一雨ごとに、夏が過ぎ行くようです。

     
  
  小学校は学校が始まり、徐々に普段の生活に戻りつつあるようです。

  昼、土砂降りの雨 ・・・ 一時間近く、ずぶ濡れのサッポロです。


   どしゃぶりa


  一雨ごとに、夏が過ぎ行くようです。




 99年ぶり“大陸横断”皆既日食に全米沸く

・ 日本時間22日午前2時過ぎからアメリカで 「皆既日食」 が観測されました。 西海岸から東海岸まで横断するのが特徴で、99年ぶりとなる天文ショーに全米が沸いたようです。


    ドナルド・トランプ大統領 皆既日食2aaaa  99年ぶりに「皆既日食」が大陸横断2aa

     あら、このお方は ? 


・ 皆既日食は太陽と月、地球が一直線に並び、月の影に太陽が完全に隠れた状態。


  皆既日食2a
 

・ ワイオミング州ジャクソンには世界中から観測する人たちが集まり、皆既日食の直前には、月の影に隠れた太陽が指輪のように光る 「ダイヤモンドリング」 が姿を見せました。

・ この場所では皆既日食は約2分15秒続き、昼間にもかかわらず、辺り一面が暗闇に包まれました。

・ 皆既日食がアメリカの西から東へ大陸を横断するのは99年ぶりのこと。 


       アメリカ横断皆既日食2


・ 日本でも8年前の2009年に皆既日食が観測されていますが、次回見られるのは2035年になります。




◎ ダイヤモンドリング     ダイヤモンドリングa 

・ ダイヤモンドリングは皆既日食の始まりと終わりに見られます。 肉眼で見た月は円形に見えますが、その表面はデコボコしていて、山もあれば谷もあります。

・ このため太陽が月によってほとんど隠された状態であっても、谷間からわずかに太陽の光が漏れてしまいます。 この時、黒い太陽の一部だけがダイヤモンドのように光り輝いて見えるため、ダイヤモンドリングとよばれています。


◇ 光り方

・ ダイヤモンドリングの光り方は日食のたびに毎回異なります。 また、皆既の始まりと終わりでも異なりますし、観測地点が違えば見え方も違ってきます。 

・ 時には2点のダイヤモンドリングが見えたり、光点が列をなすベイリービーズが観測されることもあります。 これは、月のどの谷間から光が漏れるかが異なることや、太陽に対する月の動き方が毎回違うためです。


◇ まぶしさ

・ 皆既日食となる直前は、私たちの目はまだ暗闇に慣れていません。 このためダイヤモンドリングは、それほどまぶしく感じられません。

・ しかし皆既日食が終わる頃になると暗闇に目が慣れているため、ダイヤモンドリングがまぶしく感じられます。






 最も高価な宝石 (宝飾品) ランキングトップ20

・ 高額な宝飾品をランキングで紹介します。 全20種類です。


20位. ヴィヴィッド・ピンク 11億8,000万円


    20位ヴィヴィッドピンク a


・ ピンクダイヤモンドはその希少価値のため、非常に高価な宝石です。 生産量は普通のダイヤモンドに比べてわずか0.1%であり、天然物が産出される鉱山はごく一部に限られています。 そもそも無色透明であるはずのダイヤモンドが、なぜピンク色を示すのかも科学的には明確になっていないのです。

・ この指輪には5カラット(1g)のピンクダイヤモンドが使用されています。 ピンクダイヤモンドの質は最高ランクで、ピンク色が最も強く、希少価値が高いとされる「ファンシーヴィヴィット」に分類されています。

・ ピンクダイヤモンドが配置されている台座には18金ローズゴールド、両脇には盾型の無色ダイヤモンドが1対あり、リング部分はプラチナ製です。



19位. ウォリス・シンプソン・パンサー・ブレスレット 12億4,000万円


    19位ウォリスシンプソンパンサーブレスレット a


・ ウォリス・シンプソンは、元イギリス国王エドワード8世の妻であり、彼女は国王から様々な宝石を受け取っていました。 それらが2010年になってオークションに賭けられ、その中でも大きな注目を集めたのが、この宝飾品です。

・ このブレスレットは、カルティエのデザイナーがパンサー (ピューマ) をイメージして製作したものです。 ピューマのボディはダイヤモンドとオニキスから成り、2つの眼には特別にカットされたエメラルドがあしらわれています。



18位 .エメラルドとダイヤモンドのティアラ 12億7,000万円


    18位エメラルドとダイヤモンドのティアラ a


・ 1900年頃に作られたティアラで、ドイツで最も成功した実業家のグイド・ヘンケル・フォン・ドナースマルクの妻が所有していた宝飾品。

・ このティアラを際立たせているのは、11個の希少なナシ型エメラルドです。 エメラルドだけでもその重量は500カラット(100g)になります。 それに加え、銀や金、微小なダイヤモンドと11個の巨大なクッション状ダイヤモンドがティアラを彩っています。



17位 .ハート・オブ・キングダムルビーネックレス 14億円


    17位ハートオブキングダムルビーネックレス a


・ このネックレスを製作したガラード社は、世界で最も長い歴史を持つ宝飾品会社で、イギリス王室の戴冠用宝玉も代々保守し続けています。

・ このような背景を踏まえると、宝石のいかに質が高く、高価であるかということは予想できます。

・ ネックレスの中央には、40.63カラット(8.13g)のビルマルビー。 そして全体は、155カラット(31g)ものダイヤモンドで飾り付けられています。



16位. ブルガリ・ブルー 15億7,000万円


    16位ブルガリブルー a


・ 2色のダイヤモンドがついた斬新な指輪。 リングの核となるデザインは、10.95カラット(2.19g)の三角カットブルーダイヤと9.87カラット(1.974g)の三角カットダイヤ。

・ ブルーダイヤは最上級品で、青色の濃さを示す分類で最高のファンシーヴィヴィットに分類されています。 これら2つのダイヤモンドは、バゲットカットダイヤモンドが埋め込まれたゴールドリングに取り付けられています。

・ このリングは1970年に製作され、ヨーロッパのコレクターが妻のために1億円で購入しました。 その後2010年に、オークションに賭けられて、15億円で落札されることになりました。



15位 .ショパール・ブルーダイヤモンド・リング 16億2,600万円


    15位ショパールブルーダイヤモンドリング a


・ ショパールは、スイスの高級時計と宝飾品のメーカー。その名は国際的に知られており、品質はおりがみつきです。

・ ブルーダイヤは、宝石の中でも非常に希少な存在で、ホウ素が採掘される山で極わずかに採れるのみ。 この青色は、ダイヤモンドにホウ素が混じりこむことで生まれました。

・ これに加え指輪には、三角カットダイヤモンドがブルーダイヤの両脇に2つ配置されている。 さらにリングは、18Kホワイトゴールド製。 リング全体には、微小なダイヤが散りばめられ、その豪華絢爛さは目を見張るものがあります。



14位.グラフ・ヴィヴィット・イエロー 16億3,000万円


    14位グラフヴィヴィットイエロー a


・ グラフ・ヴィヴィット・イエローは、イギリスの大手宝石会社、グラフが所有する100カラット(20g)イエローダイヤの指輪です。

・ イエローダイヤのあまりの大きさにリングはあまり目立たないが、ゴールド製であらゆる所にダイヤが散りばめられた美しいデザインをしています。

・ この宝飾品は、イエローダイヤリングとして史上最高値を付けられました。 元々このダイヤは、南アフリカから190カラット(38g)の原石を購入し、約9ヶ月に渡るカット工程を経て完成しているのです。



13位.ハート・オブ・オーシャンネックレス 17億円


    13位ハートオブオーシャンネックレス a


・ 映画「タイタニック」にて、キャルドン・ホックリーが、婚約者でありヒロインのローズに送った宝石のイミテーションです。 イミテーションですが、その価値は非常に高い。

・ ネックレスのブルーダイヤは15カラット(3g)で、バンド全体はダイヤモンドで装飾されています。

・ またこの宝石は、101歳のローズ役で出演したグロリア・スチュアートが、アカデミー賞にノミネートされた際に、装着して出席したことでもよく知られています。



12位 .ブルーベル・オブ・アジア 17億3,000万円


    12位ブルーベルオブアジア a


・ 2014年にオークションにかけられたブルーベル・オブ・アジアは、史上4番目に大きいカットサファイヤ。 サファイヤの価格としては、史上最高値です。

・ クッション状サファイヤの重さは、392.5カラット(78.5g)。 ネックレスはゴールド製、全体がダイヤで覆われ、ダイヤの飾りふさが下に伸びています。 あらゆる方向からキラキラとした輝きを放ち、身につければ注目の的になることは間違いありません。



11位. 1912 カルティエ・ダイヤモンドブローチ 17億6,000万円


    11位1912 カルティエダイヤモンドブローチ a


・ 非常に良質な複数のダイヤモンドからなるブローチであす。 1912年にパリの有名なワークショップで製作され、カルティエに提供されました。

・ このブローチの大きな特徴は、3つの巨大なダイヤ。 最も大きいのは、34カラット(6.8g)以上。 それを補足するかのような楕円形のダイヤは23.55カラット(4.71g)、縦長のダイヤは6.51カラット(1.3g)です。



10位. パーフェクト・ピンク・ダイヤモンド 23億2,000万円


    10位パーフェクトピンクダイヤモンド a


・ 専門家によれば、0.2カラット以上のピンクダイヤは全ピンクダイヤ中の10%以下です。 そのうえ、ピンクの純粋色を示すものは少なく、緑やオレンジが混ざっているのがほとんどです。

・ ここまで高値がつけられたのも、この宝石が混じりけのないピンク色で、14.23カラット(2.84g)もあるからです。 香港で行われたオークションでは、宝飾品としてアジア史上最高値を叩き出しました。



9位. ウィンストン・ブルー 23億8,000万円


    9位ウィンストンブルー a


・ この13.22カラット(2.644g)ブルーダイヤは、婚約指輪としてオークションに売りに出されました。 これまで、オークションに賭けられるブルーダイヤはほとんど10~12カラットであったため、この怪物級の宝石の登場は、入札者たちを沸かせました。

・ 熱狂的な盛り上がりも手伝い、23億円という恐ろしい値段が付けられるに至ったのです。



8位. ショパール・201カラットウォッチ 25億円


    8位ショパール01カラットウォッチ a


・ 高級時計と宝石を長年取り扱ってきたスイスのブランド、ショパールが、これまでに培ってきた2つの異なる部門の専門的技術を結集させて作り上げた傑作です。

・ 大小様々なダイヤ、合わせて874個が時計を彩っており、最も大きなダイヤは15カラットになります。 また、駆動部には巨大なダイヤを3つ使用しており、ダイヤが時を刻んでいるといってもいいかもしれない。



7位. ハットン・ミドヴァニィ・ヒスイネックレス 27億4,000万円


    7位ハットンミドヴァニィヒスイネックレス a


・ アメリカの億万長者、バーバラ・ハットンやジョージア国の貴族ミドヴァニィ家など、数々の富豪たちが所有してきた、歴史あるネックレスです。

・ ネックレスは、27つのエメラルドグリーンのヒスイ玉からなり、また留め金部分は、プラチナ、ゴールド、ルビー、ダイヤモンドが使用されています。



6位. ダイヤモンド・ビキニ 30億円


    6位ダイヤモンドビキニ a


・ これを着て水の中に入るというイメージ、れっきとしたビキニです。 ビキニは、150カラット(30g)分のダイヤモンドが装飾されたプラチナ製のワイヤーになっています。

・ 2006年にアメリカの雑誌、スポーツ・イラストレイテッドで、モデルのモリー・シムの試着した写真が掲載されました。 彼女は見て驚き、履いてさらに驚いたという。 ビキニは何も体を隠してくれないし、30億円もするビキニは高価すぎて全く落ち着かなかったのだという。



5位. ゾーイ・ダイヤモンド 32億6,000万円


    5位ゾーイダイヤモンド a


・ 2014年、美術品収集家であり資産家のポール・メロンの妻が、オークションでこの宝石を競り落とし、コレクションに加えました。

・ ゾーイ・ダイヤモンドは、最高クラスの9.75カラット(1.95g)ブルーダイヤ。 落札価格は15億円前後だと予想されていたが、彼女の莫大な資産によって予想以上に価格は上昇し、結局32億円もの値が付くこととなったのです。

・ ゾーイ・ダイヤモンドは、ブルーダイヤモンドとして最も高額ではないが、1カラット当たりでは最高額となりました。(3億3,000万円/カラット)



4位.グラフ・ピンク 46億2,000万円


    4位グラフピンク a


・ グラフ・ピンクは、最高級宝飾品ブランドを立ち上げたハリー・ウィンストンがかつて所有していたコレクションのひとつです。

・ ダイヤモンドのピンク色は非常に珍しく、しかも24.78カラット(4.956g)と非常に大きかったため、オークションに賭けられれば40億円はくだらないと言われていた。

・ 実際2010年にオークションに賭けられ、グラフダイヤモンドの設立者であるローレンス・グラフが予想額を超える46億円で落札しました。



3位. インコンペアラブル・ダイヤモンドネックレス 55億円


    3位インコンペアラブルダイヤモンドネックレス a


・ 世界一高価なネックレスで、一つの宝飾品としては、407.48カラット(81.496g)と最も多くのダイヤモンドを使っています。 それに加え、230カラット(46g)ものイエローダイヤがネックレスを彩っています。

・ このダイヤモンドは、1980年にコンゴで、ある少女が発見しました。 その後、数多くのディーラーの元を渡りました。 ダイヤモンドは4年間の研究し尽くされたのち、現在の形にカットされることとなりました。



2位. ピンクスター・ダイヤモンドリング 72億円


    2位ピンクスターダイヤモンドリング a


・ 2013年11月までは、4位のグラフ・ピンクが最も高額なダイヤモンドリングでした。 しかし現在は、この59.6カラット(11.9g)のピンクダイヤに取って代わりました。

・ このダイヤは宝石会社のデビアスが、アフリカのダイヤモンド鉱山から採掘した132.5カラット(26.5g)の原石でした。 それが加工されて現在の形になったのです。



1位. ヴィッテルスバハ・グラフダイヤモンド 80億円


    1位ヴィッテルスバハグラフダイヤモンド a


・ 元はバイエルン王国の王冠に収まっていた35.56カラットのブルーダイヤモンドです。 2 008年になってロンドンの宝石商ローレンス・グラフが23億円で購入しました。

・ 購入後、更なる輝きを得るために、4.5カラット分をリカットし、ダイヤを新しい姿に生まれ変わらせました。

・ 2011年、このダイヤをオークションにかけたところ、カタール王室の目に留まって80億円で落札されることになりました。





 阿寒湖のアイヌ民族「恋マリモ伝説」 ・・・ 大阪の男性の創作 !

・ 北海道の阿寒湖を訪れる観光客らに、アイヌ民族の伝説として紹介されてきた「恋マリモ伝説」が、大阪市の元出版社社長(故人)による創作だったことが判明しました。


    阿寒湖aa

    阿寒湖マリモa


・ 恋マリモ伝説は、恋仲となったアイヌ民族の若い男女が身分違いから結ばれず阿寒湖に身を投げ、魂が姿を変えてマリモになった物語。

・ 昭和初期に阿寒湖観光の宣伝で使われ始め、今もイベントなどで取り上げられています。 1924年 (大正13年) 発行の 「アイヌの伝説と其 (その) 情話」 に収録されており、アイヌ民族の伝説と考えられてきました。

・  ただ、アイヌ民族や研究者の間では和人の創作との見方もありました。 釧路市教委マリモ研究室は十数年前、1922年に朝日新聞社から発行された公募小説集 「山の伝説と情話」 にも同じ物語が収められ、作者が 「永田耕作」 だと突き止めましたが、それ以上の詳細は分からなかったという。

・ 今年7月、永田さんの遺族から市教委に、永田さんの創作を裏付ける資料の寄贈の申し出がありました。 永田さんの手書きのメモには、釧路に住んでいた時に親しくなったアイヌ民族から聞いた話を基に 「所も、話の筋も変えて作文をした」 と記されています。

・ 阿寒観光協会まちづくり推進機構は 「出典を明らかにした上で、今後も語り継いでいければ」 としています。

・ また、阿寒湖畔で民芸店を営む阿寒アイヌ工芸協同組合長は 「内容が面白く、阿寒湖観光を盛り上げている。 アイヌ民族の伝説ではないと明確にすれば、今後も紹介してもいいのでは」 と話しているとか ・・・。




 
       ムーミンパパ不満a


         雨 ! なんで、こんなに降るの ・・・ ?




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード