何か、匂いそう・・ですね。


いや~・・・の天気に、サッポロは大荒れなりました。

午後からチラついていた雪が、夕刻には猛吹雪に大変身です。

交通機関は、大混乱です・・・。



 12月13日は・・・正月事始め,煤払い,松迎え

・ 年神様を迎える準備を始める日。 昔はこの日に、門松やお雑煮を炊くための薪等、お正月に必要な木を山へ取りに行きました。

・ 江戸時代中期まで使われていた宣明暦では、旧暦の12月13日の二十八宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに「吉」であることから、正月の年神様を向かえるのに良い日として、この日が選ばれたようです。 

・ 一般的には13日には、江戸中で「煤払い」をするのが慣わしとなっていました。 きっかけは江戸城で煤払いが行われる日だった(実際には1日から12日までにかけて掃除をし、13日には祝儀をしたそうだが)からで、江戸中の家が一斉に大掃除をするようになったといいます。


           すす払い


・ 現代の生活では煤が出ませんが、江戸時代には室内で火を使うと煤がたまった。 先に笹や藁を付けた長い竹竿を使って、軒先や天井などの高いところに付いた煤を払い落とすのが煤払いです。

・ ただし、単なる大掃除ではなく、新年を迎えるに当たってのお清めの儀式でもあったようで、落語に登場する大きな店などでは、食事や酒が振る舞われ、時には胴上げをしたりもしたという。 掃除が終わると、早い就寝が許された、つまり奉公人などの夜遊びも許されたということのようです。

・ その後の暦では日附と二十八宿とは一致しなくなったが、正月事始めの日附は12月13日のまま固定され今に至ります。

・ しかし、正月事始めの風習は現代も続いており、餅つきや「歳末大売り出し」のセールなどもあれば、門松や注連飾りを飾って正月を迎える家庭もあるとか・・・。


          莠ャ驛ス_convert_20131213205304


・ 京都の花街・祇園では、今でも13日に「正月事始め」が行われ、舞妓(まいこ)さんたちが日ごろからお世話になっている踊りの師匠やお茶屋を訪れ、一年のお礼と新年に向けた挨拶を行っています。



 お正月となれば・・・お雑煮、お節料理と「和食」の世界です。

 和食が「無形文化遺産」登録決定は、食の日本文化が一層世界へ広がるチャンスです。



 忘年会、真っ盛りで・・・鍋も良いですね。 しかし、武士は喰わねど高楊枝・・・? 


  武士の献立 (小学館文庫)2 「武士の献立」 大石 直紀 (著)   (小学館文庫)

● 料理に生きる「包丁侍」を描く話題の時代劇

・ 気の強さが仇となり1年で婚家を離縁された娘・春。 しかし彼女は優れた味覚と料理の腕を持っており、それを加賀藩の料理方である舟木伝内に見込まれ、息子の嫁にと懇願される。 一度は断るも、熱心な伝内のアプローチにより嫁入りを承諾する春。 

・ 江戸から長旅の末、加賀に到着した彼女を待っていたのは、4つも年下で、料理にはまったく関心のない夫・安信だった。  料理方の家に生まれた安信だったが、武士は武道に励むものと、自ら「包丁侍」になることにはまったく乗り気ではなかったのだ。

・ 嫁入り早々、舟木家では親戚方に料理を振る舞い、その出来を吟味する「饗の会」が開かれた。それは安信が舟木家の後継者にふさわしいと認めてもらう絶好の機会だったが、安信がつくった料理はまったく不評で、それを見ていた春がこっそりつくりなおすと、その美味しさに今度は集った一堂は賛辞を呈する。 

・ そのことを知った安信は春に怒りをぶつけるが、春はそんな安信に包丁の腕比べを申し出る。 それは春が勝ったら安信に料理指南を受けてもらう、安信が勝ったら春と離縁するというものだった。 包丁勝負は春の勝利に終わり、安信は春から料理の猛特訓を受けることになるのだった。




 映画「武士の献立」  劇場公開日 2013年12月14日


          映画・武士の献立


・ 君主とその家族の食事をまかなう役割を担うことから「包丁侍」と呼ばれた武士の料理人の家に嫁いだ娘が、夫や家族と絆を深めていく姿を描くヒューマンドラマ。 

・ 御算用者(経理係)として藩に仕えた「そろばん侍」の家族生活を描いた「武士の家計簿」(2010)に続き、江戸時代の加賀藩を舞台に描くシリーズ第2弾。


            武士の献立4


・ 優れた味覚と料理の腕をもつが、気が強いために1年で離縁されてしまった春は、加賀藩の料理方である舟木伝内に才能を見込まれ、舟木家の跡取り息子・安信と再婚する。 安信は料理が大の苦手で、春は姑の満の助けも借りながら、夫の料理指南を始めるが……。


            武士の献立3


・ 春役は約8年ぶり映画主演となる上戸彩、夫の安信に高良健吾。 監督は「釣りバカ日誌」シリーズの朝原雄三。



 うそ~、靴一足が・・・? 冗談です。 えっ、本当なの! 


 M・ジョーダンの靴が1000万円超・・・1997年、ファイナルで着用

・ アメリカ・プロバスケットボール協会(NBA)の元スーパースター、マイケル・ジョーダンが、「インフルエンザ・ゲーム」と呼ばれる1997年の試合で履いていたシューズが、競売で10万4765ドル(約1085万円)で落札されたそうです。

 ■ M・ジョーダン2 ・ ブルズに所属していたジョーダンは1997年6月11日に行われたファイナルで、ジャズ戦で吐き気や疲労に苦しみながらも勝利に導きます。 落札されたシューズはこの試合で使われたもので、当時のボールボーイが試合後にジョーダンからサイン入りでプレゼントされ所有していました。

・ 落札価格は、スポーツ選手のシューズとしては過去最高額です。 これまでの最高額は3万1070ドルで、先月に落札されたジョーダンのシューズでした。



 何か、匂いそう・・ですね。    


               料理


              和食も良いけれど・・・こちらも ?




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード