時よ止まれ! 僕たちはすることが一杯ある!!

 何日振り・・・青空がひろがります。

 気温もプラスも、午後からはマイナスへ。 まだまだ、凍える日々が続きます。



 こんな寒さには、ホットな飲み物を・・・ええ、ホットウイスキー何かをです。


 サントリーが超大型買収へ・・・。 

・ 今回、買収を行うのは、上場企業のサントリー食品インターナショナル(以下サントリーBF)ではなく、グループの持ち株会社であるサントリーホールディングス。

・ 買収先はアメリカ蒸留酒大手の「ビーム社」で、買収総額は160億ドル(約1兆6500億円)にのぼります。 

・ これは日本企業による海外企業の買収としては、日本たばこ産業によるイギリス・ギャラハ-社(約2兆2530億円)、ソフトバンクよるイギリス・ボーダフォン日本法人(約1兆9172億円)、同アメリカ・スプリント・ネクステル(約1兆8000億円)に次ぐ規模となります。

・ ビーム社はバーボンウィスキーの「ジムビーム」、「メーカーズマーク」のほか、スコッチウイスキー、コニャック、テキーラ、ウオッカまで幅広い蒸留酒の品ぞろえを有しています。 売り上げ規模は約25億ドル。

・ 両社のスピリッツ(蒸留酒)事業の合計は43憶ドルをイギリス・ディアジオ社、フランス・ペルリ・リカール社に次ぐ世界第3位となります。 


           順位


     ビーム社2



◆ メーカーズマーク (Maker's Mark)は、バーボン・ウイスキーの銘柄。 製造はケンタッキー州ロレットの蒸溜所。 一般的なバーボンと違い、原料にライ麦ではなく冬小麦を使用しているため独特の柔らかい口当たりがあります。

・ 特徴はボトルの一つ一つにしてある封蝋。 これら封蝋は現在でも全て手作業でおこなわれているため、それぞれのビンによって微妙に形が違う。 また、封蝋の方法に個性がでるため「これは○○さんの封蝋」など誰による封蝋か見分けることができます


           びんづめ 



            忘れてしまいたい事や
           どうしようもない寂しさに
           包まれた時に男は
           酒を飲むのでしょう

           飲んで 飲んで 飲まれて 飲んで
           飲んで 飲みつぶれて寝むるまで 飲んで
           やがて男は 静かに寝むるのでしょう

           忘れてしまいたい事や
           どうしようもない悲しさに
           包まれた時に女は
           泪みせるのでしょう

           泣いて 泣いて 一人泣いて
           泣いて 泣きつかれて寝むるまで 泣いて
           やがて女は 静かに寝むるのでしょう

           又ひとつ 女の方が偉く思えてきた
           又ひとつ 男のずるさが見えてきた

           俺は男 泣きとおすなんて出来ないよ
           今夜も酒を呷って寝むってしまうのさ
           俺は男 泪は見せられないもの

           飲んで 飲んで 飲まれて 飲んで
           飲んで 飲みつぶれて眠るまで 飲んで
           やがて男は 静かに寝むるのでしょう



            酒



 世界の名言に見る「恋ってなんだろ?」


             rose_convert_20140114194113.jpg
          

・ 世界の名言に「恋ってなんだろ?」と尋ねてみました。 世界の名言は「わからない」とは言わず、いくつかの答えらしきものも・・・さっそく紹介しましょう。


◆ フランスのことわざから・・・。

 恋愛における唯一の勝利は、潮時を見て逃げ出すことである

・ このことわざは、男性がつくったのでしょうか。 女性がつくったのであれば「恋愛における唯一の勝利は、男が逃げ出す前に、男を丸裸にしてしまうことである」とかなんとか言いそうです。


 林語堂2  ◆ 続いて中国・・・林語堂の言葉。

 恋愛は、それ自身ひとつのおきてのようなものであり、その人間の進路を定めてしまう 

・ 恋愛って洗脳という側面もあるので、気を付けようということでしょうか。


 ロマン・ロラン2  ◆ かの有名なノーベル文学賞を受賞した、フランスの作家ロマン・ロランの言葉。

 恋は決闘です。 もし右を見たり左を見たりしていたら敗北です。

・ 彼は平和主義者として有名でしたが、こと恋愛に関しては「決闘」という言葉を使うんです。 26歳で結婚して結婚生活が10年持たずして離婚していますから、恋に対してはわりと戦闘態勢的な考えを持つに至ったのかもしれません。


 有島武郎2 ◆ 我が日本の作家・有島武郎の恋愛論は・・・。

 愛は自己への獲得である。愛は惜しみなく奪うものだ。 愛せられるものは奪われてはいるが不思議なことには何物も奪われてはいない。 然し愛するものは必ず奪っている。

・ わりと私小説的な作風で知られている有島らしく、もってまわった独特の言い回しですが、要するに、彼は最期は心中をしてしまいます。

・ 遺書のひとつには、

 愛の前に死がかくまで無力なものだとは、此(この)瞬間まで思はなかつた

とあり、結局、愛に翻弄された人生だったのかもしれません。 奪い奪われることに疲れたな・・・ということかもしれません。


◆ 最後はフランスのメリットという方が書いた言葉です。

 恋はスペインの宿屋に似ている。 あるものといえば自分が持ってきたものばかり

・ どんなに恋に恋焦がれても、身の丈以上の恋はできないよ・・・ということでしょうか。


◆ 日本流に言えば、こういうことかもしれません。

 生きてるだけで、まる儲け ( 明石家さんま )



 むずかしく「恋ってなんだろ?」と考えるより、まずやってみたほうがいいもの。 

 それが恋ではないか・・・と思います。 ハイ



            バラ一輪


        アラン・ドロン2

  時よ止まれ! 僕たちはすることが一杯ある!!

   ( 最近のフランスでのTVインタビューでのアラン・ドロンの言葉 )




 ローマ法王のハーレー、サイン入り革ジャンが競売に

・ ローマ法王フランシスコに昨年6月に寄贈されたハーレーダビッドソンのバイクが、パリで競売に掛けられることになりました。 ガソリンタンクの部分には法王のサインが記されているという。


          法王のハーレー22


・ 競売会社によると、売上金はカトリック系の慈善団体に寄付されます。 予想落札価格は、1万2000─1万5000ユーロ(約170万円─210万円)。


          法王のハーレー11


・ このバイクは昨年6月、同社創業110周年を記念して法王に贈られたもので、実際に法王が乗ったかどうかは不明。 また、今回の競売では法王のサインが入ったハーレーの革ジャンパーも出品されるとか・・・。




           パパ

   Hotに、Coolと、体温の定まらない日々です・・・?



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード