人は楽しく生きてあるらし ・・・

  
      Mothers2.jpg



       もう大丈夫心配ないと 泣きそうな私の側で
       いつも変わらない笑顔で 囁いてくれた
       まだ まだ まだ やれるよ だっていつでも輝いてる

       時には急ぎ過ぎて 見失う事もあるよ仕方ない
       ずっと見守っているからって笑顔で いつもの様に抱きしめた
       あなたの笑顔に 何度助けられただろう

       ありがとう ありがとう Best Friend

       こんなに沢山の幸せ感じるときは 瞬間で
       ここにいる全ての仲間から 最高のプレゼント
       まだ まだ まだ やれるよ だっていつでもみんな側にいる

       きっと今ここでやり遂げられること どんなことも力に変わる
       ずっと見守っているからって笑顔で いつもの様に抱きしめた
       みんなの笑顔に 何度助けられただろう

       ありがとう ありがとう Best Friend

       時には急ぎ過ぎて 見失う事もあるよ仕方ない
       ずっと見守っているからって笑顔で いつもの様に抱きしめた
       あなたの笑顔に 何度助けられただろう

       ありがとう ありがとう Best Friend
       ずっと ずっと ずっと Best Friend


         はなa




  ライラックまつりa


● さっぽろ ライラックまつり とは?

・ 昭和34年、「ライラックの花が咲き揃う季節に文化の香り高い行事を行う」という文化人の呼びかけにより始まったのがライラックまつりです。

・ ライラックは昭和35年に札幌の木にも選ばれ、どこの家の庭先でも見かけるほど市民にも親しまれる木となりました。

・ 今では、札幌に初夏の訪れを告げるおまつりとして市民の間にも定着し、札幌を代表する春のイベントへと成長しました。

・ 約400本のライラックが咲き誇る「大通会場」では、ライラック音楽祭、野外でお茶を楽しむ野だて、スタンプラリー、第50回開催から会場に加わった「川下会場」では、ライラックツアー、川下公園コンサートなど、各会場でさまざまなイベントが行われます。

・ このまつりは札幌市民にとって、半年余りの長い冬からようやく開放され、野外散策を楽しむ季節到来のファンファーレでもあります。



     大通会場    川下会場


   楽しむ

◇ 大通会場全体
 ライラック写生コーナースタンプラリー

◇ 大通会場5丁目
 らいらっく茶屋似顔絵コーナー折紙教室お宝無料鑑定&アンティークマーケット 野だて麦わら細工体験コーナー和紙ちぎり絵展示・教室市民の手づくりマーケット書道体験教室水彩色鉛筆ぬり絵体験教室円山のクリエーターと仲間NHK フラワーアート&パネル展和服体験・撮影コーナー

◇ 大通会場6丁目
 ライラック音楽祭各種ワークショップ

◇ 川下会場
 ライラックガイドツアー ライラッククイズラリー 川下公園コンサート 姫ライラック無料配布進撃のキッズ・リラデコ大作戦!


   食べる

◇ 大通会場6丁目
 喫茶コーナーインターナショナルフードコート

◇ 大通会場7丁目
 ワインガーデン2016 リラマリアージュ


   買う

◇ 大通会場5丁目
 市民の手作りマーケットオーンズ春香山ゆり園ライラック展示及び販売・相談コーナー

◇ 川下会場
 ライラックの苗木・オリジナルグッズ・臨時軽食売店




● ライラックの別名

  リラ ムラサキハシドイ ハナハシドイ

    ※バルカン半島、アフガニスタンなどが原産地。


● ライラックのかたち

  ひとつひとつの花は筒状で、先が4つに切れ込んでいます。

  5つに切れ込んだ花もごくわずかあって、幸せを呼ぶものとして喜ばれています。



● ライラックの花ことば  

     ライラック 白a  年若き無邪気さ 青春の喜び

     ライラック 紫aa  恋愛のはじめての喜び 




          家ごとに             

          リラの花咲き札幌の

          人は楽しく生きてあるらし


                                吉井 勇



          吉井勇歌碑

          吉井勇歌碑 (札幌市・大通公園・西4丁目)


・ 北国の詩情豊かな札幌は、ライラック(リラ)がよく似合う街です。

・ 昭和34年から大通公園を中心に札幌の初夏を飾るにふさわしい 〈さっぽろライラックまつり〉 が開かれていますし、“札幌の木”に選ばれたのはその翌年のことでした。

・ すぐれた歌人の吉井勇氏が昭和30年にこの地を訪れ、その旅の記念として 「北遊小吟」 五首を残しましたが、ここに刻んだ一首にはライラックを愛する札幌市民の気持が暖かく詠まれています。




  パパ考えるa  ゴールデンウィークもあわただしく過ぎ行きます。

  休暇の有無も、また振り替えでこれからの人も ・・・ それなりの思いを残した2016年のGW。

  皆さんの感慨は、いかがでしょうか。



          パパ5a

           Oh, Best Friend ? ? ?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード