あぁ ! 8月7日 (月) は、 『 立秋 』

  
 8月の訪れとともに ・・・ 吹き抜ける風に、肌寒さを感じるようになりました。

 夏休みがと云いつつも、秋の息吹を感じるようになった 「サッポロの短い夏」 です。



       ビールa


     パパ乾杯  では、冷たいビールで ・・・ 乾杯




 8月7日 (月) は、二十四節気の 『 立秋 』 です。


       立秋a


・ 秋が立つと書くように、暦の上では秋に入り、少しずつ涼しくなって秋の気配が漂いだします。 とはいえ、まだかなり暑い日が続くので、立秋以降の暑さを 「残暑」 といいます。

・ 立秋は、 「秋の気配を感じる頃」 という意味で、実際には暑さのピークともいわれています。

・ 季節の変わり目ということもあり、夏の暑さからの疲れが出やすい時期で、体調管理には気を付けたいものです。



・ 二十四節気をさらに3つに分けた七十二侯は、立秋の間にこのように移り変わります。

● 初侯 : 涼風至 (すずかぜいたる) 8月7日頃

・ 涼しい風が吹き始める頃。 まだ暑い時期だからこそ、ふとした瞬間に涼風を感じることができます。

● 次侯 : 寒蝉鳴 (ひぐらしなく) 8月12日頃

・ ヒグラシが鳴き始める頃。夕暮れ時に響くヒグラシの鳴き声が一服の清涼剤になります。

● 末侯 : 蒙霧升降 (ふかききりまとう) 8月17日頃

・ 深い霧がまつわりつくように立ち込める頃。 朝夕のひんやりとした空気に秋の足音を感じます。





       四季2a



 秋は夕暮れ。 

 夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 

 まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 

 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。


                        ( 清少納言 ・ 枕草子 )


 現代語訳 ・・・ 秋は夕暮れがいい。

 夕日が落ちてきて山の端が近く感じるようになってきたころに、烏が巣に帰ろうと、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子にさえ心がひかれる。

 ましてや雁などが列をつくって飛んでいる様子が小さく見えるのはとても趣があってよい。

 日が沈んでしまってから聞こえてくる風の音や虫の音なども、言うまでもなくよい。




 日本の四季折々 ・・・ 四季の木a


 花鳥風月も、四季で移り変わっていきます。

1・2・3 月
  ムーミンの花札1aa
4・5・6 月
  ムーミンの花札2aa
7・8・9 月
  ムーミンの花札3aa
10・11・12 月
  ムーミンの花札4aa


   パパ考えるa   えっ、これって ・・・ ?  「 花札 」では ・・・ !




     われは行く


       過ぎ行く夏を惜しんで ・・・ ドライブ ?


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード