月に祈りが届きますように・・・

 北海道の屋根、大雪山系・・・初冠雪と紅葉のコントラスト

            冠雪

・ 旭川地方気象台は19日、旭岳(2291メートル)の山頂付近で初冠雪を観測しました。 上空に10月中旬並みの寒気が入り込んだためで、史上2番目に遅かった昨年より25日早く、平年より6日早かった。

・ 旭岳は山頂付近が一面雪に覆われ、紅葉の最盛期を迎えた中腹と対照的な景色が広がっています。

 札幌管区気象台によると、19日朝の北海道内各地の最低気温は十勝管内上士幌町ぬかびら源泉郷で3度、伊達市大滝で3・3度、後志管内喜茂別町3・7度など、10月上旬並みに下がったところもありました。

 


    今日は・・・満月の中秋の名月(十五夜)

          十五夜

・ 今日は旧暦の8月15日。 今夜の月は「中秋の名月」・・・中秋の名月は必ずしも満月とは限りません。

・ 一昨年、昨年、今年は3年連続で満月ですが、来年以降はしばらく「少しだけ欠けた名月」の年が続きます。 次に満月と重なるのは、8年後です。 東京オリンピック開催の年の、さらに1年後・・・です。



 月月に月見る月は多けれど 月見る月はこの月の月 (詠み人知らず)

     (「月」が8回あり、「この月」が8月であることを示しています)



 団子 ・ 中秋の名月を鑑賞することはこれまた中国から伝わってきました。

・  奈良時代にはすでに宮中などで月見の宴を開いていたと歌集や物語に書かれているそうです。 また、庶民の間では、月を神聖なる神としてあがめ、農民は秋の収穫物を供えて五穀豊穣を祝い感謝する祭りをしていました。

・ 中秋の名月は「十五夜」と呼ばれるのは有名ですが、旧暦9月13日の夜を「十三夜」と呼んで、十五夜の次に月を鑑賞する日になっています。 2013年の十三夜は10月17日(木)です。

・ 十五夜はまたの名を「芋名月」、十三夜のことを「豆名月」「栗名月」と呼び、どちらか一方の月見だけをするのは「片見月」として嫌われていました。




 
            ねこ


            Woman 言いかけて やめた口ぐせの後で
           Woman ため息をついてみたり 泣きだしたり

           媚薬を含んだ Oh 刹那色のルージュ
           もつれた運命の糸に 操られ

           Woman 貴女は「永遠などない」といつか
           僕を困らせ 砂漠の街へ 消えてゆく
           うつろな瞳は Oh 瞬きさえ忘れ
           窓を開けて 夜を待ちながら 「・・・愛になる」

           月に祈る 貴女の夢は美しく
           ガラス細工の風は いつも優しい
           月に祈る 貴女の夢は美しく 僕の心を奪う

           憂いを抱いた 貴女の言葉に
           救われていた Ah 生きていく事の罪さえも

           月に祈る 貴女の夢は美しく
           ガラス細工の風はいつも優しい
           巡り逢いに 気づくはずもない
           貴女だけ 雲に隠れた 夜半の月かな

           月に祈る 貴女の夢は美しく
           ガラス細工の風は いつも優しい
           月に祈る 貴女の夢は美しく 僕の心を奪う

           僕の心を奪う

           僕の心を奪う 



            3いのり



 花粉飛散が長びく見込み・・・秋の花粉症に注意

・ 2013年秋の花粉飛散に関する調査(エスエス製薬)結果によると、今年の秋は花粉の飛散が長びく見込みといいます

・ 鼻水やくしゃみなどの症状が出る人は、風邪だと簡単に自己判断せずにアレルギー検査を受けて予防策を講じることが重要だと、同調査は呼びかけています。


・ 秋の花粉症は、春の花粉症を引き起こすスギやヒノキ花粉と異なり、道端や川沿いに生えているブタクサやヨモギなどキク科の雑草の花粉が原因とされています。 通常は、8月頃から日本各地で飛び始め、9月中にピークを迎えて10月まで続くと言われます。

       花粉症

・ 今年の秋花粉は、今年は9月と10月も全国的に例年より気温が高く、降水量が多いことが見込まれ、高温多雨の影響により通常は9月にピークを迎えるはずのブタクサの花粉飛散が10月にずれ込む見通し。 そのため、全体的に飛散期間が長期化することが予想されます。

・ ブタクサは高さが30―150cmほどの植物で繁殖力・環境適応力が強く、 道路わきや公園、河川敷、あるいは都市のコンクリートの隙間まで日本全国に広く分布。 風に乗って数キロ―数百キロ先まで飛散するスギやヒノキ花粉と違い、ブタクサの花粉は数十~数百メートルほどしか飛ばない。 また、太陽が昇り始める早朝から午前中にかけて多量に飛散する傾向にあります。

・ 特に晴れた日の午前中は、土手や公園などの運動や行楽は避けた方が良い。 また、ブタクサが多い場所の通勤や通学、レジャーの際には、マスクや花粉症対策めがねをかけるといった予防策が必要でしょう。

・ さらに、残暑が厳しい年は、スギの花粉が季節を勘違いして秋に飛び始める事例も過去にあったことから、今年はブタクサに加えてスギ花粉が飛ぶ可能性もあるようです。





              つき


           月に祈りが届きますように・・・



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード