見えない何かを信じながら ・・・

  

   6月 ・・・ サッポロは、 雨でスタート



  Tenki6月は雨でスタートa


・ 1日(木)は、北海道の北を低気圧が進みます。 その低気圧から延びる寒冷前線が北日本を通過するでしょう。 北海道や東北は雨が降り、局地的に雷が鳴ったり、雨の降り方が強まりそうです。



  パパ考えるa  今週末は、雨天順延になった小学校運動会の予定ですが ・・・ ?



 梅雨とは ・・・ 春から夏の時期にかけて起こる、暖かくて湿った暖気と冷たくて乾いた寒気がぶつかりあって停滞する 「梅雨前線」 という前線が原因になって起こる長雨の現象のことです。

・ 本州に東西数千kmにわたってかかるこの前線は、少しずつ北上していきますが、北海道まで到達する頃には、勢力も衰え、スピードも速まっているため長雨をもたらすようなものではなくなっています。

・ そのため、北海道には梅雨がないと言われています。 しかし、年によっては2週間ほど雨や悪天候が続く時期もあり、これは 「蝦夷梅雨 (えぞつゆ)」 と呼ばれています。

・ 蝦夷梅雨とは、本州の梅雨と同時期に雨や天気のぐずつく肌寒い日が2週間程度続くことをいいます。 蝦夷というのは北海道の旧名、蝦夷地より来ていると思われます。

・ 蝦夷梅雨は、本州のような梅雨前線ではなく、オホーツク海付近で発生する高気圧によって、冷たくて湿った風が吹き込むことによって起こります。

・ よって、気象庁には 「梅雨」 として定義はされていません。

・ また、肌寒い天気が続くこのことを別名 「リラ冷え」 とも呼ばれています。 リラとはライラックのこと。 つまり 「花冷え」 ということです。


      リラ冷えa


・ ただ、北海道の6月の降水量を見ても梅雨時期の本州の降水量の半分以下ですので、それほどのひどい雨ではないようです。



    雨に歌えば ・・・ なんて歌う気分ではないね。  パパ11






      雨の日3a


         六月の雨には
         六月の花咲く

         花の姿は変わるけれど
         変わらぬ心を誓いながら

         いくつ春を数えても
         いくつ秋を数えても

         二人でいたい ・・・



      雨の日2a


         そよ風は見えない
         幸せも見えない

         愛の姿も見えないけれど
         見えない何かを信じながら

         いくつ春を数えても
         いくつ秋を数えても

         二人でいたい ・・・



      雨の日1a



    パパ 大志をa   青年は荒野を目指す ?

         あいや、青年よ 大志をいだけ ! でしたね。
 



 輝け ! エルムの森で ・・・ 「第59回北大祭」開催です。


      北大祭2a


・ 第59回北大祭の開催が迫っています。

・ 日時 : 平成29年6月2日(金)~6月4日(日)

      6月2日 (金) 12:00 ~ 22:00
        3日 (土) 9:00 ~ 22:00
        4日 (日) 9:00 ~ 17:00

・ 場所 : 北海道大学札幌キャンパス



     パパ祭り  さて、並ぶ出店で ・・・ 何を食べるか ?




 世界で最も健康的とされた10カ国 ・・・で は、朝食に何を食べている ?


    朝食a



・ 「世界で最も健康的な国々」 を Bloomberg が調査した結果、ピザやパスタといった炭水化物たっぷりの料理で有名なイタリアが1位に輝きました。

・ この調査は各国の寿命や高血圧・喫煙率・栄養失調・水の清潔さなどを調べたもので、イタリア以外にはアイスランド・スイス・シンガポール・日本などが上位にランクイン、アメリカは世界第34位という結果になっています。

・ 「朝食は1日の中で最も大切な食事」 と言われることもあるということで、ランキング上位の国は朝食として何を食べているのでしょうか?



◆ 1位:イタリア

・ イタリアで朝食として何が食べられているのかは都市によって異なりますが、中心となっているのはペイストリーと呼ばれるパン菓子。 甘いパンをカプチーノやエスプレッソと一緒に食べるのが一般的とのこと。

・ ナポリではパイ生地の中にアーモンドクリームやカスタードクリーム、リコッタチーズなどを入れた 「スフォリアテッレ」、ローマではイタリア版ドーナツの 「チャンベラ」 が朝食としてよく食べられますが、ジェノヴァでは塩気のある 「フォカッチャ」 がエスプレッソと一緒に食べられます。


      1位:イタリアa



◆ 2位 : アイスランド

・ アイスランドで朝食としてよく食べられるのは 「スキール」 と呼ばれるヨーグルト。 このヨーグルトはギリシャヨーグルトと同じく、ろ過して乳清を取り除いたものです。 スキールを核果類やグラノラ、蒸したオーツ麦と混ぜたものを、ジャム・アイスランド産バター・生クリームをつけたトーストや、ピョンヌキョクールと呼ばれるクレープ状のパンケーキと食べるそうです。

・ スキールやギリシャヨーグルトは水分が抜かれているので濃厚で、タンパク質を多く含むのが特徴です。 プレーンであれば無糖や微糖であることがほとんどなので、朝から砂糖を取りすぎることもありません。


      2位:アイスランドa



◆ 3位 : スイス

・ スイスでは、1900年頃に医師のマクシミリアン・ビルヒャー=ベンナーによって考案された 「ミューズリー」 が朝食としてよく食べられているとのこと。 ミューズリーはシリアルの一種で、オーツ麦のフレーク・レモンジュース・コンデンスミルク・すりりんご・ヘーゼルナッツ・アーモンドが使用されています。

・ また、スイスでは凝った食べ物よりも効率的な食べ物が好まれる傾向にあり、ペイストリーやバターパンにコーヒーもしくは紅茶を合わせる形の朝食もよく食べられます。


      3位:スイスa



◆ 4位 : シンガポール

・ シンガポールの朝食の種類は多岐にわたるそうですが、その中でも麺類が多いとのこと。

・ 麺はスープの中に入っているパターンと、スープなしのパターンがありますが、揚げ麺が食べられることはほとんどありません。

・ 一方でシンガポール人ではない中国系の住人は、パンにカヤジャムを塗った 「カヤトースト」 や薄焼きパン 「ロティ・プラタ」、ココナツミルクで炊いたご飯をおかずと一緒にたべる 「ナシレマッ」、蒸しパン 「プチュプリン」 などを朝食として食べることもあるそうです。


     4位:シンガポールa



◆  5位 : オーストラリア

・ かつてオーストラリアではイギリスの伝統的な朝食 「イングリッシュ・ブレックファスト」 が食べられていたそうですが、ここ20年でそれが変化し、コーヒーを中心にした朝食になっているとのこと。

・ ただし好まれているのはスターバックスで提供されるようなドリップコーヒーではなく、小さなカフェなどで提供されるエスプレッソ類。 また甘いパン菓子だけを食べるのではなく、アボカドがのったトーストやミューズリー、卵料理など、炭水化物以外のものも取られる傾向にあるようです。 もちろん、ベジマイトも人気です。


     5位:オーストラリアa



◆ 6位 : スペイン

・ スペインの朝食は非常にシンプルで、「コーヒーとパン」。 スライスしたパンをトーストしてトマト・ガーリック・オリーブオイルのソースを塗る 「パ・アム・トゥマカット」 は定番で、チュロスやポラスといったドーナツの一種も人気です。


     6位:スペインa



◆ 7位 : 日本

・ 日本の朝食については 「日本では、伝統的な朝食から西洋的な朝食まで、あらゆるものが食べられます。 伝統的な朝食としてはご飯・みそ汁・納豆・焼き魚・漬け物・卵などがあります。 ただ正直なところ伝統的な朝食は手間がかかるのでトーストやペイストリー、目玉焼きなどもよく見られます」 と説明されていました。


     7位:日本a



◆  8位 : スウェーデン

・ スウェーデン人にとって、朝食は非常に大切なもの。 多くの栄養素を含むタンパク源として卵が食べられることが多く、卵を朝食として食べることで、病気と闘える健康的な体を作るそうです。

・ フィールミョルクと呼ばれる酸味の強いヨーグルトも朝食として人気で、腸内細菌に働きかけるとされています。 フィールミョルクを甘味を入れないミューズリーにかけてブル-ベリーやコケモモと一緒にたべたり、ライ麦やサワードウを使ったパンにハムやキュウリをのせるオープンサンドも食べられるそうです。


     8位:スウェーデンa



◆ 9位 : イスラエル

・ イスラエルではトマトソースの上に卵を割り落として焼いた 「シャクシューカ」 という料理が朝食として食されることが多いとのこと。 

・ その際、トマトや赤玉ネギ、パセリ、コリアンダー、キュウリを細かく切ってコショウと一緒に混ぜたサラダ 「Salat Katzutz」 が添えられていることも。 一方で、チーズ・オリーブ・ヨーグルトなどが食べられることもあるそうです。


     9位:イスラエルa



◆ 10位 : ルクセンブルク

・ ルクセンブルクではバターパンにチーズかジャムを合わせるのが一般的。 子どもはシリアルを食べることが多く、サンドイッチはフルーツと一緒に学校に持っていって弁当として食べるそうです。


     10位:ルクセンブルクa



・ なお、「世界で最も健康的な国はどこか?」 という調査は Wall St. も行っており、そのランキングにはイタリアやスペインがなくカタール・ノルウェー・オーストリアといった国がランクインしていますが、日本・ルクセンブルク・オーストラリア・スウェーデン・シンガポール・アイスランド・スイスといった国々のランクインは同じ。 

・ 重複している国々を見てみると、多くが甘いパンなどに加え、炭水化物以外の食べ物を摂取しているようです。




   最近、体調不良で ・・・ 食事量も減少気味だね。


      パパ鏡a 


           やはり、痩せてきたかな ?


  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード