5倍サイズのスーパーマーズ ・・・ 31日(火)に !

 
 5月最後の週末 ・・・

 皐月の空、好天に恵まれた日々でした。 

 小学校の運動会で体力を使い果たした ? 

 通常の日曜日と比べると、ファミリーの姿も少なめのようです。




 北海道で、「白い虹」が出現

・ 29日(日)朝、北海道で 【白虹 (しろにじ)】 と呼ばれる現象が出現しました。


  「白い虹」


・ これは、霧が発生している時に見られる 【霧虹 (きりにじ)】 とも呼ばれ、大変めずらしい現象です。

・ 白虹のメカニズムとは?

・ 通常の虹は太陽の光が雨に反射する際、雨粒がプリズムの役割を果たして太陽光が分光されるため、七色に見えます。

・ 一方、白虹は太陽の光が霧に反射して見られます。 霧の粒は、雨粒より細かいためプリズムのように分光されず、全ての波長(色)の光が同じように散乱されるため、白く輝きます。 

・ 太陽の高さが低い朝や夕方に霧が出ていると、こうした白い虹が見られることがあります。

・ 北海道では昨晩まで前線の通過に伴って雨が降っており、空気中の水分量が多く、霧が発生し、白虹が現れたと考えられます。

・ 朝の白虹は晴天のサインです。 昼間は次第に霧が解消し青空が広がります。





          女の涙a


         涙がにじんでいる 君の瞳見れない僕
         求めては止まない日々に 壊れてく心

         この胸憶えている 二人で追いかけた夏
         笑いかた忘れた僕は もうだめかも知れない

         この空を飛べると いつでも信じてた
         僕はいつから夢を見ない
         あの虹になれると 寄り添って歩いた
         恋も雨だけ続いてる

         届かない君にだけ こんなに愛してるのに
         想い出が増える分だけ 短くなる夢の続き

         末来が急かされてる遠すぎた三度目の夏
         傘もなくふるえる花は もう終わりかもしれない

         この海に負けない 愛情で包んだ
         君がいつから 僕を見ない
         七色の幸せ 星空の約束
         今も晴れない雨の中

         キラキラ流れてゆく 瞳にあふれる願い
         つまづいて傷付きながら 虹を探す旅の途中

         夢より大事なもの ? 愛より大切なもの ?
         たどり着く場所は君だと 気がついたよ 旅の終わり

         空に咲く虹になりたい ・・・・・


             虹色水晶a


      愛せよ

    人生においてよいものは、それのみである


                   ――ジョルジュ・サンド




 5倍サイズのスーパーマーズ ・・・ 31日(火)に火星最接近 

・ 最近、ふと空を見上げた時に、明るく・赤い星を見かけませんか?

・ 「あれは何の星だろう」と思った方も多いと思いますが ・・・ 実はその星、地球に接近中の「火星」なんです。 『スーパーマーズ』などと呼ばれるなど、今注目されています。

★ ひと際目を引く赤い星


  ひと際目を引く赤い星a


・ 地球に接近中の火星は、明るさも増して、夜空で目を引く存在となっています。

・ その存在感は、写真を見たら一目瞭然! 周りの星に比べて、ひと際明るく、赤みを帯びて輝いています。

・ 火星の近くでは、土星や、さそり座の1等星アンタレスの姿も! アンタレスの名前の由来は 「火星に対抗するもの (アンチ・アレス)」 で、火星に負けじと赤く輝いています。

※ 今の段階でも火星は大きく・明るいため、最接近する31日(火)以外でも十分に火星観測を楽しめます。


● 今回、火星はこんな大きさに!


  今回、火星はこんな大きさに!a


・ 地球から見た火星の大きさは、今年だけでもこんなに違いが! 肉眼でも、ひと際明るく輝く姿を楽しめます。

・ 今回くらい火星が地球に近づくのは、2005年11月20日以来。 火星の見かけの大きさは、最遠時の約5倍となります。

・ ちなみに、今回の接近は、地球と火星が近づける距離の中では「中接近」。 実は、近い将来に火星はも~っと近づきます。


● 2年2ヶ月後はさらに接近!

  2年2ヶ月後はさらに接近!a


・ 大きさは最遠時の7倍に ・・・ 次に火星が地球に近づくタイミングは2018年。 この時は、今回よりもさらに接近します!


地球と火星の距離・大きさ

【2016年】

 距離:7,528万km  大きさ:最遠時の約5倍

【2018年】

 距離:5,759万km  大きさ:最遠時の約7倍

・ より迫力のある火星を楽しむことができそうです。


● 大きさが変わるのは


  大きさが変わるのは?a


・ 火星の公転軌道は楕円の形をしているため、地球と火星の距離は常に変化します。

・ また、火星と地球の接近周期は約2年2ヶ月。このため、接近する位置は毎回ずれ、距離も大きく変わります。 (接近時の距離は、1番近い・遠い位置で約2倍も違います。)






 “お偉方”と“平社員”の意識の差はどこに? 共通点と相違点

・ 会社の“お偉方”と“平社員”に意識の差はあるのか?  そんな「経営者と社員の意識比較調査」をソニー生命保険が20 歳以上の経営者・会社役員500人と20 歳以上の会社員500人を対象に行いました。

・ まず、仕事において大切にしていることを聞く (複数回答) と、経営者も社員も1位は 「時間を守る」 (57.0%、48.6%)、2位は 「正確・丁寧に仕上げる」 (48.0%、42.6%)。 割合に多少の差がありながらも、これらは立場に関わらず大切に思っている様子です。


  仕事に大切a


・ ところが、「利益をあげる」、「常に情報を収集する」、「何事もリスクを見込んでおく」 などの項目に関して、経営者 (47.6%、42.2%、40.6%) と社員 (23.4%、24.6%、25.4%) で大きな差が生じています。 

・ 情報の重要性、リスクを見越す行動 ── ここに差が出るのは “なるほど” と思わせる結果です。

・ 一方、仕事の進め方について、「孤軍奮闘(ひとりでドンドン進める)」 と 「巻き込み上手 (周囲を巻き込みながら進める)」 のどちらに近いか聞く (単一回答) と、「孤軍奮闘」 が経営者 (56.8%)、社員 (61.6%) ともに多数派に。

・ ただ、年代別にみると、経営者は年代が高いほど、「巻き込み上手タイプ」 が高くなる傾向があり、中でも60代以上の経営者では、「巻き込み上手タイプ」 が53.4%で多数派となりました。


  どちらのタイプa


・ また、ビジネスの人脈をどのように広げているかという質問 (複数回答) には、経営者の回答は、「ビジネス上関係がなさそうな人ともつながるようにする」 (33.8%)、「社外の知り合いと飲みに行く」 (30.8%)、「先に相手に何かをしてあげるようにする」 (30.6%)がトップでした。

・ それに対して社員は、「特になし」 (46.8%)、「社内の仲間を増やす」 (27.0%)、「先に相手に何かをしてあげるようにする」 (21.2%) が上位に。 人脈作りの行動姿勢には明確な違いがあるようです。


  人脈a


・ さて、時間の使い方はどうでしょうか。 平日の睡眠時間を聞いたところ、経営者の平均時間は6.1時間。 社員は5.8時間。 経営者は社員よりも、平日の睡眠時間の確保を大切にしている様子です。

・ また、「朝型」 か 「夜型」 かの質問では、「朝型」 と答えたのは経営者59.2%、社員52.8%でしたが、これを立場に関係なく年収別にみると、年収1,000万円以上では、「朝型」 が6割半 (経営者65.4%、社員65.9%) に!  収入を増やそうとするなら 「朝型」 の方がいいのかもしれません。


  どちら2a



            理想と現実 ?     ぱぱ
 

       努力あるのみ ・・・ も、夢の如しのビジネス社会です。 





           休息


           まずは、休息が・・・大切です。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード