガラスに変わっていた ・・・。

・ こんな 「夢を具現化しちゃった!」 みたいな写真を撮ったのはスウェーデン出身のフォトグラファー、Erik Johanssonさん。 普段はアドビやグーグル、マイクロソフト、ボルボなどの大手企業のスチール写真を撮るプロのカメラマンです。 しかし、彼のパーソナルワークは 「distorted reality compositons (歪められた現実をつくる作品)」 とも称されるような不思議な世界に満ちた作品たち。 そのひとつが上の画像の作品です。


    アートフォト2a


・ 彼の作品は、実際に撮られた写真とコンピューターによるレタッチや加工によって構成されています。 その結果として 「現実の要素を使いながら、現実から少しだけはみ出したような」 そんな世界が作られているのです。


    アートフォト3a

    アートフォト4a


・ 今度はこんな作品です。 これなんかエッシャーのだまし絵みたいじゃないですか? 「現実では構成することができない建造物を絵画の中で表現する」 だまし絵を写真でやっているって感じなんです。

・ 写真はそもそも現実を再現するもので…なんて19世紀に立ち戻って小難しい歴史を語るまでもなく、こうした作品はテクノロジーとイマジネーションの兼ね合いによって可能になったのです。 写真を撮る、これは当然。 でも一方で、写真というものが 「構成する/編集する」 ものになっているということもこれまた事実。


    アートフォト5aa

    アートフォト6a

    アートフォト7a


・ コンテンポラリーアート写真の領域に一足踏み込んでみると、こんな世界が広がっているのです。 このような写真見ていると脳が刺激される感じありませんか?  テクノロジーが広げたアートの表現の幅、それによって新しい世界が構築されていくのっていいなあって思うのです。



  こんな 「夢を現実化したら!」  地球は破壊へ・・・。

  アートの世界だけで終わってほしい。 それが切なる願いです。



 それはないだろ ! ・・・ 世界の 「却下されたキラキラネーム」 いろいろ


     キラキラネームa


・ キラキラネームは日本だけではなく、世界中に存在します。 昔 「悪魔ちゃん」 の出生届が受理されなかったように、諸外国でも 「あまりに突飛すぎる」 として、役所に認められなかった名前がいろいろあります。 今回はそんな変な名前をご紹介しましょう。


◆ 「チョウ・トウ(Chow Tow)」

・ マレーシアの夫婦が申請して却下された名前。 現地の俗語で 「臭い頭」 という意味があるそうです。 よっぽど赤ちゃんの頭が臭かったのでしょうか……。


◆ 「アヌス(Anus)」

・ デンマークで却下された名前。 デンマークでは「使える人名リスト」というものが存在し、そこに登録された7000あまりの候補から選択するということになっているそうですが、この 「Anus」 という名前は登録されていなかったので、お役所は却下したとのこと。

・ ある意味 「キラキラネーム防止リスト」 とも言えますが、ちょっと窮屈な印象もあります。


◆ 「Brfxxccxxmnpcccclllmmnprxvclmnckssqlbb11116」

・ スウェーデンのカップルが申請し、却下された名前。 もう発音すらできません。 日本で言うなら 「くぁwせdrftgyふじこlp」 みたいな感じ。 名前自体がパスワードとして機能しそうです。


◆ 「@」

・ 中国の王さん夫婦が申請し、却下されました。 中国語で 「@(アット)」 は、愛する彼という 「爱她(アイター)」 に似た発音をするので、それを変わった表記で登録しようとしたようです。 でもこれ、メールアドレスやTwitterのアカウントを自分の名前では登録できません。


◆ 「フェイスブック (Facebook)」

・ メキシコのソノラ州では、デンマークとは違い 「登録できない名前」 のリストを作成し、公開しました。 過去に申請された名前を参考にしたそうですが、この 「フェイスブック」 もそのひとつ。 他に 「ロボコップ」 「ターミネーター」 などもあったそうです。


◆ 「ルシファー (Lucifer)」 「シニア・コンスタブル (Senior Constable)」

・ ニュージランドは 「人名に使えない言葉」 リストを作り、公開しています。 その2014年版で挙げられている名前。 実際に申請され、却下したそうです。 「ルシファー」 は悪魔 (堕天使) の名前ですし、「シニア・コンスタブル」 は警察の階級名称 (日本の巡査長~巡査部長に相当)。 他にも 「キリスト (Christ)」 や「コーポラル (Corporal=伍長)」 なども各1件ずつ申請され、却下されました。


◆ 「フィッシュ & チップス (Fish & Chips)」

・ これは複合技で、双子につけられた名前。 イギリスのパブなどでは定番の食べ物である 「フィッシュ&チップス」 にちなんだ名前です。 「フィッシュ」 ちゃんと 「チップス」 ちゃんです。 日本でも双子に 「ふたつでひとつ」 になるような感じの名前を付ける場合があります。 もちろん外国でもそうなんですが、さすがにこれは漫才のコンビ名みたいです……。


◆ 「シアナイド (Cyanide)」

・ イギリス、ウェールズ地方のポーイスに生まれた双子の女の子、そのひとりの名前として申請され、却下されたもの。 日本語で言うと、猛毒の 「シアン化物」 という意味です。 命名者は母親なのですが、彼女は草花 (シアンだけなら 「青い」 という意味もある) やヒトラーを死に至らしめた (ヒトラーはシアン化物をあおってから拳銃自殺したとされる) という理由を挙げて 「とても可愛く、素晴らしい名前」 と主張しました。 しかし、裁判所は認めなかったのです。 ちなみに、もうひとりの名前は 「プリーチャー (Preacher)」 日本語で 「説教者」 という意味でした。


◆ 「タルラ・ダズ・ザ・フラ・フロム・ハワイ (Talula Does The Hula From Hawaii)」

・ 最後は却下されなかったものの、後に本人の意思により改名申請がされた名前。 まぁ、本人が却下したとも言えるでしょう。

・ ニュージーランドで1999年に生まれた女の子につけられた名前。 「タルラはハワイ生まれのフラを踊る」 という意味の文章が名前です。 驚くべきことに、彼女は9歳までこの名前で過ごしました。 9歳になった2008年、彼女は改名を申請し、裁判所に認められました。 成長して、この名前を使い続けるのに様々な問題があったんでしょう ・・・。



◆ 日本では ・・・ 「2015年 キラキラネームランキング」

・ トップ10の漢字と主な読み方は以下のとおり。

 1位 「皇帝」…しいざあ、こうた、みかど、れおんなど
 2位 「星凛」…あかり、きらりなど
 3位 「愛翔」…らぶは、あいと、まあと、まなと、あいかなど
 4位 「煌人」…きらと、あきとなど
 5位 「永恋」…えれんなど
 6位 「空蒼」…くう、あせいなど
 7位 「愛莉」…らぶり あいり えり、あかりなど
 8位 「海音」…まりぶ、まりん、かいと、ひろと、かのん、かいん、しおんなど
 9位 「碧空」…あとむ、あおぞら、りく、そら、みらんなど
10位 「七海」…ななみ、なな、まりんなど



  名前は基本的に一生使い続けるもの。  キラキラネームはやはり ?

  命名する側も様々な願いを込めて名付ける訳ですが・・・。

  子供が将来苦労しないような名前であってほしいものです・・・ね。



     子供の名前


             Maiko さん  maiko2.jpg

    日本画のモデルをしているかな ?  そんな第一印象 !

    京都の舞妓さんのイメージ。 う~ん、ぴったりの名前です。




● 名は体を表す

・ 名は体を表すとは、名前はその物や人の性質や実体をよく表すものだということ。



● 発音のしやすさと名前の好み

・ 「ジョージ」 と 「スツルガヤヌク」 という名前があったとして、皆さんはどちらの名前が好きでしょうか。

・ 最近の研究では、簡単に発音できる名前の方が親近感がわき、信頼できると評価されることが分かっています。 しかも、かなり無意識の現象なので、「なぜか分からないけどこの人の事が好き (嫌い)」 となってしまう可能性が指摘されているのです。

・ 他の研究では、発音しやすい名前の方が社会的に成功しやすく、昇進が早い傾向があることが指摘されているのです。 発音しやすさは無意識の好悪感情に影響を与えているだけでなく、結果として社会的な成功などにも影響を与えてしまうのです。

・ 皆さんが命名する機会があれば、カッコいい / 可愛いい名前を付けたいという気持ちは分からなくもありませんが、名前の分かりやすさや発音のしやすさも考えてあげた方がいいかもしれません。

   


     ミイ !  分かりやすさや発音のしやすさ・・・では、わたしでしょう !   


       ムーミン・ミイa


    何でも、Me で困惑しています ・・・ ムーミン族一同



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード