赤いキクを ・・・10月のあなたに !


  10月のイラストa いよいよ、10月 ・・・ 神無月 (かんなづき ・ かみなづき)です。


  ・ 「かんな月」 「かみな月} の語源は不明ですが、つぎのような説があります。 

  · 醸成月(かみなしづき) : 新穀で新酒を醸す月

  · 神嘗月(かんなめづき) : 新嘗(にいなめ)の準備をする月

  · 神な月(かみなづき) : 「神の月」の意

  · 雷無月(かみなしづき) : 雷のない月


 神無a  ・ 出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため、出雲以外には神様が居なくなる月の意味というものがあります。 これは平安時代から言われている民間語源 (言語学的な根拠が無い、あてずっぽうの語源) です。 出雲では 「神在月」 といわれます。

・ しかし、出雲へ行かず村や家に留まる田の神・家の神的性格を持つ留守神も存在し、すべての神が出雲に出向くわけではないとされています。




  神の在、不在は無関係 ! 10月31日は、 ハロウィーン ・・・ 街はハロウィーン商戦に突入中。

  いまや、バレンタインに迫る商戦とか ・・・ 。

   ハロウィンの魔女

  さぁ~、あと一ケ月、頑張らないと・・・ね。





   日本の花(菊)a


     ● 10月の花 キク ( 菊 )  Chrysanthemum


○ 花名の由来

・ 菊の名前は、「 窮まる (きわまる) 」 がその語源となり、「 一年の最後に咲く花 」 という意味であるともいわれます。

・ 学名 「 Chrysanthemum (クリサンセマム) 」 は、ギリシア語の 「chrysos (黄金)」 と 「anthemon (花)」 が語源になります。



     ● キクの花言葉  「高貴」 「高潔」 「高尚」




           赤いキクa 


      ○ 赤いキクの花言葉 ・・・ 「 あなたを愛してます 」



 ムーミンパパとキク  
    では、一輪の赤いキクを ・・・10月のあなたに




          
        セピアa


        枯葉の街が 油絵のように
        わたしの目の前で 音をなくした
        人恋しさは 秋風のせいね
        ひとりが好きなのに さみしがりやね

        そっと瞳を伏せた 想いもいつしか
        あの夏に 置去りに

        ねえ 何気ない毎日が美しく
        そう みずうみの黄昏を思わせる
        十月の旅人


        木立の隅に やがて陽も落ちて
        あたりの静けさが 肌に染みます
        記憶の中の 別れの場面が
        わたしを臆病に させるのですか

        ずっと信じてる まだ見ぬ誰かに
        出遭うため 生れたと

        ねぇ 透き通るはかなさをこの胸に
        ああ 地図のない街角を行き過ぎる

        いま 何気ない毎日を旅してる
        もう 振り向けば遠ざかる季節たち
        十月の旅人



            秋の紅葉a



    パパ考えるa  一輪の赤いキクは ・・・ 白い恋人に贈っていないよ。

     さ迷いながらも、季節は巡ってきます ・・・ ねぇ。




 北海道の最高峰 旭岳で初冠雪

・ 北海道の最高峰、大雪山系の旭岳で、29日午後、初冠雪が観測されました。 


    大雪山系旭岳「初冠雪a

    大雪山系旭岳初冠雪aaa


・ 北海道で最も高い標高2291メートルの旭岳は、29日午後4時ごろ、山頂部分が白く覆われているのが旭川市内の旭川地方気象台から確認され、気象台は 「初冠雪を観測した」 と発表しました。

・ 去年と同じく、平年より4日遅い観測です。 ことし国内の山で初冠雪が発表されたのは旭岳が初めてです。

・ 気象台によると、29日の北海道は上空に寒気が入り込み、標高が高い山では雪が降りやすい状態になっていました。

・ 北海道は来週後半から上空に再びやや強い寒気が入り込む見込みで、山間部で雪が降る可能性もあるということです。




  冬のムーミン谷a  あぁ、届きました。 天から送られた手紙が ・・・・




       ムーミン谷 秋a


  枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり ・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード