空を見上げれば ・・・ !?

  
 記録的な大雨になっている西日本地域 ・・・ 被害が拡大しないよう願うばかりです。

 隣国の道楽若旦那の暴走に困惑する世界各国 ・・・。

 空を見上げれば ・・・ 何を降らそうとしているのか ?



       7月7日 ・・・「 七夕 」

      七夕 子ども

            ささの葉 さらさら
            のきばに ゆれる

            お星さま きらきら
            きん ぎん 砂子

            五しきの たんざく
            わたしが かいた

            お星さま きらきら
            空から 見てる



・ 別名「笹の節供」 「星祭り」 といわれる七夕は、江戸時代に五節供の一つに定められ、今でも広く親しまれています。
 

             『市中繁栄七夕祭』
 
    『市中繁栄七夕祭』(名所江戸百景の一つ。 歌川広重):江戸後期

・ 七夕といえば、どことなくロマンチックに感じますが、その由来を紐解いてみると、色々な文化が結びついていることがわかります。

・ 七夕の由来は、ご存知の織姫・彦星の星物語から始まります。 新暦の7月7日はまだ梅雨のさなかで星空もよく見えないかもしれませんが、旧暦の七夕は現在の8月なので夜空もきれい。 月遅れで東の空を見上げてみてはいかがでしょう。

・ 天の川に輝く琴座のベガが織姫 (織女星) で、鷲座のアルタイルが彦星 (牽牛星)。 この2つの星と白鳥座のデネブを結んだものが 「夏の大三角形」 と呼ばれ、夏の星座を探す目印になっています。 白鳥座は、二人の橋渡し役となるカササギです。

・ さて二人の星物語は・・・

● ロマンチックな織姫と彦星の星物語

・ 天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。 織姫は機織りの名手で、美しい布を織り上げては父親である天帝を大変喜ばせておりました。 そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。

・ ところが、結婚してからというもの、二人は仕事もせずに仲睦まじくするばかり。 これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。

・ しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。 こうして二人は、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度の逢瀬をするようになったのです。


● 七夕のルーツ 「乞巧奠」

・ この二人の逢瀬を祝い、中国で 「乞巧奠」 (きっこうでん) という行事が催されるようになりました。 「乞」 は願う、「巧」 は巧みに上達する、「奠」 はまつるという意味で、織姫にあやかり機織りの技が上手くなるように、ひいては様々な手習いごとの上達を願いました。

・ そして、「乞巧奠」 が奈良時代の遣唐使によって日本に伝わると、宮中行事として取り入れられるようになりました。 詩歌や裁縫の上達を願って星に祈りをささげ、梶 (かじ) の葉に和歌をしたためて、お祀りしていたそうです。

・ 梶の葉の裏側は細くて滑らかな毛がたくさん生えているため墨の乗りがよく、紙の原料としても使われていたからです。  宮中行事を伝承する京都の冷泉家では、いまでも古式ゆかしい七夕の歌会や乞巧奠がとり行われており、梶の葉が重要な役割を果たしています。


● どうして七夕 (たなばた) と呼ぶの ?


・ 日本では機で織った布を祖霊や神にささげたり、税として収めたりしていました。 旧暦の7月はお盆や稲の開花期、麦などの収穫期にあたります。 そこで、お盆に先立ち祖霊を迎えるために乙女たちが水辺の機屋にこもって穢れを祓い、機を織る行事が行われていました。 

・ 水の上に棚を作って機を織ることから、これを 「棚機」 (たなばた) といい、機を織る乙女を 「棚機つ女」 (たなばたつめ) と呼びました。 笹竹には、神迎えや依りついた災厄を水に流す役目がありました。

・ やがてこの行事と乞巧奠が交じり合い、現在のような形に変化していきました。 そして、7月7日の夕方を表して七夕 (しちせき) と呼ばれていたものが、棚機 (たなばた) にちなんで七夕 (たなばた) という読み方に変わっていったのです。



● 短冊に願い事は江戸時代


    さといも


・ 笹竹に短冊をつるして願い事をするようになったのは、江戸時代から。 手習いごとをする人や、寺子屋で学ぶ子が増えたことから、星に上達を願うようになったのです。 

・ 本来はサトイモの葉に溜まった夜露を集めて墨をすり、その墨で文字を綴って手習い事の上達を願います。 サトイモの葉は神からさずかった天の水を受ける傘の役目をしていたと考えられているため、その水で墨をすると文字も上達するといわれているからです。 

・ こうした本意を踏まえると、短冊には 「○○が欲しい」 というような物質的な願いごとではなく、上達や夢を綴ったほうがよいとされています。


● 五色の短冊の意味


    五色


・ 短冊には、願いごとや 「天の川」 など七夕にちなんだことばや絵を書いて下げます。 五色 (ごしき) というのは、中国の陰陽五行説にちなんだ 「青、赤、黄、白、黒」 の五色。 

・ 陰陽五行説とは、「古代中国の 「木、火、土、金、水」 の五つの要素が、この世のものすべての根源である」 という説で、「木=青・火=赤・土=黄・金=白・水=黒」 を表しています。


● 短冊以外の七夕飾りの意味


  かざり


・ 笹には短冊の他にもさまざまな飾りをつけますが、そのひとつひとつに意味があります。 由来を知って飾ってみるとまた楽しくなります!

○ 吹き流し:織姫の織り糸を表しており、五色を用いて魔除けの意味もあります。 紙風船かくす玉に五色の紙テープを適当な長さに切って貼りつけます。

○ 網飾り : 魚を捕る網を表しています。 豊年豊作大漁の願いを込めて飾ります。

○ 折鶴 (千羽鶴) : 長寿を願い、長寿のシンボルである鶴を折り紙で折ります。

○ 神衣 (かみこ) : 紙の人形 (着物) を飾ると、裁縫が上達し、着るものに困らなくなるといわれています。 災いを人形に移すという意味もあります。

○ 財布 (巾着) : 金運上昇を願い、折り紙で折ったり、本物の財布を下げたりします。

○ くずかご : ものを粗末にしないという意味で、七夕飾りを作る時に出た紙くずを、折り紙のかごに入れてつるします。

・ 七夕飾りや笹は、七夕の夜のためのものなので翌日には取外します。 本来は川に流して清めるものですが、自然保護からも川には流さず小さく切ってごみの日に出しましょう。 







 材料2つでお星さまがつくれちゃう! 七夕の天の川ライト

・ もうすぐ七夕。 梅雨で雨が続くと、7月7日は星が見えるかな? とお天気が気になります。

・ 都市部では街灯が多く、星が見づらい所もあるかもしれません。 では、部屋の中でも満点の星を味わいたい!


       天の川ライトa


・ そんなことで、材料2つで簡単にできちゃうお星さま、天の川ライトを作ってみてはいかがでしょう。


● 材料は2つ!

  材料は2つa  STEP1a.jpg


・ 材料はトイレットペーパーの芯と、100円均一で売っている小型のLEDライト!

・ ライトはなんでも可ですが、キャンドル型のものが筒にすっぽり収まります。

・ 道具は穴をあけるのに画鋲を1つ。 これさえあれば簡単につくれちゃいます。


STEP1 トイレットペーパーの芯に画鋲で穴をあけよう

・ ペン先などで穴を広げて大小つくると、より星っぽくなります。

STEP2 ライトに芯をかぶせよう

・ キャンドル型のLEDライトをつけて、さきほどの芯をすっぽりかぶせます。 これでもう完成!


            STEP2a.jpg


・ 夜に灯せば、家の中でまたたく小さな天の川のできあがりです。

※ 火事になる恐れがあるので本物のキャンドルは使わず、LEDライトを使用してください。


● オシャレにしたい時は周りを飾ろう!

・ インテリアとしておしゃれに置きたい時は穴をあける前に周りをアレンジしましょう。


アレンジ1 暗い色の紙を貼る

・ 一番簡単なのは、おりがみなど暗い色の紙を貼る方法。 のりを使ってトイレットペーパーの芯におりがみを貼り、よく乾かしてから穴をあけます。

            絵の具でぽんぽん3a


アレンジ2 スポンジ絵の具でぽんぽん

  絵の具でぽんぽんa   絵の具でぽんぽん2a

・ 小さくカットしたスポンジに、少なめの水で伸ばした絵具をつけてぽんぽんぽん!

・ 青系や紫色の絵具でグラデーションをつけ、乾かして穴をあければ、ギャラクシーペイントバージョンの完成です!


アレンジ3 和紙など透ける紙を貼る

・ すき紙などを小さく切って、芯にのりで貼っていきます。

  透ける紙を貼るa  透ける紙を貼る3a  


            透ける紙を貼る4a 



 
    パパ考えるa  

    七夕に限らず雨で外に出られない時に、カップルで一緒につくったり ・・・

    えっ、ひとり ! では、眠れない夜に灯して、ぼんやりしてみては ?
 




 余命を告知されたら、人の気持ちはどうなる ?

・ 人生のあらゆる局面で 「ショックなこと」 は起こります。 なかでも、一番ショックなこととは、「自分の命が残り少ない」 と知るときでしょう。


         余命を告知a


・ 多くの人は死を忌み、普段はなるべく考えないようにして生きています。 しかし、「死」 は確実に誰にでも訪れます。 その死が目前に迫ったとき、私たちはどんな行動をとるのでしょうか ?

・ アメリカの精神科医師であるキューブラー・ロスは、著書 『死ぬ瞬間』 の中で、自らの臨床研究で余命を知った多くの患者たちが、次のような5つの心理的プロセスをたどったと伝えました。

・ これは、後に 『受容のプロセス』 として呼ばれるようになりました。 要約すると、次のような内容になります。


1. 否認と隔離

・ 死が近いと知ると非常に大きなショックを受け、「そんなことありえない!」 「何かの間違いに決まっている」と否認する。 また、孤立してコミュニケーションを避けるようになる。

2. 怒り

・ 「どうして私だけがこんな目にあわなければならないの!」 「なぜあの人は元気なのに、私だけが!!」 というように怒りの感情が噴出する。 そして、見るもの聞くもの、あらゆるものに対して怒りを感じ、その感情を周囲にもぶつける。

3. 取引

・ 何かを条件にすることで、延命や回復の奇跡を期待する。神にすがったり、何かのよい行いをすることで奇跡を得ようとする。
 「もう一度だけ○○ができれば、運命を受け入れます」 などと、期限を条件に願いをかけることもある。

4. 抑うつ

・ 死を避けることができないと知り、さらに病気の症状が悪化して衰弱してくると、絶望的になって非常に強く落ち込む。 命とともに、築いてきたものをすべて失う喪失感が襲い、悲しみの底に沈む。

5. 受容

・ 体は衰弱しきり、感情はほとんどなくなる。 誰かと話したいという気持ちもなくなり、自らの死の運命をそっと静かに受け入れ、最後のときを穏やかに過ごそうとする。

・ 迫りくる死の運命を知ると、衝撃、怒り、期待、絶望といった感情が噴き出します。 しかし、最後のときにはそうした一切の激しい感情から解き放たれ、静かに自分の運命を受け入れる、とロスは説きました。


           パパ 大志をa

     静かに自分の運命を受け入れて ・・・・

      さて、何を食べるか ?



 「夏の過ごし方」に決定的な違いが ・・・ 成功者とそうでない人。

・ 中学、高校の頃を思い出してほしい。 毎年夏になると学校や塾の先生から、「勉強で1番差がつく季節」 と言われたりはしなかっただろうか?

・ では、今はどうだろう。 昔と比べて、夏の過ごし方を意識することはほぼなくなってしまったはず。 しかし、ライターNicolas Cole氏によると、成功者はいまだにこの時期の時間の使い方を工夫している模様。 彼らが意識している7つのコトが以下です。


01. 休みの日でも、ダラダラ過ごすことはしない


      夏の過ごし方1a


・ 他の人たちがゆっくり過ごしながら、今後やりたいことをただ語り合っている間、成功者たちは働いています。 休みの日でもアラームを設定し、朝から予定を立てているのです。 彼らはゴールをたくさん抱えていて、いつまで達成するか期限をつけています。 あなたもこれを夏のあいだ続けていくべきです。 物事が好転していくのがすぐにわかるでしょう。


02. 何をするか決め、なぜするのか明確にする

・ 成長は偶然起こるものではありません。 先ほど言ったように、充実した夏を過ごすために何をするべきか決めて行動に移すこと。 至ってシンプルなことです。 新しいことにチャレンジしてみてください。 それはあなたがステップアップするために必要なこと。 イベントに参加してもいいし、走りにいってもいい。 何をするにしても、なぜするのかを明確に理解していることが重要です。


03. 満足できないことに目を向け、改善していく

・ 仕事は嫌いですか? ちなみに自分の体型も? ゆっくり本を読む時間がないことに嫌気が差していますか? これらは全て変えることができます。 しかし、現状を変えるには少し自分で観察してみることです。嫌 だと感じている物事に目を向けて、改善するために日々なにをする必要があるかを考えてみてください。


04. 自分の時間を、何に使っているか意識する


      夏の過ごし方3a

・ オールで飲み続けることはどれほど時間を無駄にしていることなのか気づいていますか? 成功するために絶対遊ぶなというわけではありませんが、成功者というのは自分の時間がどのように使われているか把握していて、うまく使うようにしています。 毎時間を大切にしているのです。 だからもし自分の時間を、投資というかたちで活用できていないのなら成長するのは難しいでしょう。 繰り返しますが、時々ならいいのです。 週に何度もというのなら話は別。


05. 小さな目標を毎日達成し続ける


       夏の過ごし方2a


・ 成功者は大きな目標を達成するため、小さな目標を設定します。 集中し続けることができるからです。 例えば 「この本を20ページ読み進めるまでこの席を立たない」 とか、ライターだったら 「今日は必ず2,000字書こう」 といった具合です。 お気づきかと思いますが、これらはどれも1日で完結できてしまうものばかり。 これを繰り返すことで、何かを達成することに対する意識を高め、トレーニングすることができるのです。 日々の生活で小さな目標を設定し、クリアすればするほど大きな目標を達成しやすくなっていきます。


06. 「安全地帯」 から抜け出し、いつもと違うことをする


       夏の過ごし方4a


・ 子どもの頃、夏になるとキャンプに行ったり旅行に行きましたよね? これはいつも自分が過ごしていた 「安全地帯」 をから抜け出して、新しい経験をしたり、デトックスできる機会になっていたはず。 日々やることがあり過ぎると気分や考え方に影響されていくもの。 成功者は、夏の時間をデトックスする機会として捉えます。 食事に関することでも、デジタル的な意味でも、環境的なことでもいいのです。 彼らはこの大切さを心得ています。 この夏を、「いつもと変わらない日々」 にはしないように。


07. 春から持ち越していたことを終わらせる

・ 私はこれまでずっとシカゴに住んできました。ここでの夏は、秋に比べると全然違います。 体験できることもそれを通して感じることも違うのです。 夏にインスパイアされて熱中したことは、秋になれば恐らく続くことはないでしょう。 何を言いたいかというと、春に始めて夏まで持ち越していたことを終わらせるべき。 そうすることで秋になる時、一年の残りを新たな気持で始められるからです。



      パパ考えるa  何を持って成功者と云うのか ?  これが問題だね。




              パパ星a
  

          とりあえず、 星に願いをします ・・・ 。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード