私の心は 夏もよう ・・・ !

 うしのひ  30日は 「土用の丑の日」 でしたが・・・召し上がりましたか ? 

 全国各地のスーパーや専門店などでウナギ商戦がピーク。 稚魚のシラスウナギの不漁などでやや上昇傾向にあるものの、売れ行きは好調のようです。



 鰻の寝床  ウナギの寝床2a


・ 細長い鰻が寝るとしたら細長い寝床だろうということから、間口が狭くて奥行きの深い、細長い形をした建物やかろうじて寝床を敷けるほどの部屋のたとえ。 細長く狭い場所についていいます。

・ 京都の町家や古い町並みによく見ることができます。


      うなぎの寝床a


・ 当時間口の巾によって課税する方法が採られていました。 住民は当然節税のために間口を狭くしようとします。 広さを確保するためにはその分奥行でカバーしなければなりません。 そうやってできたのが 「うなぎの寝床」 です。

・ 由来:ウナギの体は細長く、狭い入り口の岩穴などに隠れ住んでいることから。





       風鈴とうちわa


■ 明日からは8月、葉月 (はづき) です。

・ 葉月の由来は諸説あります。 木の葉が紅葉して落ちる月 「葉落ち月」 「葉月」 であるという説が有名です。

・ 他には、稲の穂が張る 「穂張り月 (ほはりづき)」 という説や、雁が初めて来る 「初来月 (はつきづき)」 という説、南方からの台風が多く来る 「南風月 (はえづき)」 という説などがあります。 また、「月見月 (つきみづき)」 の別名も ・・・。




      向日葵(ひまわり)a

      ● 8月の花  ヒマワリ ( 向日葵 )

      ● ヒマワリの花言葉

         「私はあなただけを見つめる」 「愛慕」





            夏コーデa


          夏が過ぎ 風あざみ
          だれの憧れにさまよう
          青空に残された 私の心は夏もよう

          夢が覚め 夜の中 長い冬が
          窓を閉じて 呼びかけたままで
          夢はつまり 想い出の後先

          夏祭り 宵かがり 胸の高鳴りに合わせて
          八月は 夢花火 私の心は夏もよう
          Um Um Um Um Um----m---

          目が覚めて 夢のあと 長い影が
          夜に伸びて 星屑の空へ
          夢はつまり 想い出の後先

          夏が過ぎ風あざみ だれの憧れにさまよう
          八月は 夢花火 私の心は夏もよう
          Um Um Um-- Um----m-----




                          

 ノルウェーが 「山」 を、独立百周年のフィンランドに贈呈か 

・ 国境・領土問題で何かと揉めることの多い世界ですが、ノルウェーで前例にない活動が始まり話題となっています。 なんと隣国フィンランドに自国の山をプレゼントしようと言うもの!

・  果たしてこの驚きの贈り物が実現するのか、世界から注目が集まっています。

・ 提案したのはノルウェー地図局に在籍、外務省顧問としても活躍していた地球物理学者のビョルン・ゲイル・ハーソン氏。 国境を20メートルほど西にずらすことで、ハルティア山の山頂 (現・ノルウェー領) をフィンランドにプレゼントしようとしています。

・ 2017年に独立100周年を迎えるフィンランド。 それを祝っての贈り物ですが、これが譲渡されれば、ここがフィンランド最高峰になる予定です。

・ すでに外務省や関係各所にはこれを提案しており、市民がこの提案をどう受け止めるか、Facebookなどで広く意見を募っています。

・ ノルウェーのソルベルグ首相は30日までに、隣国フィンランドが来年、建国100周年を迎えるのを祝い、両国国境線にまたがってそびえ、現在はノルウェー領となっている山の頂上部分をフィンランドに 「贈答」 する計画を検討していることを明らかにしました。 この計画に関するいかなる決定もまだ下していないとも付け加えています。

・ フィンランドへの寄贈を計画しているのはハルティア山の頂上部分で高さは約1331メートル。 贈答が実現すればノルウェーの国境線は西側へ約40メートル縮小することになります。


    ハルティ山2a


・ ハルティはフィンランドの最高峰である山。 標高は1,324m。ラップランド州エノンテキオ区に位置しており、フィンランドとノルウェーの間に位置しています。


         ハルティ山a
 

・ ハルティ山の本来の頂上は1365mであり、ライスダッターハルディとして知られていますが、ノルウェー領です。




 メッシュシートで外観を再現 ・・・ 明治神宮、実は只今工事中!

・ 実は工事中です―。 清水建設は明治神宮の南神門の修復工事で、実物大の南神門の写真をプリントしたメッシュシートを設置し、工事現場を思わせない外観を再現しています。


      メッシュシートで外観を再現a


・ 実際の南神門は工事用の足場で囲まれていますが、足場の外面に張り巡らせたワイヤに、分割した南神門の合成写真を結び付けました。

・ 南神門の正面を覆うプリント・メッシュシートは幅20×高さ14メートル。 製作方法は最初に南神門の外観写真を距離やアングルを変えて撮影し、写真データをデジタル処理・合成。メッシュシートの基本モジュール (縦5・1×幅1・8メートル) に、外観の合成写真を45枚に分割してプリントしてあります。

・ 南神門は9月末まで、このメッシュシートに覆われています。 今後予定している社殿の修復工事でもメッシュシートを活用し、本物同様の外観を再現する予定とか ・・・。





        ちょっと、焦点が ・・・ パパ見るaa



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード