「疲れる」 夏休みはイヤ!? 

  
  
  
       なつやすみa2a


 
 夏のイラスト  「疲れる」 夏休みはイヤ!? 

 ・・・ 今年は 「自宅でゆっくり」 が7割超



・ さぁ、夏休み ! 帰省や旅行などのスケジュールでウキウキしている人もいることでしょう。

・ とはいえ、混雑する行楽地に、航空機や新幹線はいっぱい高速道路は渋滞というのでは癒しに行くのか、疲れに行くのかわからないようにも思える夏休み期間の現状です。 

・ ところが、どうも最近はトレンドがちょっと変わってきているらしいのです。


       なつやすみ3

● 節約と猛暑のダブルパンチ

・ 「夏に関するアンケート調査」 (明治安田生命・実施) によると、じつに74.6%の人が 「自宅でゆっくり」 と答えました。 今夏は 「どこにも行かない」 人が多いのだそうです。

・ 一方、出かける人の予定をみると、「国内旅行」 が35.6%、「帰省」 が25.9%と、遠出をする人はそれほど多くない。 どちらかといえば、近場の 「プール・遊園地・テーマパーク」 が18.9%、「アウトドア」 も16.7%と少ないようです。

・ 「これぞ、夏休み」 の象徴ともいえる 「海外旅行」 も10.5%と低調。 ほかは 「スポーツ観戦」 4.7%、「ボランティア」 1.7%、「その他」 5.3%と続きます。

・ 「自宅でゆっくり」 する人に、その理由を聞いたところ、最多は 「出費がかさむので」 の51.8%。 次いで、「暑いので、外出したくない」 が45.4%、「疲れをとりたい」 が42.5%と、ほぼ半数を占めました。

・ さらに、「自分の趣味や時間を楽しみたい」 と 「外出すると混雑しているので」 がそれぞれ29.1%、「子どもや配偶者と予定が合わない」 11.5%、「家で仕事をする」6.7%、「その他」3.1%となりました。

・ 多くの場合が節約と猛暑のダブルパンチで、外出を控えようと考えているようです。

 
● 「夏休みに使うお金」 11年ぶりに男女逆転

・ 「夏休みに使うお金」 についても、全国平均は8万1380円となり、2年連続の減少です。 男女別にみると、男性は8万2723円と、2016年から680円の微増ですが、女性は前年から6596円も減額した8万29円。 男女の金額が逆転するのは11年ぶりとのことです。 妻が財布のヒモをがっちり握っている家庭では、外出もままならないのかもしれません。

・ ツイッターでも、「自宅派」 が主流。 家で日頃の疲れを癒すほうが、賢明なすごし方なのかもしれません。



  汗かきパパ  暑い夏です。 

    皆さん、それぞれに元気にお過ごしください。
 



 「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」 (札幌展)

・ 世界中で人気のフィンセント・ファン・ゴッホ (1853-1890)。 ファン・ゴッホは日本に強い憧れを抱き、浮世絵をはじめとした日本美術に大きな影響を受けた作品を数多く残しました。

・ 一方、彼の死後、今度はその作品に憧れた日本の芸術家たちが終焉の地であるフランスのオーヴェールを訪れていたことがわかっています。

・ この展覧会では、「ファン・ゴッホと日本」 をテーマに、オランダのファン・ゴッホ美術館、クレラー=ミュラー美術館など名だたる美術館や個人が所蔵する油彩画やデッサン、資料などが一挙公開されます。


  ゴッホ展・札幌a


● 会期 8月26日 (土) ~ 10月15日 (日)

● 会場 北海道立近代美術館

  午前9時30分~午後5時(会期中の金曜日は午後7時30分まで)

  ※入場は閉館の30分前まで

  休館日 : 月曜日 (9月18日、10月9日を除く)、9月19日 (火)、10月10日 (火)

● 内容 

 ★ 第1部 ファン・ゴッホのジャポニスム

 - 日本美術との出会い、ユートピアとしての日本、ユートピアを越えて -

 ・ ファン・ゴッホ作品(油彩、素描など) 約40点

 ・ 関連する日本美術作品         約50点

 ★ 第2部 日本人のファン・ゴッホ巡礼

 ・ ガシェ家芳名録、関連作品・資料など  約90点


  ゴッホ  ● 出品される主なゴッホ作品

  「花魁(渓斎英泉による)」1887年、 ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)

  「寝室」1888年、ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)

  「種まく人」1888年、ファン・ゴッホ美術館 (フィンセント・ファン・ゴッホ財団)


● 観覧料 

  一般1,500円 (1,300円)、高大生800円 (600円)、中学生600円 (400円)、

  小学生以下無料(要保護者同伴)

  ※かっこ内は前売り (発売中) と10人以上の団体料金



 

   秋の訪れは、美術鑑賞 ・・・ いや、物見遊山気分で ?


          ムーミンパパ 絵画a


        う~ん、やはり実物を鑑賞しないと ・・・ ?


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード