一歩近づき、二歩遠ざかった・・・

 窓の外は・・・雨ならぬ雪降る朝になったサッポロです。

 春に一歩近づき、二歩遠ざかった・・・そんな寒い一日です。


 
 地震続きの日本国土・・・どうなっているのでしょう ? 

 アメリカ・ボストンではテロ事件。 地面だけでなく、人間の心も大揺れの世界です。



 本2  書籍紹介

     「昨日までの世界(上・下)―文明の源流と人類の未来」

     ジャレド・ダイアモンド (著)  日本経済新聞出版社


  昨日 上 昨日 下

◇ 内容紹介

・ 世界的大ベストセラー『銃・病原菌・鉄』の著者が、長大な人類史を紐解き、文明前夜から現代社会に引き継がれた人類の特質と病巣を解明します。

・ 600万年におよぶ人類の進化の歴史のなかで、国家が成立し、文字が出現したのはわずか5400年前のことで、狩猟採集社会が農耕社会に移行したのもわずか1万1000年前のことです。 長大な人類史から考えればこの時間はほんの一瞬にすぎません。

・ では、それ以前の社会、つまり「昨日までの世界」の人類は何をしてきたのだろうか?

・ 領土問題、戦争、子育て、高齢者介護、宗教、多言語教育……人類が数万年にわたり実践してきた問題解決法とは何か?  ピュリツァー賞受賞の世界的研究者が、身近なテーマから人類史の壮大な謎を解き明かします。 全米大ベストセラーの超話題作!

・ 「本書は、現代の工業化社会、つまり西洋社会と伝統的社会の違いを浮き彫りにし、そこから判明する叡知をどのようにわれわれの人生や生活に取り入れ、さらに社会全体に影響を与える政策に反映させるかについて解説するものだ。・・・本書は私自身の理論が詰まった本である。 前著『銃・病原菌・鉄』や『文明崩壊』といったこれまでの著作以上に、私の想いは強く込められている。 また、本書はひとりひとりの人生や生活、日々の選択といった個人の興味関心に直接関係するテーマを扱っており、私の著作のなかではもっとも生活に身近な内容になっている」 (「日本語版への序文」より) 



 ジャレド・ダイアモンド  ジャレド・メイスン・ダイアモンド (Jared Mason Diamond, 1937- )は、アメリカの進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家。 現在、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)教授

・ 著書『銃・病原菌・鉄』で1998年度のピューリッツァー賞(一般ノンフィクション部門)、1998年コスモス国際賞を受賞しました。 また、1999年にアメリカ国家科学賞を、2013年にウルフ賞農業部門受賞しています。



 時には、ちょっと難しそうな本を読んで、頭脳に刺激を与えましょう。
 

 5月上旬から運行開始・・・札幌市電の新型低床車「A1200形」

・ 札幌市は札幌市電に新型低床車両1両を導入、5月上旬から運行開始をします。

     札幌市電の新型低床車「A1200形」  「札幌市路面電車 新型低床車両」

・ 新型低床車両の形式は「A1200形」で、全長約17mの3車体連接、2台車の電車。 定員は従来車の8500形(単車、2台車)より9人増えて71人です。 出入口部の床面高さは8500形より500mm低い350mmで、乗降時の段差がなくなります。 また、札幌市電の車両としては初めて冷房装置を搭載です。

・ 札幌市は、現在申請中の市電環状線化(2015年春開業予定)までに、新型低床車両を3両導入する予定です。



 札幌市交通局 市電新型低床車両 記念乗車券 発売

・ 札幌市交通局は、「札幌市路面電車 新型低床車両導入 記念乗車券」を発売。 硬券タイプの乗車券4枚(170円券3枚、90円券1枚)のセットで、発売額は600円。 発売開始日は2013年4月27日(土)です。

       poster2.jpg

・ 発売数は5,000セット限定で、1人3セットまで。 発売箇所は、大通駅定期券発売所。売切次第発売終了します。



 昔はチンチン電車と云われたものの、今はデザインもスーパーカーと互角か ?

 いつまでも、庶民の足であってほしいものです。



 駅前通りから、また昔からの書店が消えようとしています。 

 リーブルなにわ(4月末)、アテネ書店(6月)と二店舗が相次いで閉店のニュースです。

 せめてもの救いは、リーブルなにわ跡に文教堂が入店することでしょうか。

 

 地下歩行空間完成の影響も大。 暖かい季節は、緑陰の歩道を歩きましょう・・・か。



                  papa5.jpg

       今年のGWは ? ・・・おぉ、読書三昧の夢を見ます。  

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード