愛はバラの本数ではありません ・・・ です。

  
 7月も残り一週間です。

 サッポロの夏も今が最盛期ですが、8月の声ととも秋の気配が忍び寄って来ます。

 夏を満喫するのも、あわただしく・・・ですね。



  まずは、健康に気を配り元気に過ごしましょう。
 ねぇムーミンパパaaa



 7月30日は、土用の丑の日

 土用の丑の日a ・ 今年もまもなく土用の丑(うし)の日。 スーパーやコンビニ、デパ地下などでは年々、土用の丑の日に鰻の蒲焼きを提案する販促商戦が熱くなっています。

・ 他方で、鰻の漁獲量も減り、資源の持続可能性に疑問があるからか、国産鰻の価格は年々高騰しています。 今や庶民には鰻は高嶺の花になりつつあります。


      うな重a


● そもそも「土用の丑の日」はどういう日 ?

・ 「土用」 とは節分や彼岸のような 「雑節」 という暦のひとつで、もともとは古代中国で生まれた 「五行説」 から来ています。 春は 「木」、夏は 「火」、秋は 「金」、冬は 「水」 と振り分けられ、土はすべての季節に等しく存在することから、季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前18日間に分類され、その期間は 「土用」 と呼ばれています。


          土用の丑の日由来a


・ 「丑」 はよく知られた十二支の 「丑」 を表し、12日周期の順番となります。 ようするに 「土用の丑の日」 とは、土用の中の丑の順番の日ということです。 もちろん夏だけでなく各季節に 「土用の丑の日」 は存在するのです。

・ 今年、2016年は7月30日 (土) が土用の丑の日となります。 昨年のように土用の丑の日が2回ある年もありますが、今年は1回だけです。


● 土用の丑の日と「鰻」の関係

・ 各季節にある土用の丑の日の中でも夏の土用の丑の日に鰻を食べる習慣については、起源が諸説ありますが、一番有名なのが蘭学者、平賀源内が広めた説でしょうか ・・・。


       丑の日 平賀


・ 鰻はもともと旬は冬で、夏に売れない鰻を売りたいと平賀源内が鰻屋に相談され、「本日、土用の丑の日、鰻の日」 と店頭に張り紙をしたところ、大繁盛したというのが起源とされています。

・ また、土用の期間は暑さが厳しく夏バテしやすい時期のため、暑さを乗り越えるためのスタミナ食という側面もあるといいます。 今では流通各社による販促もあって、バレンタインや恵方巻き同様、夏の風物詩としてすっかり根付いた慣習といえます。

・ 夏の慣習と言っても今や、鰻は高級品です。 国産や天然物となると一切れ数千円はしてブランド肉よりも高いぐらい。 たまにしか食べられない鰻だからこそ、せっかくならおいしい鰻を食べたいものですが ・・・。





 ひぇ~、2億円ディナーデート

 ハートリボン  ヘリで夜景 → 海でクルーズ → ロールスロイス → 1万本のバラの花 → ダイヤの箸で18コースのディナーに舌鼓 ・・・

・ 「 宝くじに当たったら何をする !? 」 との問いは、一生に一度は夢見る出来事ですが・・・。 それぐらい、誰でも億単位の大金を当てて、悠々自適に暮らす生活を夢見てしまうものなのです。

・ では、超リッチになれたとしたら、1回のディナーデートに2億円もの大金をかけたいと思いますか !?  そんな、庶民には想像もできないような、ウルトラ豪華なデートの内容が話題になっています。


    2億円ディナーデート


● 1回2億円もするディナーデートが贅沢すぎ~!

・ 世界でも、最高額だと言われるディナーデートを提供するのは、シンガポールに設立された、東南アジア屈指の高級エンターテイメント施設 「CÉ LA VI:セラヴィ」。 8時間におよぶデートの費用はカップルで2億円となり、まずはヘリコプターに乗り込み、45分間シンガポールの全貌を眺めながら空の旅を楽しみます。

・ 空の世界を満喫した後は、海での豪華クルーズで潮風を感じ、次は地上へ戻り、お抱え運転手付きのロールスロイスでドライブへ。 その時に、1万本のバラの花がプレゼントされます。


● ダイヤモンド製の箸で楽しむ18コースのディナー !!

・ もう、これだけでお腹一杯になりそうな感じですが、腹を満たすのはこれからです。 ドライブを終えたら、セラヴィの屋上レストランにて18コースものディナーに舌鼓を打ち、最も高価なキャビアも振る舞われるのだとか ・・・。

・ そして、そんな高級キャビアと共に出されるのが、44~45年物のヴィンテージワイン。 さらに、18コースのディナーは、自分の名前が彫られたダイヤモンド製の箸で頂くことになります!


● ディナーのフィナーレはブルー・ダイヤモンド!

・ ディナーの締めは、最高級のデザートとばかりに、2.08カラットのブルー・ダイヤモンドが手渡され、1回2億円もするディナーデートのフィナーレを飾ることとなります。

・ 今までに、2億円ディナーデートを注文したセレブや大富豪がいるのかは不明。 どっちみち、1億円の宝くじを当てた超ラッキーな庶民でも、到底手が届かないデートであることは間違いありません。

・ アラブの大金持ちでもなければ、1回のデートに、こんな大金を使うことに躊躇してしまうに違いありません。 億単位の宝くじを当てても、100円ショップに足を運んでしまいそうな根っから庶民は、2億円は使わずに眺めていたいところです。




 ※ まぁ~、参考までに ・・・

      一万本の一部a

    このバラで何本 ?  一万本の何十分の一でしょうか・・・。


    愛はバラの本数ではありません ・・・ です。 パパ ばらa

    えっ、ご不満でも・・・ ?   



 EMOJI (絵文字) でわかるお国柄。 各国別よく使われる絵文字

・ 日本発祥の絵文字は 「EMOJI」 として世界に伝わり、感情が一瞬にしてわかりやすい最も急成長している ”言語” であると認識されています。

・ 7月17日の世界絵文字の日 (World Emoji Day) でした。 ツイッターでは使用される国別の一番人気の絵文字がリスト化されました。


   各国絵文字a


・ 国民性についてのよくあるステレオタイプな見方とは少々違った意外な素顔が見えてくるようです。 例えば、いつも陽気でポジティブなイメージのあるアメリカ人が、うんざり顔が多用されています。

・ フランスやイタリアでは愛情を表現するハートマークが好まれのは、世界有数のロマンティックな国ですから当然かもしれません。 そして日本でもハートマークが人気です。

・ サウジアラビアでは少々変わり種の青いハートマークが好まれ、一方、韓国ではハートに代わり唇によるキス表現が使用されるようです。

・ 情熱的なリズムで知られるブラジル、コロンビア、アルゼンチンで人気があるのは音符です。

・ オーストラリアでは、親指を立ててグッドのジェスチャーをする絵文字が人気。 一方、生真面目なイメージがあるドイツでも同じなのは意外でしょうか。

・ 南アフリカでは手を上に掲げる絵文字、スペインでは力こぶの絵文字。 インドとメキシコでは手を合わせた、どこか宗教的あるいはスピリチュアルな連想をさせる絵文字が使われるようです。



          おぉ、日本もハートマーク !  


          アモーレの国です ・・・ か ?

     ミィーa


          期待は常に消え去る 。 

       シャボン玉のように・・・ あぁぁぁ



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード