私の瞳が ・・・

  
 3月31日 年度末になりました。

 駅の旅立ちシーンも、終わりになってきたようです。

 見送り、見送られる ・・・ お互いに、希望と不安が入り混じる顔、顔です。

 若者の前途に、栄光あれ !



      見送りflower2
 


        私の瞳が ぬれているのは
        涙なんかじゃないわ
        泣いたりしない

        この日がいつか 来る事なんか
        二人が出会った時に 知っていたはず
        私の事など もう気にしないで
        貴方は貴方の道を 歩いてほしい

        さよならいわずに 笑ってみるわ
        貴方の旅立ちだもの
        泣いたりしない

        言葉はいらない 笑顔をみせて
        心の中の貴方は いつもやさしい
        私は泣かない だって貴方の
        貴方の思い出だけは 消えたりしない

        私の瞳が ぬれているのは
        涙なんかじゃないわ 泣いたりしない
        涙なんかじゃないわ 泣いたりしない





 女性が髪型を変えるタイミングはいつ ?  そして、男性は ?

・ 明日からいよいよ新年度がスタート! 新しい生活に向けてイメージチェンジをする女性は、昔から多い印象があります。 

・ 校則が厳しかった高校時代から、規則がない大学生や社会人になる時。 これでもかとパーマをかけたり髪の色を変えたりという “大学生デビュー” や “社会人デビュー” を飾った経験、一度くらいある人は多いのではないでしょうか ?

・  「“ヘアスタイルを変える”に関する意識調査」 (株式会社プラネット) よると、女性がヘアスタイルを変える理由として 「イメージチェンジ」 と答えた人は24.2%。 数字だけみると案外少ない印象で、ほか多かった意見は以下となりました。


       ガッキーa


Q. あなたがヘアスタイルを変える理由は何ですか ? (女性)

 1位 気分転換……44.3%

 2位 スタイリングや手入れが楽な髪型に変えたかった……24.3%

 3位 イメージチェンジ……24.2%

 4位 前のスタイルに飽きたから……18.9%

 5位 季節に合わせて(夏は短くするなど)……12.9%

 6位 何となく……14.3%

 7位 ヘアスタイルを変えたことはない……14.1%


・ 圧倒的に多いのは44.3%の 「気分転換」。 「かわいくなりたい」 (8.7%)、「個性を出したい/人と同じではいやだ」 (3.1%)、「新入社員になるから」 (0.5%) などがあります。

・ 全体的に 「絶対キレイになってやる!」 的な強い意識で髪型を変える人は、少ないと言えそう。 さらに昔からよく言われる 「失恋したから」 という理由で髪型を変えた人は、なんとたったの0.3%!ほぼ絶滅寸前です。


● ヘアスタイルへのこだわりが一番強い年代は「60代女性」

・ 最近の女性たちはあまり髪型を変えることに対して、大きな意味を感じていないのでしょうか? 女性の年代別に 「自分のヘアスタイルへのこだわり」 について質問したところ、以下のような結果となりました。

Q. あなたは、自分のヘアスタイルにどのくらいこだわっていますか? 年代別回答(女性)

 20代女性……こだわっている42.6%、こだわっていない57.4%

 30代女性……こだわっている37.3%、こだわっていない62.7%

 40代女性……こだわっている38.5%、こだわっていない61.5%

 50代女性……こだわっている47.5%、こだわっていない52.5%

 60代女性……こだわっている54.9%、こだわっていない45.1%

 70代以上女性……こだわっている51.0%、こだわっていない49.0%


・ 一番ヘアスタイルにこだわっているのは、なんと60代女性! 続いて70代女性、50代女性が続くという結果になっています。 一番こだわりがない世代は30代から40代で、なんと6割以上が 「こだわっていない」 と回答。

・ 30代から40代の女性といえば、出産と育児にもっとも忙しい時期で、おそらく美容院に行く時間が一番限られているのではないでしょうか?
 
・ つまり髪型を変えることによるオシャレの意欲がなくなったのではなく 「髪型を変えている余裕がない」 のだと思います。 だから子育てがひと段落した50歳くらいから、ヘアスタイルにこだわりが出てくるのかもしれません。


● なんと男性の半数以上は 「ヘアスタイルを変えたことがない」 !

・ 一方女性ではなく、男性の年代別による 「自分のヘアスタイルへのこだわり」 はどうなっているのか ? 結果は以下の通りとなっています。

Q. あなたは、自分のヘアスタイルにどのくらいこだわっていますか ? 年代別回答(男性)

 20代男性……こだわっている22.5%、こだわっていない77.5%

 30代男性……こだわっている25.6%、こだわっていない74.4%

 40代男性……こだわっている21.0%、こだわっていない79.0%

 50代男性……こだわっている21.4%、こだわっていない78.6%

 60代男性……こだわっている19.3%、こだわっていない80.7%

 70代以上男性……こだわっている21.0%、こだわっていない79.0%


・ どの年代もそれほど大きな差はありませんが、やはり女性と比べると全体的にこだわっている割合は少なめです。
 
・ こだわっている割合が一番多いのは30代で、そこは女性と正反対となっています。 ちなみに同調査によると、男性のうちなんと54.0%が 「ヘアスタイルを変えたことがない」 と答えているそう。

・ 女性にとって美容院へ行くことは、リフレッシュ効果も・・・。 年代問わず髪型を変える意識が少なく、こだわりも女性より感じない男性たち。 




 女性が死ぬまでに化粧品にかける総金額は ?

・ 季節の変わり目はメイクアップアイテムの変わり目。 肌の質感からリップの色、チークの乗せ方までトレンドは目まぐるしく変化します。 新製品情報をいち早くキャッチするため、常にアンテナを張っている女性は少なくないようです。


       化粧品2a


・ アメリカ People 誌によると、女性が一月あたり化粧品にかける平均金額は43ドル(約4,800円)で、死ぬまでにその総額は15,000ドル(約167万円)にも上るそうです。

・ その内訳は、3,770ドル(約42万円)がマスカラ、2,750ドル(約31万円)がアイシャドウ、1,780ドル(約20万円)が口紅という具合。 マスカラは減りが早いため、3カ月に1本新調する計算です。

・ こうした美容製品は全世界で3,820億ドル(約4兆2,700億円)という、とてつもない規模の市場を作り上げているのです。

・ 化粧品に167万円を費やすという調査結果を、あなたはどう受け取るでしょうか。




      読書パパ2a  

      女性は髪型や化粧でイメージも一新 ・・・ 輝きも倍増です。 

      さて、どのように ? ですか。





          その手が、あったのか ・・・


       ムーミンパパとチェスa


         待ったなし ・・・ だよ ! 人生は。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード