寡黙なものですから ・・・

 
 冷たい風に身を竦ませる今日のサッポロ。

 雪まつりで街中は人で込み合っています・・・。


 
 雪像


 パパ考えるa 雪像見物も、寒い ・・・・ !



 キリシタン大名・高山右近に「福者」の称号 ・・・ ローマ法王庁が大阪で式典

・ ローマ法王庁 (バチカン) が、カトリック信仰の模範を示したとして、キリシタン大名の高山右近 (1552~1615年) に福者の称号を与える列福式が7日、大阪市中央区の大阪城ホールで開かれました。


      高山右近の列福式a


・ 福者は、全世界の教会で公的な崇敬対象の聖人となる前段階。  式では、右近の遺品とされるチョッキの一部が入った銀色の容器が運び込まれ、国内外の信者ら約1万人が祈りをささげた。 ローマ法王代理のアンジェロ・アマート枢機卿が 「高山右近を福者の列に加える」 とする法王書簡を朗読しました。

・ 高山右近は少年時代に洗礼を受け、戦国武将として織田信長や豊臣秀吉に仕えました。 秀吉のバテレン追放令でも信仰を捨てず、1614年には江戸幕府の禁教令で国外追放され、翌年にフィリピン・マニラで病死しました。


           マニラの高山右近像a

                 マニラの高山右近像


・ 日本の聖人は42人で、福者はこれまでに天正遣欧少年使節の一人だった中浦ジュリアンら江戸時代初期の殉教者ら計393人が認定されています。



 千利休a   高山右近は千利休の七高弟 (利休七哲) の一人としても知られます。

・ バテレン追放令を出した秀吉は右近の才能を惜しみ、茶道の師匠である千利休を遣わせて棄教を促しました。

・ しかし、右近は 「主君の命令に背いても志を変えないのが真の武士である」 と答え、利休に説得を諦めさせたとの逸話もあります。


● 利休七哲 ・・・ は、千利休の高弟7人を指す呼称です。

・ 利休の曾孫にあたる表千家の江岑宗左 (逢源斎) の記した 『江岑夏書』 (こうしんげがき) の中で挙げられています。

・ 七哲  蒲生氏郷、筆頭
       細川忠興 (三斎)
       古田重然 (織部)
       芝山宗綱 (監物)
       瀬田正忠 (掃部)
       高山長房 (右近/南坊)
       牧村利貞 (兵部)





 映画 『 沈黙 』 サイレンス  劇場公開日 2017年1月21日


      沈黙ポスター


・ 遠藤周作の小説 「沈黙」 を、巨匠マーティン・スコセッシが映画化したヒューマンドラマ。

・ キリシタンの弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師の目を通し、人間にとって大切なものか、人間の弱さとは何かを描き出します。


        沈黙3a


・ 17世紀、キリスト教が禁じられた日本で棄教したとされる師の真相を確かめるため、日本を目指す若き宣教師のロドリゴとガルペ。 2人は旅の途上のマカオで出会ったキチジローという日本人を案内役に、やがて長崎へとたどり着き、厳しい弾圧を受けながら自らの信仰心と向き合っていきます。



 小説 沈黙  小説 「沈黙」 遠藤周作 著 

・ 『沈黙』 は、遠藤周作が17世紀の日本の史実・歴史文書に基づいて創作した歴史小説。 1966年に書き下ろされ、新潮社から出版されました。

・ 江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描かれています。 第2回谷崎潤一郎賞受賞作。

・ この小説で遠藤が到達した 「弱者の神」 「同伴者イエス」 という考えは、その後の 『死海のほとり』 『侍』 『深い河』 といった小説で繰り返し描かれる主題となりました。

 遠藤周作a  ・ 世界中で13か国語に翻訳され、グレアム・グリーンをして 「遠藤は20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」 と言わしめたのを始め、戦後日本文学の代表作として高く評価されています。



             時には、沈黙 ・・・ ?


              愛に沈黙するパパa


        いいえ、寡黙なものですから ・・・ ?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード