いよいよ秋。 9月 ・・・

  
  
  ミサイル北海道上空を通過aa

 
  パパは怒る  襟裳岬は何もない ? いいえ、空を見上げれば ・・・

   北朝鮮の弾道ミサイルが通過 !

   驚きですが、怒りも ・・・ です。





  9月 

 
 いよいよ秋。 9月 September ・・・ 長月(ながつき) です。

・ 長月の由来は、「夜長月 (よながつき)」 の略であるとする説が最も有力です。 

・ 他に、「稲刈月 (いねかりづき)」 が 「ねかづき」 となり「ながつき」 となったという説、「稲熟月 (いねあがりづき)」 が略されたものという説があります。 また、「寝覚月 (ねざめつき)」 の別名も ・・・。





     桔梗(キキョウ)3a


● 9月の花 桔梗 (キキョウ)

・ 星形の花びらがかわいらしい桔梗は、秋の七草の1つとしても知られています。 古くから日本では秋の風物詩として親しまれており、万葉集で詠まれたアサガオの花は桔梗ともいわれ、詩歌にも多く取り上げられています。

・ つぼみは紙風船がふくらんだような形をしており、開花する星形の花が特徴です。

・ 現在、野生種のものは減少傾向にあり、絶滅危惧種にも指定されています。

・ 秋の七草にも選ばれているほど、歴史のある植物で、草丈40~100cmほどに生長し、草本なので太い幹はなく、背丈が高くなりません。 ガーデニングでは、鉢植えや地植えにして楽しまれます。


     idea秋の七草a


● 桔梗 (キキョウ) の名前の由来!

・ 桔梗の根は昔から 「桔梗根 (ききょうこん)」 という名の漢方として用いられていました。 

         桔梗の根a

・ 桔梗の根が硬いことから、桔梗根を 「キチコウ」 と音読みされ、それが転じて 「キキョウ」 とされたことが名前の由来とされています。 

・ 英語の 「balloon flower」 は、花のつぼみが膨らんだ風船のようなことに因んでいます。



● 桔梗 (キキョウ) の花言葉!


    『永遠の愛』 『変わらぬ愛』 『気品』 『清楚』


        桔梗(キキョウ)5
 


・ 桔梗が恋人のために一生涯、ただただ待ち続けた若い娘であったという物語にちなんで、「永遠の愛」 がつけられました。

・ 「変わらぬ愛」 は、長く咲き続ける花姿に由来し、「気品」 は、花色の紫がかつて高貴な色とされていたためです。 

・ また 「清楚」 は、白色の桔梗が、伝統的な日本の女性の魅力を表しているとされていたことからつけられました。






          秋の夕暮れ


 秋は夕暮れ。 

 夕日の差して山の端いと近うなりたるに、烏の寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへあはれなり。 

 まいて雁などの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。 

 日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。 

                        ( 清少納言 『枕草子』 )



( 現代語訳 ) 

 秋は夕暮れ(が良い)。 夕日が差し込んで山の端にとても近くなっているときに、烏が寝床へ帰ろうとして、三羽四羽、二羽三羽と飛び急いでいる様子さえしみじみと心打たれる。

 ましてや雁などが隊列を組んで飛んでいるのが、(遠くに) 大変小さく見えるのは、とても趣があって良い。

 すっかり日が落ちてから (聞こえてくる)、風の音や虫の鳴く音などは、言うまでもなく (すばらしい)。





           パパの秋


        一足早く ・・・ 秋色に染まった気分 !




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード