28日は ・・・ 仕事納め。

             仕事納め2a

          よいお年をa


     明日、28日は ・・・ 仕事納め。 


 仕事納め2016 仕事始め2017はいつ ?

     年末年始休み2016~2017


● 役所(公務員)の仕事納めと仕事始めについて

 仕事おさめ
・ 市役所や区役所などの公務員の休日は、「行政機関の休日に関する法律」で決められています。

・ それによると、年末年始の休日は12月29日~1月3日となっています。


● 銀行・郵便局などの金融機関やATMについては?

 銀行・郵便 ・ 12月30日まで窓口業務を行っているところが多く、通常は12月31日~1月3日までの休みとなります。

 atm2.jpg ・ ただし、キャッシュコーナーのATMは年末年始も利用できるところが多いようですが、営業時間が通常とは異なる場合もあるため、事前に確認をしておくことが大切です。

・ また、コンビニにあるATMは年中24時間いつでも使えるイメージがありますが、提携している銀行によっては年末年始に休みがあるケースもあります。 こちら合わせて確認をしておきましょう。


● 一般的な仕事納めと仕事始めの日程は?

 business_woman.jpg ・ 一般的な企業の年末年始の休日は、公務員に準じて12月29日~1月3日までとするところが多いようです。

・ それには、役所が閉まってしまうこの時期に会社を開けていても、取引に必要な書類などを取り寄せることができないなどの理由があるようです。

・ ただし、企業によっては12月29日を仕事納め、1月5日を仕事始めとしているところもありますので、こちらも確認をしておくことが必要です。


● 繁忙となる業種は ・・・
 コンビニ ・ 飲食、サービス、物販、などの繁忙となる業種は、交代で休みを取るようです。



・ 外国の場合、休日は元日だけで1月2日から仕事という国がほとんどです。

・ お隣の国・中国の場合は、お正月は旧正月の春節 (しゅんせつ) なので、1月1日をほとんど意識しないようです。





    パパa 年の瀬の、ベートーベンの第9 ? は、

      日本だけの風潮ですが ・・・ 




 アメリカ音楽業界激震 ・・・ 2016年最も売れたCDはモーツァルト

・ 今年最もCDが売れたアーティストにかなり意外な名前があがりました。  ビルボードの発表によると、2016年アメリカで最もCDを売ったのはモーツァルト ・・・だった。

 モーツァルトa ・ モーツァルトの没後225年にちなみ、10月28日にリリースされたのが200枚組のボックスセットの 「モーツァルト225」。 このセットがこれまで合計で125万枚のCDセールスとなりました。


       アメリカで最も売れた「CD」a


・ モーツァルトは今やドレイクやカニエ・ウェスト、ビヨンセよりも売れているアーティストということになります。 ビルボードによると今年のアメリカのCD販売枚数は昨年から11.6%減少し過去最低の5,000万枚となりましたた。 対照的にストリーミングは急成長を遂げています。

・ 今回、モーツァルトが売上1位になった背景には次のような背景が考えられます。 まず言えるのは、クラシックファンの間では依然としてCDを買い求める傾向が強いことです。 オーケストラの演奏を聴くメディアとしては、恐らくストリーミングよりもCDが適しているだろう。

・ 次に言えるのが、このボックスセットがギフトとして人気を獲得した点です。 ギフトとして贈る場合、形に残る物のほうが好まれます。 ストリーミングは今後も普及を続けるでしょうが、CDプレイヤーを捨てるのはまだ早合点ということでしょう。





 イギリスでは、レコード売上がデジタルを突破 ・・・ クリスマス特需が影響

・ 音楽のデジタルダウンロード数が減少傾向にあり、レコードがクールなものと再認識され始めていることは既成事実ですが、その事実が裏付けられる現象がイギリスで起こりました。

・ イギリス紙ガーディアンによると、11月28日の週のレコードの売上が240万ポンド (約3億4,800万円) だったのに対し、デジタルの売上は210万ポンド (約3億450万円) でした。 僅差ではありますが、レコードの売上がデジタルの売上を上回ったことは重要といえます。


       英国でレコード売上がデジタルを突破a


・ 同紙によると、イギリスでは前年同期のレコードの売上はわずか120万ポンド (約1億7,400万円) で、デジタルはその4倍近い440万ポンド (約6億3,800万円) でした。

・ ガーディアンの記事では、クリスマス向けに “形に残る物” のセールスが高まったことが、レコードの販売数の急上昇を招いたとの分析も紹介されています。 自分用に音楽を購入する場合はデジタルが多いため、ホリデーシーズンが終わったら再びデジタルがレコードを上回ることも予想されるとか ・・・。

・ 世界の主要音楽市場では10年近く前からレコードのセールスが上昇傾向にあり、その傾向は毎年高まっているように見えます。 レコードはミレニアル世代がクールだと思うものの1つに数えられるようになってきています。 近年ではレコードのセールス上位に流行のポップシンガーやダンスミュージックが往年の名曲と共に入ることもあるほどです。

・ デジタルの販売数はこの数年減少傾向にあり、スポティファイやアップルミュージックなどのストリーミング・プラットフォームが人気を博しています。 iTunesなどが圧倒的な支配力を誇るデジタル販売は爆発的に成長しましたが、急速に勢いを失いました。 今やディスカウントされることも多く、オンラインショップで大々的に売り出しても以前よりも売れなくなっています。

・ アメリカでレコードの売上がデジタルを上回る日はまだ先かもしれませんが、レコードの上昇傾向とデジタル販売の衰退傾向を見れば、いずれ現実になると言えそうです。



   アナログは廃れず ・・・ ゴミ屋敷にならぬ程度に、何でも保存 ?

    高齢者社会の到来での、懐古趣味ではありません。 はぃ




           仕事納めTOP


        2016年、行く年 ・・・ 目前ですね。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード