う~ん、これは Art ?  落書き ?

  
 道路は、砂浜を歩くような状態で ・・・ 足をとられ身をくねらせの雪道です。

 いやはや、お疲れモードでございます。 


 
 今日は ・・・ 札幌市内の小学校が始まりました。 

 子どもたちは楽しかった冬休みが終わり残念 ?

 一方、親は規則正しい生活になって、ホッ ! とでしょうか。



      規則正しい生活a




■  1月20日は ・・・ 「大寒」 です。


    2017年の大寒a


            おおさむこさむ
            山から小僧が泣いてきた

            なんといって泣いてきた
            寒いといって泣いて

            おおさむこさむ
            おおさむこさむ




・ また、2017年2月4日が立春なので、期間では1月20日~2月3日までが大寒ということになります。


● 大寒とは?


      二十四節気


・ 大寒は、二十四節気 (にじゅうしせっき) のひとつです。

・ 二十四節気は、一年間を24等分したもので、春分や秋分などもそのひとつです。

・ 太陽の動きによってその日にちが決まるため、大寒は毎年同じ日とうわけではありません。 だいたい1月20日頃になります。

・ また、期間を指す言葉でもあり、その場合は1月20日頃から2月3日頃までをいいます。 2月4日頃に次の節気の立春に移ります。

・ 大寒という言葉から一年で一番寒い日だと考える方もいらっしゃると思いますが、実は一年で一番平均気温が低いの は2月の始めあたりです。

・ これはなぜかというと、元々、二十四節気は中国の黄河中流域で生まれ、日本へ伝わってきたためです。 そのため、二黄河中流域では最も寒い時期が大寒ということになりますが、日本ではほんの少し季節がずれているのです。



       寒卵aa


      パパ考えるa 自己の健康管理は ・・・ How much ?


 市販薬購入で税負担軽減 ・・・ 新制度「セルフメディケーション税制」始まる

・ 軽い体の不調は病院などにかからずに治そうというセルフメディケーションを広めていこうと、薬局などで市販の薬を購入した場合、代金の一部を所得から差し引いて税の負担を軽減する新たな制度が今月から始まりました。


   新制度「セルフメディケーション税制」


・ 今月から始まった新たな税制は、指定された市販の薬の購入代金が1世帯当たり年間で1万2000円を超えた場合、その分が所得から差し引かれ所得税や住民税が軽減される制度です。

・ 対象となるのは医師が処方する医療用の薬から市販の薬に転用された、かぜ薬や胃腸薬、湿布薬など合わせて1555品目です。 税の軽減を受けるにはふだんから健康診断を受けるなど予防に取り組むことが条件となっていて、薬を買った際のレシートを保管して確定申告を行うと税が還付される仕組みです。

・ この税制は高齢化で医療費が増え続け国の財政が圧迫される中、軽い体調不良などはすぐに医療機関にかからずに市販の薬などで治そうというセルフメディケーションを広めることで、医療費を抑えようという狙いがあります。

・ ただ、民間の調査会社が去年11月にインターネットを通じて1000人余りを対象に行ったアンケート調査では、この税制を「聞いたことがない」と答えた人が75%に上るなど認知度の低さが課題となっています。 厚生労働省は「税の軽減をきっかけに自分の健康は自分で管理する意識をもってもらいたい」と制度の利用を呼びかけています。

・ この制度で税の負担がどれだけ軽減されるのでしょうか。 所得が400万円の人の世帯を例に見ますと、家族で市販の薬を年間2万円買った場合、所得税と住民税を合わせて2400円の税負担が軽減されます。

・ ただ、市販の薬、すべてが対象になる訳ではありません。 含まれる成分によって制度の対象になったりならなかったりするからです。 このため、薬のパッケージに「税控除対象」という表示があるかどうか。 また、表示がない場合でも、控除の対象外なのかどうか、薬局で確認する必要があります。


       セルフメディケーション税制の対象マークが貼られた製品a


・ 一方、今回の新たな制度を利用する場合は、従来の 「医療費控除」 を併用することはできません




    読書パパ2a 何たって、病は気から ・・・ と申しますから~ねぇ。

    おっ、これは税・控除対象 !  すぐ服用しないと ・・・。


  

 TOKYO 国際ミニプリント・トリエンナーレ in SAPPORO — トリエンナーレ2015 巡回展

・ 多摩美術大学の創立80周年を記念として開催した 「東京国際ミニプリント・トリエンナーレ2015」 の巡回展を札幌で行われます。

・ 本展は国際公募展として84ヵ国・地域から2,174名の応募があり、そこから受賞・入選した200点余りの選抜作品を今回の巡回展で展示されます。


          大賞受賞作品

・ 大賞受賞作品 Ayaka YAMADA 「Dream III - Melancholy of a knight」


・ 会期  2017年1月18日(水)〜30日(月)

       10:00〜20:00(最終入場19:30、最終日18:00まで) 

       会期中無休・入場無料

・ 会場  JR 札幌タワー・プラニスホール 札幌エスタ11階




       アート鑑賞には、コーヒーが ・・・ ?   パパ コーヒーa



     壁紙2


        う~ん、これは Art ?  落書き ?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード