これからが本格的な夏です ・・・よ

  
 今日も「大雨」「雷」が九州、本州へと移動 ・・・

 今年の夏は、大荒れの様相です。

 50年に一度 !  観測史上最大 などの言葉も驚かなくなったこの頃です。

 それだけ、今年の気象は異常なのです。 



災害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。


  
 連日の猛暑も、サッポロは一休止 ? 

 上着がほしくなるような気温の変化です。  

 でも、これからが本格的な夏です ・・・よ





        natsuki 2017a


        Happy birthday.    メッセージカード(ムーミンパパ)aaa
      I always hope your happiness.




 2017年の 「大暑」 は、7月23日です。

・ または、7月23日から立秋 (8月8日) までの期間を、大暑と呼ぶ場合もあります。


    大暑a


・ 夏の時期に暑中見舞いを出す方も多いと思いますが、暑中見舞いの暑中とは暑い中 = 大暑 (もしくは小暑) という意味で、この時期に出すから暑中見舞いと言うそうです。


● そもそも 「大暑」 とは何 ? 意味や由来は ?

・ 大暑は、書いて字の如く、一年で最も暑くなる時期を指します。 夏真っ盛りというところでしょうか。

・ そもそも大暑とは、二十四節気の一つで中国から伝わった季節を表す言葉です。

・ 昔は月の満ち欠けによる太陰暦を使用しており、それでは季節感にズレが生じてしまっていました。

・ この季節感のズレを修復するべく考え出されたのが二十四節気で、地球から見た太陽の通り道を15度ごとに24分割したものを言います。

・ 大暑は太陽黄径が120度なっており、太陽がこの位置を通る日を大暑と呼んで、厳しい暑さになることを予測していました。


● 大暑の時期に食べる食べ物は ? なぜその食べ物を食べるの ?

・ 実は、大暑の日は 「てんぷらの日」 として、「土用の丑の日」 、8月29日の 「焼肉の日」 と並んで 「夏バテ防止三大食べ物記念日」 とされています。


                てんぷらa


・ どうして天ぷらかなのかと言うと、「暑さに負けないように、栄養豊富なてんぷらを食べて夏を乗り切ろう」 という意味があるそうです。

・ また、大暑を始めとした夏の暑さに打ち勝つためには、「う」 のつく食べ物を摂るとよいとも言われています。

・ 具体的に挙げると、

         うなぎ  うなぎa

          梅干し うめぼしa

       うどん
  うどんa

  ・・・ なのだそうです。

・ うなぎには夏バテ防止効果があるビタミンB1やビタミンAが豊富に含まれていますし、梅干しは疲労回復に役立つクエン酸が効果は発揮してくれます。

・ 大暑の日に、てんぷらを食べる習慣というのは、土用の丑の日や焼肉の日のように、広まっているとは言えません。



  パパ考えるa   是非、暑い夏はスタミナのある物を食べて ・・・

             夏バテにならないように気を付けましょうか。





           異常な夏


          この悪天候を乗り越えて ・・・


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード