愛が心を染めてゆく ・・・・ 人と色の日

  
  CLIMAX 2016 北海道日本ハムが制覇

・ プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は、今日、札幌ドームで第5戦 ・・・ 日本ハムがソフトバンクに7―4で勝利、4年ぶりの日本シリーズ進出を決めました。

・ リーグ優勝のアドバンテージ1勝を含めて対戦成績を4勝2敗。 22日からの日本シリーズでセ・リーグの広島カープと対戦します。

・ 9回、ストッパーとして大谷が登板 ・・・ 球界最速記録を165kmに更新です。



       プロ野球最速165キロa




 今日は ・・・ 人と色の日・自分色記念日


      人と色の日 自分色記念日


・ 人が生まれながらに持つ髪や目、肌の色などと調和して、その人にいちばん似合う色が自分色 (パーソナルカラー)。

・ 日付は10と16で 「ヒトイロ=人色」 と読む語呂合わせから。

・ 個性を引き立て、魅力を引き出すパーソナルカラーの効果的な活用法などを提案する有限責任中間法人の日本パーソナルカラリスト協会が制定。
 





          あなた色a


          愛が心を染めてゆく
          貴方色へと染めてゆく
          思いがけない ときめきに
          ふるえる指を さしのべた
          心 心 心 貴方色 染まる

          時の流れを重ね合い
          夢の中にも夢を見る
          離れられない 離れない
          やがて貴方の 腕の中
          心 心 心 貴方色 染まる 

          愛する故に生きている
          愛する故に死んでゆく
          たった一度の人生に
          めぐり逢えた 喜びは
          心 心 心 貴方色 染まる



          あなた色2a




 ● 十人十色 ?! 

       十人十色a


・ 人は、それぞれ、その人だけの考え方や見かたがあり、好みも、性格も、みんな異なり同じではないということ。 

・ 物の見かたや考え方は、その人が生まれてから経験した さまざまな出来事によって積み重ねられ、全て違っているはずですから、その経験から生まれる 物に対する印象も、人それぞれの判断のしかたがある、ということかと思います。

・  あるひとつの物を見る場合、10人いれば、10この見かたや好みがある、ということです。




● 色の白いは七難隠す


        色の白いは七難隠すa


・ 肌の色が白い女性は、顔やかたちに欠点があっても、その欠点がわかりにくく、美しく見える、ということ。

・ このことわざは、男性が女性を見た時に感じる思いを言った言葉ではないかと思います。

・ 顔やすがたが多少悪くても、肌の色が白い女性は、明るく清潔で、美しく見える、ということではないかと思います。 これに似た言葉に、「髪の長いは七難隠す(かみのながいはしちなんかくす)」があります。

・ 色の白い=肌の色が白い女性。顔の色が白いこと。 色白。 白い=色が白いこと。明るく清潔で美しく見えること。

・ 七難=「しちなん」と読み、七つの難点。 多くの難点。 多くの欠点。






● 相惚れ 自惚れ 片惚れ 岡惚れ

・ 人が人を好きになる時の形には、いろいろなものがあるということ。


        惚れるa


・ 人を好きになる形を4つ並べたもので、それぞれの意味は次のようになるようです。  相惚れ=両思いの恋。 自惚れ=ひとりよがりの恋。 片惚れ=片思いの恋。  岡惚れ=ひそかな恋。 となります。 たいていの恋愛は、このどれかに あてはまるようです。

○ 相惚れ = 「あいぼれ」 と読み、異性と互いに愛し合っていること。 相思相愛。

○ 自惚れ = 「うぬぼれ」 と読み、自分だけがよいとして相手の意見などを受け入れず、 勝手に相手の異性を好きになること。

○ 片惚れ = 「かたぼれ」 と読み、相手は何とも思っていないのに片方だけが恋しいと思うこと。 一方的で相手に通じない恋。

○ 岡惚れ = 「おかぼれ」 と読み、相手の気持ちがよく分からないのに、隠れて恋すること。

○ 惚れる = 「ほれる」 と読み、相手のことを思いすぎて、 心が相手に奪われたようになり、心がぼんやりとなること。





    秋のイメージ2



 結婚相手選べるのは25歳が曲がり角? 未婚の背景分析

・ 「結婚するには若すぎる」 と思っているうちに相手がいなくなる ――。 

・ 企業による結婚支援のあり方を考えるため内閣府が14日に立ち上げた有識者検討会で、未婚率が高い背景について、こんな分析結果が報告されました。 年内には提言をまとめるが、早めの結婚を促す支援策を盛り込む可能性もあります。

・ 昨年の出生動向基本調査や国勢調査をもとにした分析結果から ・・・。


・ 独身でいる理由を聞かれ、「まだ若すぎる」 とした回答は、25歳未満の男性で50%と第1位。 同世代は女性でも41%と2位で、1位は 「仕事 (学業) にうちこみたい」 の46%だった。

・ それが25~34歳になると男性の45%、女性の51%が独身の理由を 「適当な相手にめぐり会わない」 と回答し、それぞれ1位。 25歳を境に反応は、くっきり分かれました。


       結婚相手選べるのは25歳が曲がり角?


・ 30~34歳で、配偶者のいる人は男性の5割、女性の6割を超えているとし、「アラサー (30歳前後) になって突然焦り出す人が多いが、その頃には選べる相手は半減している」 と指摘も ・・・。  また、企業などに対して 「『結婚は仕事ができるようになってから』を押しつけないこと」を 求めることが重要だとの主張もありました。

 ただ、早期結婚を促すことには反発も予想されます。 検討会では、職場で 「結婚しないの?」 などと聞かれることを苦痛に感じる人もいるとし、慎重な議論を求める意見も出ました。




    秋のイメージ2




● 縁は異なもの


        縁


・ 男と女の出会いや結びつきの原因は、どこでどうなって生まれるか予測がつかない。 そして、とても不思議なもの、とても奥深く、味のあるものだということです。

・ 「縁は異なもの味なもの」ともいいます。

・ 縁=結果として何かを生じさせる原因となるもの。 めぐり合わせ。 人と人とのつながり。 異=他と比べて違っていること。不思議なようす。




● 男は度胸、女は愛嬌

・ 男にとって大切なものは、どんなことに対しても、心が落ち着いていて、恐さを感じない精神力であり、 女にとって大切なものは、どんな人に対しても、愛想がよく、かわいらしい振る舞いができるという事です。


      女は愛嬌


・ このことわざもよく使われると思います。 男は、何でも、恐れず挑戦する精神力が大事で、 女は、どんな人へも、あたたかな心を持って接し、相手の人をなごやかにさせる気持ちが 大切であるという事のようです。

・ この句は、「度胸」、「愛嬌」 の「きょう」 の語呂合わせ で作られているようで、この後へ、「坊主はお経」 と続く場合もあるようです。

・ 度胸 = どんな事に対しても、心が落ち着いていて、恐さを感じない精神力。  なんにでも挑戦しようとする心意気。  

・  愛嬌 = 「あいきょう」 と読み、にこにこ、としていて、 どんな人にでも親しみを持ち、かわいらしく魅力的なこと。  愛敬とも書きます。




     男は度胸、女は愛嬌 ・・・ オカマは最強 ? 


    ムーミンs


    あぁぁぁ ・・・・ 何と申したら良いのでしょう ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード