いつ ?  どこで ?  

  あぁ・・・サッポロは今日も雨だった。

 秋雨前線だね。 低気圧だよ。 そのような会話で8月も終わりになります。

 猛暑で雨不足。 それに続いて集中豪雨・・・史上何番目の記録も困った記録です。


 パパ 明日は、9月1日。 防災の日です。

 いつ ?  どこで ?  ・・・備えあれば憂いなしです。




       おはよう・・と笑顔は  iwano xy Kyoko ちゃん・・・です。


 サッポロスマイル・・・?  はて、こんなマークあったの ?


 サッポロスマイル・・・笑えぬ認知度。 「見たことない」77%

                サッポロスマイル
 ・ 札幌市が昨年1月に作ったPRロゴ「サッポロスマイル」についてアンケートを行ったところ、市民の8割近くが「見たことがない」と回答したことが分かりました。 

・ 市長を先頭に市職員がバッジを上着につけたり、狸小路商店街にポスターを貼り出したりしてPRしてきたが、認知度が進んでいない実情はスマイルとはほど遠い状態にあるようです。

・ 「サッポロスマイル」は、多くの魅力的な食や自然などの資源に恵まれた「笑顔になれる街」札幌をイメージしたロゴ。 アンケートは6~7月に実施し、ロゴを「見たことがある」と回答したのは932人(19・1%)で、「見たことがない」と回答した人数は3786人(77・5%)に上ります。

・ 年代別では中高年の認知度が低く、60歳代は81・7%が見たことがないと答えです。 今後は市の広報誌などでPRを強める考えです。



 何かロゴなのか、マークなのか・・・

 中途半端なデザインで、愛着も今ひとつでしょうか。

 スマイルマーク  
 やはり、スマイルマークなら・・・これです。
 
 

 年賀はがき、1等は「1万円」のお年玉 初の現金プレゼント

  14年用の年賀はがきの表(左)と裏 2014年用の年賀はがきの表(左)と裏

・ 日本郵政は、2014年用のお年玉付き年賀はがきの1等賞品は、現金1万円の「お年玉」プレゼントにすると発表しました。 現金をプレゼントするのは1950年に賞品の提供を開始して以来、初めてです。

・ これにあわせて、従来100万本に1本だった1等の当選確率も10万本に1本(当選本数3万2381本)に高めます。 2等はふるさと小包など(32万3819本)、3等は切手シート(6476万3880本)。 2014年用の年賀はがきは11月1日に販売を開始して、35億9000万枚を発行する予定です。 抽選は14年1月19日。



 おお、現金   と、驚くほどの額でもなし・・・です。

 「年末ジャンボ宝くじ」とコラボして、5億円の大型では如何でしょうか・・・ねぇ。


 
 「永遠の0」・・・300万部

・ 講談社は、百田尚樹のデビュー作「永遠の0(ゼロ)」の文庫版が9月11日の重版(44刷)で300万部を超えると発表しました。

 永遠の0 ・ 文庫化は2009年7月。 2012年10月に100万部を超えていましたが、百田尚樹が別の作品で今年4月に本屋大賞を受賞したため、売れ行きが加速したとか・・・。



 こちらは・・・永遠にゼロが? 印税はいかほどでしょう。

 使い道にお困りでありませんか。 お手伝いを是非・・・。



 「外観保存」条件に売却へ・・・北海道立文書館「別館」

・ 大正時代に建てられた道立文書館「別館」(札幌市中央区北1西5)が外観の保存を条件に売却されることになりました。 売却は建物が老朽化して解体が必要ですが、外壁など建物の一部は歴史的価値があると判断されました。 9月から売却先を公募です。

・ 北海道によると、道保有の歴史的建築物が一部保存を条件に売却されるのは初めてです。

・ 別館は1926年(大正15年)の建築で、鉄筋コンクリート造り4階建て約1200平方メートルで、土地面積は886平方メートル。 南側と西側の外壁や玄関ホールは、抽象的に美を表現する、大正時代に流行した「セセッション様式」が施され、札幌市の「さっぽろ・ふるさと文化百選」に選定されています。

 文書館 ・ 建築された当時は道立図書館でしたが、1967年から道立美術館、1977年から道立三岸好太郎美術館として使われ、現在は公文書の保管場所になっています。

・ 売却は、〈1〉南側と西側の外壁を保存すること 〈2〉外壁以外の部分を解体すること 〈3〉玄関ホールを復元すること――が条件。 不動産鑑定による土地・建物の価格は約9億円ですが、保存や復元などの費用相当分(約3億7000万円)を差し引いた約5億3000万円が最低売却価格です。

・ 公募期間は9月9~13日。 11月に建物の改築案を提出してもらい、道民が多く利用できるかなどを審査し、12月に売却先を決定します。
 


 どうでしょうか・・・。 自費で百田尚樹文学館を建設など・・・。

 次作は、「山賊とよばれた男」でベストセラーをご期待します。 ハイ



 小樽運河のガス灯、半分が点灯せず

・ 小樽市の観光名所、小樽運河の夜を彩るガス灯が30基以上も点灯しなくなり、管理する北海道が原因を調べています。

・ 小樽運河の沿道には、1キロあまりに渡って、63基のガス灯があり観光名所となっています。

              おたる運河

・ このガス灯について29日午前、市民から「ふだん消えるはずのガス灯が朝になっても点灯している」と北海道に連絡があり点検したところ、制御板が壊れているのがわかりました。

・ 29日夜は、およそ650メートルに渡って、半数を超える32基のガス灯が点灯しない状態になりました。 故障の原因は制御板の老朽化か、今月27日の落雷の影響ではないかと見て調べています。

・ 故障したガス灯は、部品の調達のため、復旧までに少なくとも5日はかかるということです。



 省エネで・・・えっ、ガス ?  ガス原料の輸入価格高騰により遠慮しました。 ハイ




        スマイル  smile for you !!






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード