だから・・・ だから・・・ だから・・・

  
 今日、寒さが募るような一日です。

 おまけに午前中は、強風と雨 ・・・・ いよいよ、冬近し ?



 時折の陽ざしと遮る雲が競う天気ですが、夕刻には茜色の空も ・・・


  夕焼け2a

 
 この頃は日の入りもだんだん早くなり ・・・ 深け行く秋です。
 



     秋と女性a


        茜色した 陽だまりのなか
        無口な風が ふたりを包む
        歩幅合わせて 歩く坂道
        いつもあたしは 追いかけるだけ

        つまずいたり 転んで 泣いてみたり
        決して うまく 生きれる あたしじゃないけど
        あなたがほら あたしの 手を引くから
        恐がる 心も 強くね なれるよ

        だから

        泣いて 笑って つないだこの手は
        重ねた言葉に負けない 約束
        あなたに 出逢えた 茜の空に
        ほら あの日と おなじことを 願うよ

        時はいつでも 木の葉散るように
        知らぬ間に手を すり抜けていく

        ひとつひとつ 季節は過ぎていくけど
        あと いくつの 想いを 伝えられるだろう
        ありふれていた 日々さえ 戻せはしない
        この毎日を 一瞬を 愛しく 想うの

        だから

        涙も 笑顔も つないだこの手も
        幾重の写真に負けない 想い出
        あなたに 出逢えた 茜の空に
        ほら あの日と おなじことを 誓うよ

        やがて「別れ」が訪れても
        ふたり すべてを 受け止めていく
        「出逢った場所」も「今いる場所」も
        永遠に 心と 繋がっている
        ほら 振り返れば 足跡が 続くよ

        だから

        泣いて 笑って つないだこの手は
        最後の瞬間まで 離しはしないで
        この道の先を またふたりで
        歩いていこう… 歩いていこう…

        だから

        泣いて 笑って つないだこの手は
        すべての言葉に負けない 約束



        手をつなぐa




 永遠の命は 「かなわぬ夢」 か・・・ アメリカの研究

・ 人の寿命の 「上限」 を発見したとする研究論文が発表されました。 この研究結果を受け、記録史上最も長生きした人物の122歳という金字塔には、誰も挑戦しようとしなくなるかも ・・・。


       長寿


・ アメリカのアルバート・アインシュタイン医科大学の研究チームは、世界40か国以上の人口統計データを詳細に調べ、長年続いた最高寿命の上昇が1990年代に、すでにその終点に 「到達」 していたことを突き止めました。

・ 最高寿命の上昇は、1997年頃に横ばい状態に達したとか・・・。 1997年は、フランス人女性ジャンヌ・カルマンさんが前人未到の122歳と164日で亡くなった年です。

・ 論文の共同執筆者で、アルバート・アインシュタイン医科大のブランドン・ミルホランド氏は、 「それ以降は、世界最年長者が115歳前後という傾向が続いている」 と説明しています。

・ こうした傾向は、医療、栄養、生活などの状態の向上を受け、平均寿命が伸び続けているなかでのものです。

・ 言い換えれば、最近は老齢期まで生きる人が増えていますが、群を抜いて長寿命の人は、以前ほどの高齢には達していなかったということになります。

・ ミルホランド氏は、「このような (傾向) が当面の間、変わらず続くことが予測される」 と指摘しています。

・ そして 「もう少し(115歳より)長生きする人がいるかもしれないが、今後どの年においても、世界の誰かが125歳まで生きる確率は、1万分の1に満たないと考えられる」 としながら、「過去数十年間における医学の進歩は、平均寿命と生活の質 (クオリティ・オブ・ライフ、QOL) を上昇させたかもしれないが、最高寿命を伸ばすことには寄与していない」と続けています。



● 自然の限界

    寿命a


・ 「寿命」 は、個体が生存する期間がどのくらいかを表すのに用いられる用語で、「最高寿命」 は、ある生物種に属する最も長命の個体が到達する年齢を指します。

・ 他方で、「平均寿命」 は、ある年齢層の人々が持つと見込まれる余命の平均値で、社会福祉の尺度となります。 研究チームによると、平均寿命は19世紀以降、全世界でほぼ連続的に上昇しているといいます。

・ 人間の最高寿命もまた、1970年代から上昇を続けていたが、現在は頭打ちの様相を呈しています。

・ これは、「不老の泉」 を見つけたいという一部の人々の希望をよそに、人の寿命に生物学的な限界がある可能性を示すものです。 研究チームは 「人間の最高寿命は限定されており、自然の制約を受けるものであることを、今回の結果は強く示唆している」 と論文に記しています。

・ ミルホランド氏は、「それでもなお、不老長寿を追い求める人々は、今回の研究で明らかになった寿命の上限を超える、何らかの 『未発見の技術』 の登場への希望にすがりつくだろう」 と予想します。 そして 「今回の研究はそうした人々のために役立つことをした。 (われわれは) 既存の医学の進歩が、最高寿命に影響を及ぼさないことを明らかにしたのだから」 と付け加えています。

・ その上で、「従来型の医学の進歩に期待を寄せるのであれば、それは激しい失望に変わるであろう」とも指摘しています。





 誕生日ケーキの起源は? なんでロウソクを立てるの? 


・ そもそもケーキというもの自体が海外から日本へと渡ってきたもの。 誕生日にケーキを食べるという習慣も一緒に海を渡ってやってきたのでしょうが、なぜ誕生日にケーキを食べるようになったのか ? なんで誕生ケーキにはろうそくを立てるのか ? 疑問に思ったことは ・・・ ?


   誕生日ケーキの起源2a


・ ただのケーキでもろうそくを立てたら誕生ケーキに早変わりとかいうこの起源はいつ ?


● 誕生日ケーキの起源は、古代ギリシャ

・ 誕生日にケーキを食べる様になったの起源は古代ギリシャに遡ります。


   誕生日ケーキの起源a


・  月の女神「アルテミス」の誕生日を祝うため、古代ギリシャ人は円形のハニーケーキを焼き、アルテミスの神殿の祭壇にお供えしていました。 その際、月の光を表すためにケーキの上に細長いロウソクを立て、火を灯していたのです。 

・ また、彼らはロウソクの煙が天上にいる神たちに人々の願いを届けてくれると信じていたのです。


● 誕生日ケーキにロウソクの風習は、15世紀のドイツから !

・ 多くの歴史家が、15世紀にドイツで行われていた 「キンダーフェスト」 に由来すると考えています。 キンダーフェストとは子供の誕生日会です。 当時の人々は、悪霊は子供の誕生日を狙ってやってくると考えており、誕生日の子を守るため多くの人が集まりました。 そして神に願いが届く様にとケーキの上のロウソクを一日中灯していました。 一日が終わるとそのケーキを夕食後に皆で分けて食べたといいます。


   15世紀のドイツa


・ 18世紀になると、誕生日ケーキとロウソクはお祝い事の象徴となりました。 1799年にドイツを代表する文豪のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが書いた手紙に、彼の50歳の誕生日の様子が詳細に綴られています。 この手紙が誕生日のロウソクについて言及している最古の文書となっているそうです。

・ 食後のデザートの時間になると、執事長に連れられた豪華に盛装した姫の従者が全員入ってきました。 執事長は大きなケーキを抱えており、ケーキの上には火を灯したカラフルなロウソクが並べられていました。 ロウソクは溶け始めていて、ケーキを焦がしそうだったとか ・・・ 。 ケーキの上に立てられたロウソクの数が誕生日を示すようです。


● 19世紀には、アメリカに伝わる

・ ドイツで始まった誕生日ケーキの伝統は、やがてアメリカにも伝わりました。 1899年、アメリカ式スタイルが誕生。 誕生日パーティーでは、誕生日ケーキの上に子供の年の数分の小さな色のついたロウソクを立てるようになったのです。


   アメリカに伝わるa


・ 1921年までに、アメリカのロウソク業者は箱に入った小さなカラフルなロウソクを発売し、ケーキ用ロウソクの宣伝を始めます。 その数年後、アメリカに住む人々はケーキ用のロウソクとロウソク立てをデパートのカタログから注文できるようになったようです。


・  では日本ではいつから ? ざっくりと調べてみたところ、日本に誕生ケーキの習慣が普及したのは第二次世界大戦後、アメリカのGHQによってもたらされたという説が有力なようです。



◆ ミニトリビア : 誕生ケーキのロウソクを吹き消す時の願い事 男女差

・ ちなみに海外では、ロウソクを吹き消す時に願い事をするのが一般的ですが、男女によってその願い事に差があるといいます。

・ ほとんどの男性は自分に関することを願う。 例えば、いい仕事を見つける、昇給する、ゴルフでホールインワンを実現する、など。 逆に多くの女性が願うのは、家族や人間関係に関することだという。 例えば、彼氏ができますように!とか、結婚や子供など。




 なぜシャツのボタンは ・・・ 男女が左右逆なのか?

・ もともと日本は和服文化で、シャツは外国から入ってきたものですが ・・・。 そのシャツのボタン、男性は自分から見て右側に付いていて、それを左側の穴に通す形となっています。  だが女性はその逆です。


   シャツのボタンa


● 一体、なぜ男女で違いがあるのだろう ?


・ 今では日本でもあたりまえのように着用しているシャツですが、男性のシャツはボタンが自分から見て右側についています。 右利きの男性がボタンを留めやすいようになっているのです。 それに対し、女性のシャツはボタンが左側についています。 大多数の人は右利きなのだから、女性のシャツだってボタンが右側にあるべきだろう。

・ 女性のシャツのボタンが左についている決定的な理由はないが、わずかながらいくつかの説があるといいます。

1. 母親になるから


   母親になるからa


・ 母親は昔からたいてい左手で赤ちゃんを抱き、利き手の右手がフリーになります。 右側からスムーズにシャツをはだけて簡単に授乳ができるようにするために、左側にボタンが縫いつけられているという。


2. 馬に片鞍乗りするから


   片鞍乗りするからa


・ 昔は女性は馬に乗るとき、またがるのではなく、馬の左側に両脚をたらす片鞍乗りをしていた。 馬で走るときに女性のシャツの胸にあまり空気が入らないよう、ボタンが左側につけられていたという。 (右の身ごろが上になるので前方からの空気が入らないから ?)


3. 上流階級の女性は使用人に服を着せさせた。


   使用人に服をa


・ ボタンをつけた洋服が生まれたのは13世紀頃のヨーロッパと言われています。 その当時、ボタンがついているような高級な服を着ることができたのは上流階級のみでした。

・ 当時男性は自分で洋服を着ていたが、女性は使用人に服を着せてもらっていた。 使用人はほとんど右利きだったので、女性の服のボタンをかけやすいように、左側に縫いつけられていたといいます。


・ いずれにせよ当時の名残で、男性と女性のボタンは左右逆のまま今日に至っています。 そもそも洋服と言われるものには謎が多いようです。

・ 例えば、ジーンズのポケットについている小さなリベット(鋲)。


   ジーンズのポケットa


● いったい何のためについているのだろう ?


・ 実はリベットのおかげでにジーンズの強度が上がっているのだそうです。 これは、炭鉱夫がジーンズを履いていた時代にさかのぼります。

・ リーバイス・ジーンズでおなじみの、リーヴァイ・ストラウスが、どのくらいの頻度でジーンズを洗濯すべきかという問題に挑戦し、このリベット補強ジーンズを考案し特許を取得しているといいます。





           115歳まで ・・・ まだ、余裕 ?

            ムーミンパパ シルエット

       だから ・・・ その油断が ~ ねぇ。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード