「ポップコーン」と「キャラメル」は・・・食べられません。

 今日のサッポロは・・・白い世界です。

 積雪も一夜にして、10cm近くに・・・熔け出した雪道に難儀する今日です。

 ホワイト・イルミネーションは、雪に輝いています・・・。




 今日、11月28日は「太平洋記念日」

         太平洋

・ Pacific Ocean(平和な・穏やかな大洋=「太平洋」)と名付けたのはポルトガルの航海者マゼランです。
・ 1520(永正17)年、彼がマゼラン海峡を通過して太平洋に出たのがこの日とされ、そのとき、天候がよく平和な日が続いたために命名したといいます。

 
               船


 太平洋、南シナ海周辺は、中国の防空識別圏拡大設定で台風の目になりそうな気配です。

 ここまで、わが中国の権利・・・と、勝手放題でどうしましょう・・・。



 感謝祭前に2羽命拾い・・・アメリカ大統領が恒例の七面鳥「恩赦」

・ オバマ・アメリカ大統領は27日、ホワイトハウスで毎年恒例となっている、七面鳥への「恩赦」を発表しました。

・ アメリカでは28日にサンクスギビング(感謝祭)が祝われ、多くの家庭で七面鳥が食卓に上がります。

・ 大統領は娘のマリアさんとサーシャさんらが見守る中、七面鳥に手をかざして恩赦を言い渡しました。

  七面鳥「恩赦」


・ 恩赦を受けて命拾いしたのは、「ポップコーン」と「キャラメル」と名付けられた2羽。 ミネソタ州で育ち、恩赦を言い渡された後は、ワシントン近郊にある初代大統領ジョージ・ワシントン邸宅、マウントバーノンで公開される予定。



 アメリカの感謝祭での食事

・ 伝統的な正餐のメインディッシュとなるのは、角切りにしたパンを用いた詰め物(「スタッフィング(stuffing)」または「ドレッシング(dressing)」と呼ばれる)をした大きな七面鳥の丸焼きです


   アメリカの感謝祭での食事2

 
・ そのため、感謝祭の日は「七面鳥の日」(Turkey Day)と口語的に呼ばれることもあります。

・ 切り分けた七面鳥にグレービーソースとクランベリーソースを添えます。 ベジタリアン向けには、七面鳥を模し豆腐や麩で作った食品(トーファーキーなど)も市販されているようです。

・ 副菜には、マッシュポテトとグレービーソース、オレンジ色のサツマイモの料理、さやいんげんのキャセロールなどが一般的です。 デザートには、アップルパイやパンプキンパイが供されることが多い

・ 感謝祭の伝統的な食事をいつ摂るかは、昼食、夕食、午後4時ごろなど、家庭によって異なります。 また、ほとんど同じ献立をクリスマスの正餐に用いる家庭が多いといいます



 アメリカも食文化は・・・?

 Tボーンステーキの大きさに圧倒されるも、味は・・・。
 
 日本人の味覚では、満足する食事とは申せないでしょう・・・ね。



 赤の広場にヴィトンの巨大スーツケース・・・批判噴出で撤去へ

・ モスクワ中心部の「赤の広場」にフランス高級ブランド「ルイ・ヴィトン」が、スーツケースの形をした巨大展示場を設置したところ、共産党議員らから「目障りだ」などと批判が噴出し、大統領府が撤去を命じる事態になりました。


  ヴィトンの巨大スーツケース


・ この展示場は高さ9メートル、幅30メートルの大きさで、12月2日にオープンする予定でした。 展示場での収益は慈善団体に寄付されることになっていた。

・ 巨大展示場について、共産党議員は、「国の象徴とも言える広場にスーツケースが置かれたことを恥ずかしく思う。 神聖な場所は国が守るべきだ」と非難しました。

・ 大統領報道官は記者団に対し、「スーツケース自体に問題はなく、善意に満ちている。 ただ、その大きさに問題があるのは明らかだ」とコメントしたとか・・・。

・ 一部のメディアからは、市民に是非を問うことなく、明確な責任者も不在のまま設営されたこの巨大広告施設を、裏取引で何でも可能になる現代ロシアの象徴だと位置付ける指摘もあったが、国民の中には悪くないと見る人もいたようです。

・ 観光客の中には、「ロシアでは何もかも禁止したがる。 私たちにはユーモアも創造性も欠けている。 想像力もない」と嘆き、「もしそういった特質を持っていたらヴィトン1個くらい許していたはず」と語っています。



 栄光の赤の広場も・・・資本主義に毒されたとお嘆きの様子です。

 巨大スーツケースの広告費用を出しても、十分回収できる販売が見込めるロシアで・・・。

 どうも、共産党の栄光は・・・遠い過去へ消えてしまったようです。




           ムーミン

  11月も、実質、明日が終わりに・・・。 どうしましょう。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード