まぶしすぎる朝に出会った ・・・ 今日の天気

  
 サッポロ ・・・ まぶしすぎる朝です。

 涙がポロリ、花粉が飛んでいるようです。



 今日から、ライラックまつりが開幕しました。

 いよいよ、夏へ ・・・です。




 最大級 ビビッドピンク ダイヤ ・・・ 過去最高34億円で落札

・ 競売大手サザビーズは、競売に出品されたものとしては過去最大となる15.38カラットのファンシービビッドのピンクダイヤモンドが、3156万ドル(約34億4100万円)で落札されたことを明らかにしました。 落札価格も同等のものとしては過去最高です。


           最大級ビビッドピンクダイヤ


・ スイス・ジュネーブで行われた競売では、会場に集まった約150人を前に、電話での参加者2人が極めて貴重なピンクダイヤへの入札を競いました。 最終的には、アジア地域から参加の個人が落札です。

・ 指輪に取り付けられたこの 「特別な」 洋ナシ型ダイヤモンドの推定落札価格は、2800万ドル~3800万ドル(約30億5000万円~41億4000万円)とされていました。

・ 同日、7.32カラットのブルーダイヤも1710万ドル (約18億6000万円) で落札されています。



※  ビビッド(vivid) 「生命感あふれる」 「鮮明な」 「あざやかな」「強烈な」を意味。


  まぁ~、その強烈な価格に驚きです・・・・・・・・ねぇ。




  その瞳に、「はっ」 として ・・・・ 

  感電1 ビビッ ! 感電2
と、電流が走りました




               君のひとみa


               鳶 (とび) 色のひとみに 誘惑のかげり
               金木犀の 咲く道を
               銀色の翼の馬で 駈けてくる
               二十世紀の ジャンヌ・ダークよ

               君のひとみは10000ボルト
               地上に降りた 最後の天使
               君のひとみは10000ボルト
               地上に降りた 最後の天使

               まぶしすぎる朝 に 出会った時の
               そんな心の ときめきを
               知らぬ間にふりまき 消えていった
               季節はずれの ミストレル

               君のひとみは10000ボルト
               地上に降りた 最後の天使
               君のひとみは10000ボルト
               地上に降りた 最後の天使

               君のひとみは10000ボルト
               地上に降りた 最後の天使
               君のひとみは10000ボルト
               地上に降りた 最後の天使



                     ムーミン・メッセージa



 44年間デートして、晴れて結婚 ・・・80代カップル  (イギリス)

・ 44年という気の遠くなるような年月を経て結婚した80代のカップルがイギリスにいると 『thesun.co.uk』 などが伝えています。

・ 今月14日、イギリス・ウェスト・ヨークシャーのリーズにあるセントメアリー教会で家族や親しい友人100人ほどに囲まれて結婚式をあげたのは、コリン・ ダンさん (84) とサリー・スミスさん (82)。


            44年間のデートを経て結婚したカップルa


・ 2人が最初に出会ったのは1972年のこと、サリーさんはミドルトン・ソーシャルクラブのバーカウンターで働いていました。 コリンさんは当時トラックの運転手をしており、週末になると必ずこのソーシャルクラブに顔を出したそうです。  「クラブで私にドリンクを出すのはいつもサリー。 一言二言交わすうちにどんどん親しくなって、私からデートに誘ったのです」 と語るコリンさん。 共にバツイチで、サリーさんは4人の子供を抱えるシングルマザーでした。

・ 急接近した2人が一緒に暮らすようになった時、サリーさんの一番下の子供はまだ4歳。 「結婚なんて頭になくて、子供たちの世話だけで毎日があっという間に過ぎていきました。 でも休みがとれるとイギリス北西部にある保養地ブラックプールに行ったりもしましたよ」 とコリンさんは当時を振り返ります。

・ そんな2人が結婚に至った経緯について、コリンさんはこう続けます。

「ある日、気が付いたら子供たちもみんな大きくなって家を出て行ってね。 昨年のクリスマスの前には私の兄弟が2人も立て続けに亡くなったのです。」

「そんなつらい時を経て、“もし私たちのどちらかが亡くなってしまったら…” と真剣に考え始めたのです。 私たちには一緒に育てた4人の子供たちと、13人の孫、9人のひ孫がいます。 結婚はずっと先延ばしにしてきたのですが、昨年やっと婚約し、今日14日に晴れて結婚することができました。」

・ 式の後、一行が向かったのは44年前に2人が出会ったソーシャルクラブ。 コリンさんは 「私のサリーに対する気持ちは、最初の頃とちっとも変わらないよ。サリーをとっても愛しているんだ」 と微笑みます。

・ サリーさんは 「お天気も良く本当に素敵な一日ね。 この日を待った甲斐があったわ。 ウェディングケーキもとてもおしゃれだったのよ。 でも最高なのは私たちが結婚したってこと」 と喜びでいっぱい。

・ コリンさんは 「人間関係っていうのは持ちつ持たれつ。 小さなことの積み重ねだよ。 サリーがうたた寝しても、きちんと寝る時間になったら起こしてあげる。 ご飯だって作るし、お茶だっていれるよ。 サリーが私にしてくれると同じようにね」 「けんかもしますよ。 でも考え方が一緒だから、最後はいつも “そうだね” “そうだよね” って収まる。 だからいつもハッピーでいられるんだ」 と語ります。



  婚活中のみなさん ・・・ 未来は明るい ?   

  しかし、カレがいないと ・・・ ねぇ。

  その節は ・・・ 華麗にカレーで祝福を ! 富良野はお待ちしております。 


 初の全国制覇 ・・・ 富良野オムカレー

横須賀のご当地カレーグランプリ

・ 富良野市のご当地グルメ 「富良野オムカレー」 が神奈川県横須賀市で開かれた「よこすかカレーフェスティバル」 (14、15日) の 「全国ご当地カレーグランプリ」 で、出場3回目にして初のグランプリ (優勝) に輝きました。 過去2年は連続2位だっただけに、提供店で組織する 「富良野オムカレー推進協議会」 は 「オムカレーの誕生10年に花を添えることができた」 と喜んでいるとか ・・・。


     ご当地グルメ「富良野オムカレー」a


 全国各地から20団体が出場。 来場者の投票と委員の審査を総合し、グランプリを決めました。 昨年は長野県大鹿村のジビエカレー、一昨年は埼玉県北本市のトマトカレーの前に、涙をのんだ富良野オムカレー。 今回は旬の富良野産アスパラガスや、上富良野産の豚肉を使ったソーセージなどをトッピングしたもので臨み、悲願の優勝を果たしました。

・ 同協議会によると、ご当地カレーのイベント自体は全国各地で行われていますが、コンテストを同時に行っているのは横須賀市と、毎年11月開催の茨城県土浦市だけ。 土浦では地元の有名店も参加できる方式で、富良野は入賞歴がないといい、今回のグランプリは事実上、初の全国制覇ということになります。

・ 富良野オムカレーは2006年3月20日に誕生。 コメは地元産、卵も原則地元産を使う、「ふらの牛乳」 を1本付ける ・・・ などの6カ条のルールがあり、各店が独自の味を演出してこの10年間で約66万6千食を売り上げました。 今回の初優勝で、富良野観光を支える 「ブランド」 の一つにまで成長したオムカレーに新たな勲章が加わlりました。



  北海道のへそ ・・・ の町、オムカレーを食べに行こう


 伊東マンショの肖像画、姿現す… 世界初公開へ

・ 東京・上野の東京国立博物館での特別公開 「新発見!天正遣欧少年使節 伊東マンショの肖像」 で天正遣欧少年使節の正使、伊東マンショの油彩肖像画が世界初公開されます。 


            伊東マンショ


・ 肖像画は2009年にイタリアで確認され、ミラノのトリブルツィオ財団の調査でマンショ像と判明しました。 ベネチア派の大画家ティントレットの息子、ドメニコ・ティントレット (1560〜1635年) の作。 

・ 九州のキリシタン大名たちの名代として1585年に当時のベネチア共和国に入り、歓待された16歳頃の姿が描かれています



  伊東マンショ ・・・ ?  

  伊東市のマンションかと思った人も ?    紛らわしいねぇ。




       パパaaaムーミンパパのリゾートマンション

   これを、本格的な 「リゾートマンション」 と云います。 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード