ご馳走さまでは、口悔しい・・・

 午前は「暖」、午後は「寒」の風が吹くサッポロです。

 遅くには、雪も・・・そんな予報は聞きたくないです。


 明るい笑顔で「おはようございます」・・・そんな穏やかな朝を、いつも迎えたいですね。




           朝だ朝だよ 朝陽がのぼる

           空にまっかな 陽(ひ)がのぼる

           みんな元気で 元気で起きよ

           朝はこころも からりとはれる

           あなたもわたしも 君らも僕も

           ひとり残らず 起きよ朝だ



               あさ



 むかし、「朝日」というタバコがありました。 いまも・・・どうでしょうか。


 消費者の知恵。「エコー」「わかば」出荷増…“安いたばこ”人気上昇中

・ 2年半前にたばこが大幅値上げとなって以降、比較的安価な「わかば」や「エコー」など「旧3級品」と呼ばれる銘柄の人気がじわじわと高まっています。

         たばこ

・ 全体的にたばこ離れが加速する中、平成24年度の両銘柄の出荷本数は、統計を取り始めた2年度以降で初めてトップ10入りする見通しで、たばこ店も仕入れ数を増やすなどして対応。 昭和の文豪など、さまざまな人物がくゆらせた紫煙に、再び注目が集まっています。

・ たばこは22年10月、過去最大の増税に伴い、1箱あたり60~140円の大幅値上げとなりました。 たばこ店主によると、値上げ以降、旧3級品を求める客が3~4割増え、品切れになる日も多かったという。 店主は「あわてて仕入れ数を増やして対応した。旧3級品の売り上げは年々増えているが、今年はさらに増加しそうだ」と話す。

・ たばこの販売数量は15年度に3千億本を切って以降、前年度比2~5%のペースで減り続けています。

・ 日本たばこ産業(JT)や海外企業などの販売会社でつくる日本たばこ協会の統計によると、22年度と23年度の比較で、銘柄別ではトップの「セブンスター」が100億1400万本から85億4200万本に減り、シェアも4・8%から4・3%に下がったのに対し、「エコー」は26億7900万本から35億5800万本に増加。シェアは1・3%から1・8%に上昇し、順位が19位から8位にジャンプアップしました。

・ 22年の値上げで、旧3級品は一律60円のアップにとどまり、現在の価格(1箱20本)は200~250円。セブンスター(440円)などに比べて格段に安いことが、若い層を中心とした人気の復活につながったようだ

・ 24年度は4~12月までの累計ではエコー8位、わかば10位で、年間トップ10入りする見通し

 値上げを機に、輸入たばこから「わかば」に切り替えた男性会社員(41)は「わかばは“おじさん”のイメージがあって吸っていなかったが、独特の風味があっておいしい。昔ながらの日本の味だし、今後も吸いたい」と話しています。



◇ 【用語解説】 旧3級品たばこ

・ 葉の品質の等級が最も低い製品で、かつてたばこの等級が1~3級にランク付けされていたことに由来する。日本たばこ産業は現在「わかば」(250円)、「しんせい」(240円)、「エコー」(同)、「ゴールデンバット」(200円)の4種類を販売

・ 芥川龍之介や太宰治ら文豪のほか、アニメ「ルパン三世」の人気キャラクター、銭形警部も好んだという設定で、品切れ騒動が社会問題に発展することもありました。



 国民のタバコは・・・「しんせい」、「いこい」を知っている方は、懐かしいお方です。

 大学生のタバコでも、ありましたねぇ。



 アベノミクスの影響は・・・。 安ければ、安きに流れるのが当然です。 ギューと財布を締め付けられていますから・・・ハイ


 価格競争再燃の可能性も・・・吉野家も、牛丼並盛り280円へ値下げ 

・ 吉野家ホールディングスは、展開する牛丼チェーン「吉野家」で販売する「牛丼」の並盛りを現行価格(380円)から100円値下げし、280円にすると発表しました。 加えて、「牛丼」の大盛りや特盛りも値下げするほか、「牛皿」並盛りも現行の280円から240円へ値下げします。

・ 規制緩和による輸入牛肉価格の下落期待を受け、すでに牛丼チェーン最大手のゼンショーホールディングスは、展開する「すき家」で4月5日午前9時~同12日午前8時まで期間限定で、「牛丼」並盛りの価格を30円下げた250円で販売。 松屋フーズも、「松屋」で販売する「牛めし」の並盛りを4月8日午前10時~同15日午後3時まで、現行より30円引き下げた「すき家」と同額の250円で提供しています。

・ 牛丼チェーン各社が値下げに動く中、昨年、高価格路線に舵を切った吉野家の出方に注目でしたが、今回、他社の値下げに追随する格好となりました。 一時は沈静化していた牛丼業界の値下げ競争が再燃する可能性もあのます。

・ 牛丼業界は、13年3月期の既存店売上高ベースで前年比7.8%減と低迷が続いています。



 こちらも牛肉関連ですが・・・同様に低迷の歩みを続けるか「吉野家」、「マクドナルド」。


 2種のモスライスバーガー新作・・・季節限定

・ モスバーガーは4月23日から、「モスライスバーガー」の新商品として「海老しんじょ(和風おろしだれ)」(350円/税込み)と「季節の野菜かきあげ」(280円/税込み)を季節限定で発売します。 期間は10月下旬まで。

・ 今回登場する「海老しんじょ(和風おろしだれ)」と「季節の野菜かきあげ」は、日本生まれで、日本の味を大切にしたモスバーガーならではの“和”を意識した商品です。

                モス

・ 「海老しんじょ(和風おろしだれ)」は、粗くすりつぶした海老に刻んだ玉ねぎを加えカラッと揚げた海老しんじょに、和風おろしだれ、青ねぎをのせ、ライスプレートで挟んだ。素材の味を活かした海老しんじょは、海老の香りと食感が楽しめます。

・ また、和風おろしだれはかつおだしと昆布だしに、たっぷりの大根おろしを加え、色の薄い醤油で味を整えてさっぱりと仕上げた、上品な味わいが特徴。 香りがよく薬味に適した青ねぎのトッピングが味のアクセントとなっています。

・ 「季節の野菜かきあげ」は、玉ねぎ、枝豆、コーンをシンプルなかきあげにし、わさびのりソースをかけてライスプレートで挟んだ。わさびのりソースは、和風だしに醤油、のり、くきわさびを加えたモスオリジナルの和風ソース。 ズバリ“天丼を片手で食べる”イメージのメニューです。




 マクドナルドも・・・売上げ回復はなるか ?

・ 日本マクドナルドは4日、春の期間限定ハンバーガーの新商品3種類を発売。 春定番の人気メニュー「てりたま」シリーズの鶏肉版「チキンてりたま」を5日から、バーベキューソースを使った「バーベキュービーフ」と「バーベキューチキン」を26日から販売します。 売上げ低迷に悩むマクドナルドは、この3つの新商品で新たな商品開発戦略を打ち出したといいます。

                マック

・ それは「販売実績のある定番人気商品をベースにする」ことと、「他のメニューで使用している材料を使う」という手法の組み合わせ。 新しい商品、新しい材料にむやみに挑戦せず、安全策をベースに着実にヒットを重ねようという作戦。

・ チキンてりたまは、「ジューシーチキンフィレオ」に使用されている鶏のもも肉をショウガ風味の照り焼きソースでからめ、てりたまの具材であるタマゴとレタスを組み合わせ。 販売は4月下旬まで、価格は340~380円。

・ バーベキュービーフとバーベキューチキンは「テキサスバーガー」のバーベキューソースとフライドオニオンを使用。 バーベキュービーフはビーフパティとチーズ、タマゴ、ベーコンなどを、バーベキューチキンはチキンパティとレタスなどをはさみ、それぞれ豊富な具材とボリューム感にこだわりました。 販売は5月9日まで、価格は330~370円。


 新メニューは、又もその場しのぎ・・・の感は拭えません。 客は見抜いています。 

 企業体質を根本的に改善することが急務でしょう。



 参考 ・・・(他HPより)

     原価表



 あら、食べられてしまった ?

・ マリ当局がイスラム反政府勢力の掃討作戦で軍事介入したフランスへのお礼として、オランド・フランス大統領に贈ったラクダが現地で食用として殺されていたことが分かり、新たなラクダが再び贈られることになりました。

・ マリ北部の地元政府当局者は、代わりのラクダを用意する考えを示し、パリに輸送すると話しています

 仏大統領 ・ ラクダは、フランス軍による軍事介入後の2月にオランド大統領がマリを訪れた際にプレゼントされ、大統領もパリの交通渋滞を避けるために使おうなどと冗談を飛ばしていましたが、結局自国には持ち帰らず、サハラ砂漠に近いトンブクトゥに住む家族に譲ったとか・・・。

・ フランスのメディアによると、現地のフランス軍が定期的にラクダの様子を報告することになっていたが、先週になってラクダが殺されたことが分かったといいます



 哀れな食べられたラクダ・・・。

 花の都、パリで安住ができる願いむなしく、ご馳走さまでは、口悔しい



           パパ

                隣国のオオカミ少年は・・・?  

 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード