恋人がサンタクロース ・・・?

 あ・ぁぁ、あと二週間余りでクリスマスです。

 サンタクロースは・・・?




        昔 となりのおしゃれなおねえさんは
       クリスマスの日 私に云った
       今夜 8時になれば サンタが家にやって来る

       ちがうよ それは絵本だけのおはなし
       そういう私に ウィンクして
       でもね 大人になれば あなたもわかる そのうちに

       恋人がサンタクロース
       本当はサンタクロース つむじ風追い越して

       恋人がサンタクロース
       背の高いサンタクロース 雪の街から来た

       あれから いくつ冬がめぐり来たでしょう
       今も彼女を 思い出すけど
       ある日遠い街へとサンタがつれて行ったきり

       そうよ 明日になれば 私も きっとわかるはず

       恋人がサンタクロース
       本当はサンタクロース プレゼントをかかえて
 
       恋人がサンタクロース
       寒そうにサンタクロース 雪の街から来る

       恋人がサンタクロース
       本当はサンタクロース つむじ風追い越して

       恋人がサンタクロース
       背の高いサンタクロース 私の家に来る・・・



                パパサンタ22



 「赤ずきんちゃん」はどうやって広がったのか?・・・「赤ずきんちゃん58の童話を研究」 イギリス研究

・ ヨーロッパでは金髪の白人に描かれることの多い赤ずきんちゃんですが、ダラム大学の人類学者がこのおとぎ話の起源をたどっていったところ、彼女にはアフリカやアジアのご先祖様もいたかもしれません。

           赤ずきんちゃん2

・ あるイギリスの研究により、現代の「赤ずきん」に、中国や日本、韓国の似た民話とのつながりが発見されました。 人間とチンパンジーが同じ祖先を持っているのと同じく、この手の童話にも起源があるというのが専門家の見方です。

・ 紀元前一世紀にヨーロッパや中東で人気だった「狼と子供」というお話では、狼が乳母の山羊に化けて彼女の子供たちを食べてしまいます。 約1000年後、狼がそのままですが山羊は赤ずきんのおばあさんに変わります。

・ また、アフリカやアジアでは、狼のかわりに人食い鬼や虎になります。

・ ダラム大学の人類学者が、通常生物学で使われる生物系統樹を使って関連する58の童話をまとめたところ、あるアフリカの民話も「赤ずきん」も「狼と子供」から派生していることが発見されました。

・ また、中国の民話がシルクロードを通って「狼と子供」や現代の「赤ずきん」になったという説について、実は逆に中国の民話がヨーロッパの民話から派生したものだと言っています。

・ この手法を他の童話にも適用して研究をすすめる方針で、この研究が古代の人類の移動パターンも明らかにするかもしれないと考えているそうです。



             ウォルター・クレイン画


 『赤ずきん』は、童話の1つで、ペロー童話集やグリム童話にも収録されています。

・ グリム童話における『赤ずきん』のあらすじは・・・

1.赤ずきんと呼ばれる女の子がいた。彼女はお使いを頼まれて森の向こうのおばあさんの家へと向かうが、その途中で一匹の狼に遭い、唆されて道草をする。

2.狼は先回りをしておばあさんの家へ行き、家にいたおばあさんを食べてしまう。そしておばあさんの姿に成り代わり、赤ずきんが来るのを待つ。

3.赤ずきんがおばあさんの家に到着。おばあさんに化けていた狼に赤ずきんは食べられてしまう。

4.満腹になった狼が寝入っていたところを通りがかった猟師が気付き、狼の腹の中から二人を助け出す。

 赤ずきんは言いつけを守らなかった自分を悔い、反省していい子になる。



 いい子になれば・・・キャサリン妃のようになれる夢をもてます。 ハィ


 3,990円のネックレスでドレスアップ・・・イギリス・キャサリン妃

・ 先日、映画『Mandela: Long Walk To Freedom(原題)』のプレミアに出席したキャサリン妃が、Zaraのネックレスを身につけていたことが明らかに・・・白のロングドレスの胸元で輝くゴージャスなネックレスはZaraのアイテムで、そのことが報じられてからアメリカのサイトではすでに完売!だそうです。


    英キャサリン妃2  3,990円のネックレス


・ キャサリン妃の愛用品が瞬く間に売り切れるという、「ケイト・エフェクト」現象がまたもや再熱です。

・ 私服ではなく、あえてドレスにZaraのアイテム(3,990円)をセレクトするのがキャサリン妃流。 ドレスはRoland Mouretで約$2,400ですが、今から4年前の2009年コレクションのものだとか。 ちなみに、シンプルな黒のクラッチはマルベリーでシューズはプラダでした。
 


 ネックレスを買い足して、今年風にアレンジした着こなしは、さすがです!



 ザラ (ZARA)・・・ は、スペイン・ガリシアのアパレルメーカーであるインディテックスが展開するファッションブランド。 1975年にスペインのア・コルーニャに第1号店をオープン以来、積極的に世界中に出店しています。

・ 子供服から婦人服・紳士服まで幅広く展開しています。 アメリカ・ヨーロッパ・アジアに進出しており、特にヨーロッパでの人気が高い。


    ZARA広告2


・ 高いファッション性の割に価格は手頃です。 その理由のひとつとして、デルやトヨタ自動車と同様の「サプライチェーン方式」を採用している点にあります。 流行が広告戦略と密接なアパレル業界では、意図的な流行創出のために広告と流行服を大量供給する前の準備期間が必要で、新商品が発売されるまでにおよそ9か月かかるのが業界平均です。 しかしザラでは流行と同期しない製品作りをしているため、新商品が2週間、最短でわずか1週間で開発され、全世界の店舗に送られます

・ ただし、流行と同期しないことはデッドストックが発生するリスクがあり、その回避のために商品1種類あたりの在庫点数を少なくして、売り切れても補充はされない。 

・ このような商品サイクルにより、消費者に決定権がありがちな商品寿命をメーカーが握る形になり、結果的に商品の入れ替わりが激しくなるので、「今のうちに買っておかないと、もう入手できないかもしれない」という消費者の心理を利用することにもつながっています。

・ 現在は東欧・西アジア・南アジア・中国などでの製造を行っており、一方で広告費を低く抑え、利益は新規出店に回すというユニークな経営方針をとっています
。 日本では東京・渋谷に初出店した後、東京を中心に各都市に店舗展開しています



  2012年版の「世界の小売業ランキング TOP250」では、世界最大の企業はスペインのインディテックス(Inditex)で、売上高は191億5700万ドル(1兆7919億円)。 ZARA(ザラ)やPull and Bear(プル・アンド・ベア)などのブランドを展開し、店舗数は全世界で5,500以上に上ります。

・ 2位はスウェーデンのH&Mで、売上高は169億7400万ドル(1兆5877億円)。 3位はアメリカのGAPで145億4900万ドル(1兆3609億円)です。

・ 一方日本からは、UNIQLO(ユニクロ)を運営するファーストリテイリングが5位に、しまむらが7位にランクインしています。



 円高の恩恵 ? ユニクロがGAPを猛追し、逆転か・・・ファッションでの日米対決です。 


 
 こちらは、アメリカ企業のマクドナルド、日本市場ではわが世を謳歌もどこへ・・・今月も、あ・ららら~ ?



 顧客の声を聞く企業体質に・・・今月もマクドナルド不振

・ マクドナルド、モスバーガーともに、11月度の月次販売レポートが発表されましたが・・・?  

・ マクドナルドの不振は増幅。 モスバーガーは順調に推移です

                       (Mc)   (Mos)

           全店売上高    -9.5    103.1
           既存店売上高  -10.4    101.1
           客数        -14.4     98.7
           客単価       4.7    102.5


・ ここ数年の業績不振は・・・外部要因にした言い訳も通用しないのは明白です。

・ 顧客ニーズとの乖離を、気づかない経営感覚が問題でしょうね。



 今や、ハンバーガーの家も・・・ジンジャーブレッドの家に取って代わられる ?


 卵7200個使った巨大お菓子の家・・・ギネス世界記録更新

・ アメリカ・テキサス州ヒューストンから北西に約150キロ離れたブライアンで、高さ6.4メートルもある世界最大のジンジャーブレッドの家が作られ、菓子類で作られた最大の構造物としてギネス世界記録に認定されました。


   お菓子の家


・ この巨大ジンジャーブレッドは、テキサスA&M大学の近くにあるゴルフクラブが、地域の病院向け募金活動の一環として作成。 卵7200個のほか、バター約820キロ、砂糖約1300キロ、小麦粉約3200キロ、ショウガ約30キロが使われているといいます。 パネル型に焼き上げたジンジャーブレッドを木枠の家に貼り付けて建てられており、砂糖やキャンディーなどで飾り付けも施されています。

・ 今のところ風雨には持ちこたえていますが、大量のハチが集まるという想定外の事態が発生。 「飛んできたハチは砂糖をたくさん吸って酔っぱらったようにフラフラしているそうです。 ただ、まだ誰1人として刺されていない」とか・・・。




             パパサンタ22
 

       今年はあなた以外は宅配便 ?

     煙突がない家が多くなったので・・・ねぇ。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード