風立ちぬ ~ 今は秋近し ~ ♪


 青空がいっぱい ・・・ でも、サッポロは少しづつ秋の気配が忍び寄ってきたようです。

 夏の終わり、秋を予告するような爽やかな風が吹きはじめました。


 風立ちぬ ~ 今は秋近し ~ ♪



    えっ、何 ・・・ 迷走していた台風10号が ・・・  

    本性を出し始めた ?  来なくてもいい ・・・
                         パパの名は

   

books2a.jpg 小説 『風立ちぬ』 The Wind Has Risen


            堀辰雄「風立ちぬ」a



・ 『風立ちぬ』 は、堀辰雄の中編小説。

 堀辰雄a ・ 作者本人の体験をもとに執筆された堀辰雄の代表的作品で、名作とも呼ばれています。 

・ 「序曲」 「春」 「風立ちぬ」 「冬」 「死のかげの谷」 の5章から成っています。

・ 美しい自然に囲まれた高原の風景の中で、重い病に冒されている婚約者に付き添う 「私」 が、やがてくる愛する者の死を覚悟し見つめながら、2人の限られた日々を 「生」 を強く意識して共に生きる物語。

・ 死者の目を通じて、より一層美しく映える景色を背景に、死と生の意味を問いながら、時間を超越した生と幸福感が確立してゆく過程を描いた作品です。

 矢野綾子 ・ 作中の「私」の婚約者・節子のモデルは、堀辰雄と1934年 (昭和9年) 9月に婚約し、1935年 (昭和10年) 12月に死去した矢野綾子です。




            『風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)a


・ 秋近い夏、出会ったばかりの「私」とお前 (節子) は、白樺の木蔭で画架に立てかけているお前の描きかけの絵のそば、2人で休んでいた。 そのとき不意に風が立った。 「風立ちぬ、いざ生きめやも」。 ふと私の口を衝いて出たそんな詩句を、私はお前の肩に手をかけながら、口の裡で繰り返していた。


 ・・・・・ ・・・・・  「風立ちぬ」より


・ 1936年12月1日、3年ぶりにお前 (節子) と出会ったK村 (軽井沢町) に私は来た。 そして雪が降る山小屋で去年のお前のことを追想する。 

・ ある教会へ行った後、前から注文しておいたリルケの 「鎮魂曲 (レクイエム)」 がやっと届いた。 私が今こんなふうに生きていられるのも、お前の無償の愛に支えられ助けられているのだと私は気づいた。 

・ 私はベランダに出て風の音に耳を傾け立ち続けた。 風のため枯れきった木の枝と枝が触れ合っている。 私の足もとでも風の余りらしいものが、2、3つの落葉を他の落葉の上にさらさら音を立てながら移している。




  ほっこりムーミンパパa  おや、足もとがガサガサするのは ・・・ ひょっとして ?


 オーストラリアで巨大な黒トリュフ発見、重さ1.5キロ超

・ オーストラリア・ビクトリア州のヤラバレーで、1511グラムもの巨大な黒トリュフが掘り出されました。


        巨大な黒トリュフ発見、重さ1.5キロ超


・ 同国で発見されたものとしては過去最大級とされるこの黒トリュフ。 市場価格は、3000オーストラリアドル (約23万円) 程度と見込まれています。





 世界最大 ? ・・・ 重さ34キロの巨大真珠見つかる

・ フィリピン西部パラワン島のプエルト・プリンセサで、世界最大とみられる重さ34キロの巨大真珠が公開されました。


     重さ34キロの巨大真珠a


・ 大きさは横60センチ、縦30センチ。 当局によると、地元の貧しい漁師が10年前に発見したが、その価値に気付かぬまま 「幸運のお守り」 としてベッドの下にしまい込んでいたとか ・・・。

・ これまで世界最大の真珠とされてきたのは、「アラーの真珠 (Pearl of Allah)」 または 「老子の真珠 (Pearl of Lao Tzu)」 と呼ばれる真珠で、重さは6.4キロ。 この真珠も1930年代にパラワン島沖で見つかり、宝石鑑定士によると推定価値は数千万~数億ドルと言われます。




    パパ考えるa  数億ドル、何に使うかなぁ ~  頭が風立ちぬ ・・・ 




      巨大な黒トリュフを発見 ?  それとも ・・・・・ ?         


             パパ真珠a


         まずは、真珠狙いで一攫千金を ・・・・・?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード