明日は・・・十五夜ですよ。

 青空がいっぱい・・・秋晴れのサッポロです。

 北大構内も、少しづつ秋の気配が増してきました。

 あと数日で、秋分の日。 秋は確実に姿を現してきています・・・。



 朝晩は、グッーと気温も下がってきた今日この頃です。

 交わす言葉も、風邪をひかないように・・・と。



 皆さん、季節の変わり目です。 風邪をひかないように・・・。



        HAPPY BIRTHDAY !! Ms.S.ERIKA

Sep,19         birth10_img_item01.jpg

      Have an amazing birthday.
    It only comes one day a year so do something
    to make it memorable!




 今年の流行色は灰色系・・・その心理的効果とは?

・ まだ暑さが残りますが、朝夜は肌寒く、山地ではすでに紅葉が確認されています。 そんな季節の変わり目のこの時期、今年の秋はどんなファッションが流行るのかと気になる人は多いはずです。

・ 多分野において流行色情報を発信している一般社団法人「日本流行色協会」によれば、2013年の秋冬の流行色は、女性ならグレイッシュ(灰色がかった)カラー、男性もベージュやグレーとのこと。

     グレイッシュカラー
 
・ こうした落ち着いた色が好まれるのは、政治や経済が不安定な現代の人々は安心を求めており、グレーなどの色には不安な気持ちを包み込むような作用があるからだそう

・ また、流行色を取り入れることで、その年のトレンドを効果的に演出できるのだといいます。

             グレイッシュカラー2

・ 今季流行のグレイッシュカラーのような暗い色ほど「重く、深く、充実して、固く、強く、しめって、緊張して、安定して」といった感覚が生まれるという実験結果もあります。 前述した「不安な気持ちを包み込むような作用」は、確かに存在するようです。



 渋い大人系カラーでしょうか。

 まぁ~、色々です。
  


 soti.jpg  ソチ冬季五輪の公式ウエア発表 「軽く暖かい」と好評

・ 日本オリンピック委員会(JOC)は、来年2月のソチ冬季五輪の開閉会式で日本選手団が着用する白いコートや紺のトレーニングジャケットなどの公式ウエアを発表しました。

・ 開閉会式や競技場で着る上着は、2種類。 シンプルな白と紺色で、通気性に優れ、インナーが取り外しできるなど、寒暖の差が激しいソチの気候に対応しています。

  ソチ冬季五輪の公式ウエア発表 ソチ五輪選手団の公式ウエア

・ 開閉会式では、はっ水性、ストレッチ性に優れた、フード付きの白いロングコートを着用。 表彰式などで着る紺色のジャケットは、内側のダウンと、外側のレインジャケットを重ねたもの



 ウェアで、競技成績もよい方向へ・・・まぁ、期待しましょう。


 故ジャンニ・ヴェルサーチの豪邸・・・41億円で落札

・ イタリアの有名ファッションデザイナー、故ジャンニ・ヴェルサーチ氏がかつて所有していたアメリカ・フロリダ州マイアミビーチにある豪邸が、4150万ドル(約41億円)で落札されました。 この豪邸は、ヴェルサーチ氏が1997年に殺害された現場でもあります。

            故ジャンニ・ヴェルサーチの豪邸

・ 豪邸を落札したのは、ジーンズブランドのジョーダッシュのオーナーで投資家のジョー・ナカシュ氏が率いる企業グループ「VM South Beach」。 競売にはアメリカ富豪ドナルド・トランプ氏の息子、エリック・トランプ氏も参加したそうです。

・ 寝室10部屋のほかバスルームが11部屋あるこの豪邸は、2500万ドル(約24億8000万円)から入札が開始されました。

・ ヴェルサーチ氏は1997年7月、1930年代に建てられたこの豪邸前にある階段部分で連続殺人犯によって射殺されています。 殺害当時、50歳でした。 事件後、邸宅は遺族らによって1900万ドルで売却されています。

・ 落札したVM South Beachは、豪邸をホテルに改装する予定です。 ナカシュ氏らのグループは、隣接するホテルの権利を既に所有しており、これを拡大させる構想だとしています。 また豪邸を所有していた故ヴェルサーチ氏に敬意を払いたいとして、名前の使用許可を遺族らに求めていることを明らかにしました。



 日本でも一世風靡をした、あの高級ブランドでしたが・・・

 しかし、2009年、「ヴェルサーチ」の日本法人は、世界不況のあおりもあり、 東京の本店、国内直営店全4店舗を閉店させ、かつてドル箱と言われた日本からの事実上の撤退をしています。



 自転車で時速133.78キロ、オランダ人男性が最速記録

・ アメリカ・ネバダ州バトル・マウンテンで、自転車の最速記録を競う大会が開催され、オランダ人のセバスチャン・ボイヤー氏(26)が時速133.78キロを記録し、世界記録を更新しました。

              自転車で時速133.78キロ

・ 今年14回目を迎えた同大会「World Human Powered Speed Challenge」は、リカベントというタイプの自転車で200メートルの直線コースで出た速さを競うというものです。

・ 今回の車種は、車体全体をカーボンファイバー製などのスムーズなフェアリングで覆ったストリームライナーというものです。

          ストリームライナー・モデル ストリームライナー

・ ボイヤー氏の記録は、2009年にカナダ人が打ち立てた記録を時速0.6キロ上回りました。


 
 ここまで来ると・・・人間の能力もポルシェ並みですね。

 さて、その能力を生み出す燃料は・・・?





           十五夜前夜

   明日は・・・十五夜ですよ。 月が観られますように・・・!




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード