明日は、雨ですよ !


 今日のサッポロは、午前中は薄日、しかし午後から風が強まった一日です。

 吹く風のためか、肌寒さを感じました。 これ 「 リラ冷え 」 でしょうか。



      リラ冷えa

 
 5月末の北海道は、初夏の暖かくなる時期で、もうすぐ夏!と思った途端に、急に冷え込む … 気候の変化があります。 

 これがリラ冷えです。 リラ冷えは、もちろんリラ 「ライラック」 のこと。 

 本州で寒の戻り現象 「 花冷え 」 の北海道版です。



    明日は、雨ですよ ! ・・・ Chie2.jpg 

    Chie さんの話どおりの空模様になって来ました。




 5月も残り一週間。 時か、季節か ・・・ 今年は季節が先行したようです。

 桜前線の到達ともに、平年より早くサッポロに春が来て ・・・ 過ぎ去りました。

 そんな季節のめぐりは、はや「初夏」に ・・・ 6月へ移っています



           まなざしの詩学a


          街にひとふきの風  心にふれゆく今日です
          めぐり逢ったのは
          言葉では尽せぬ人 驚きにとまどう僕
          不思議な揺れるまなざし

          心を一人占めにして あざやかな
          物語が限りなく綴られて
          君の姿が 静かに夜を舞う


          紅茶ひとくちふと 深い味がする夜です
          めぐり逢ったのは
          夢に見た人ではなく思い出の人でもない
          不思議な揺れるまなざし

          心が波立つようです いつになく
          物語が限りなく綴られて
          君の姿が 静かに夜を舞う


          昨日までの淋しさ嘘のように
          君の姿に色あせて
          明日の朝を待ち切れず夜を舞う

          君の姿を追いかけて
          あのまなざし揺れて眠れない



            まなざしa



 味わい今も ・・・ チェコの古城に眠っていたワイン

・ チェコ南部の町ベコフで、古城の地下に眠っていたビンテージワインをソムリエらがテイスティングしました。

・ 1985年に見つかっていた133本のコレクションで、年代は1892―99年物が中心。  シャトー・ディケムの1892年物などが含まれるとか ・・・


         チェコの古城に眠っていたワインa


・ 第2次大戦末期に城主が敵の侵入に備えて隠したものとみられており、1本の価値は最高で75万コルナ (約330万円)、総額は3000万コルナ (約1億3000万円) 超に上るといいます。  このたび、城を管理するチェコ当局がワインの評価をソムリエらに依頼しました。

・ マスター・オブ・ワインの資格を持つソムリエは 「果実の純粋な香りが保たれている。 酸味に加えてすっきりする味わいがあり、間違いなく楽しめるワインだ」 と評します・・・。

・ 試飲に当たってはボトルを開けず、コルクに極細の針を刺して中身を抽出するという技術を用いたため、通常より時間を要しました。  この方法の開発者は 「ワインが発見されるまでに100年かかったのだから、この程度は待てる」 と話しているとかです。


  
  えっ、値段にギョッ !  揺れるまなざし ・・・ です。 



               それは、何年物 ? 

       何年ものa


            これは ・・・ わたしの物 !!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード