みなさん、台風に注意ですよ。

  三連休の中日ですが、全国的に台風の影響にあたふたしているようです。

  明け方の稲妻に雷鳴・・・朝は激しい雨に襲われたサッポロの休日です。
               いなずま
 JR北海道は落雷で混乱、そして台風の影響と泣き面に蜂状態です・・・ね。




 明日は「敬老の日」・・・

・ 敬老の日は、国民の祝日に関する法律によれば、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。

・ 2002年(平成14年)までは毎年9月15日を敬老の日としていましたが、2001年(平成13年)の祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって、2003年(平成15年)からは9月第3月曜日となりました。



            敬老の日


 敬老の日の始まり・・・

・ 兵庫県多可郡野間谷村(後の八千代町を経て現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長(のち兵庫県議会議員)と山本明助役が1947年(昭和22年)に提唱した「としよりの日」が始まりです。

・ 「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、従来から敬老会を開いていました。 これが1950年(昭和25年)からは兵庫県全体で行われるようになり、後に全国に広がりました。

・ その後「としより」という表現は良くないということで1964年(昭和39年)に「老人の日」と改称され、翌年に野間谷村からの政府への繰り返しの働きかけもあり、国民の祝日「敬老の日」に制定されました(「こどもの日」「成人の日」があるのに敬老の日がないのはおかしいと声を上げ続けたという)。

・ このため、「母の日」のように日本国外から輸入されたような記念日と違い、日本以外の国にはありません。



 65歳以上、3186万人・・・4人に1人が高齢者に ( 総務省推計 )

              keirou.jpg 

・ 「敬老の日」を前に総務省が発表した高齢者推計人口によると、15日現在の65歳以上の人口は前年比3.7%(112万人)増の3186万人で、過去最多を更新しました。

・ 総人口に占める割合も0.9ポイント上昇の25.0%と過去最高に達し、全人口の4人に1人が高齢者です。

・ 男女別では、65歳以上の男性は1369万人で男性人口の22.1%、女性は1818万人で女性人口の27.8%を占めます。



 けいろう  100歳以上、最多5万4300人・・・高齢割合

・ 厚生労働省は100歳以上(9月15日時点)の高齢者が昨年より3021人増え、5万4397人となったと発表しました。 過去最多を43年連続で更新し、女性が全体の87.5%を占めます。

・ 100歳以上の人数は1998年に1万人、2009年に4万人を超え、12年に5万人を突破し、急速に増加しています。

・ 都道府県別の人口10万人当たりの100歳以上の人数は、島根県(82.46人)が最多で、2年ぶりに1位に・・・。 昨年1位だった高知県(78.59人)は2位でした。



 あぁ、高齢社会・・・若者の負担が増加する社会構造です。 

 年金、医療、介護と、課題山積みの現状は・・・どうしましょう。



 少子化で、これからは若年層が減少です。 将来は、「敬若の日」を・・・? 


  typhoon.jpg


パパのパソコン みなさん、台風に注意ですよ。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード