まさか ・・・ ? !

 

  2月イラストa  2月 ・・・ 如月 (きさらぎ) です。

・ 「如月」は中国での二月の異称をそのまま使ったもので、日本の「きさらぎ」という名称とは別です。

・ 「きさらぎ」という名前の由来には諸説あります。

· 旧暦二月でもまだ寒さが残っているので、衣 (きぬ) を更に着る月であるから 「衣更着 (きさらぎ)」

· 草木の芽が張り出す月であるから 「草木張月 (くさきはりづき)」

· 前年の旧暦八月に雁が来て、更に燕が来る頃であるから 「来更来 (きさらぎ)」

· 陽気が更に来る月であるから 「気更来 (きさらぎ)」




      ● 2月の花  フリージア


    フリージア


・ フリージア (Freesia refracta) はアヤメ科フリージア属・半耐寒性球根植物の種のひとつ。 または、フリージア属の総称。

・ 日本では別名として菖蒲と水仙双方に似ていることから 「菖蒲水仙 (アヤメスイセン、ショウブスイセン)」、花の色から 「浅黄水仙 (アサギスイセン)」、甘い香りから 「香雪蘭 (コウセツラン)」、その他 「コアヤメズイセン」 などと呼ばれています。

・ 南アフリカで植物採集をしていたデンマークの植物学者 エクロン が発見した植物を、親友のドイツ人の医師フレーゼ に献名しています。



        ● フリージアの花言葉

        ・・・ フリージアの色によって異なります。 

        
             白はあどけなさ

             黄は無邪気

             赤は純潔

             紫はあこがれ

             淡紫は感受性 を表します。






      人生の意味a


        潸潸 (さんさん) と この身に落ちて
       わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして
       人は哀しい 哀しいものですね

       それでも過去達は 優しく睫毛 (まつげ) に憩 (いこ) う
       人生って 不思議なものですね

        散散 (さんざん) と この身に荒れて
       思いどおりにならない夢を 失 (なく) したりして
       人はかよわい かよわいものですね

       それでも未来達は 人待ち顔して微笑 (ほほえ) む
       人生って 嬉しいものですね

        燦燦 (さんさん) と この身に降って
       心秘そかな嬉し涙を 流したりして
       人はかわいい かわいいものですね

       ああ 過去達は 優しく睫毛に憩う
       人生って 不思議なものですね

       ああ 未来達は 人待ち顔して微笑 (ほほえ) む
       人生って 嬉しいものですね



           人生a



   「もし」 という 言葉のうつろ

   人生はあなたに一度 わたしに一度


                    (俵万智 『かぜのてのひら』)




      人生には、二つの道しかない。 

      一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。

      もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。


    あいんaa  アインシュタイン(理論物理学者1879~1955)




     パパ考えるa

       『 人生には3つの坂がある。上り坂・下り坂・まさか 』


◆ 「 まさか 」 ・・・

1. そんなことはあり得ない、またはとてもできない (だろう) という気持を表す語。 

  よもや。 いくら何でも。 「―君ではないだろうね」

2. (ありそうもないことが) 本当に。 「― にそうだとも知らず」




■ どこで人生を間違えたのか ・・・ 世界一せつない表情を見せる哲学的モルモット


    せつないa


・ 目の前にはニンジン。 隣では仲間のモルモットがブロッコリーをムシャムシャと食べています。

  食べて、寝て、起きて ・・・ 人生っていったい ?

・ 世界一遠い目をしたモルモット。世界一せつなそうなモルモット。

  モルモットも人生について考える時があるようです。

・ 一体何があったというのだろう ? そこにあるのは絶望 ? それとも ・・・

  物悲しい音楽がやけにはまってしまった感のある哲学的モルモットなのでありました。




      まさか ・・・ ? !   まさかa




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード