シースルーなら・・・やはり、美しさで!

 今日のサッポロは、日中でもマイナス5℃前後の気温です。

 つらら11  頬がピリピリと凍てつくようです。

 これでは、私は冬眠させて頂きます・・・と云いたくなりますね。




 研究者が「太陽の活動が休止状態」・・・「ミニ氷河期に突入する可能性がある」と警告

・ 日本では連日厳しい寒さが続いていますが、欧米をはじめとした海外でも同様です。 ナイアガラの滝が凍ったなどのニュースに驚いた人も多いのではないでしょうか?


          ミニ氷河期11


・ そんな世界的に寒い状態が続く中、海外では「ミニ氷河期に突入するかも」という声も・・・。 「氷河期なんて大げさな」と思うかもしれませんが、太陽を観察するとイヤな兆候が見られるといいます


       taiyo2.jpg


◆ 過去にもあったミニ氷河期

・ 今から300〜400年ほど前、かつて地球上でミニ氷河期と呼ばれる時期があったのをご存じでしょうか?  1645年から1715年にかけての70年間は、マウンダー極小期と呼ばれるミニ氷河期。 ロンドンのテムズ河が凍ったりするなど、異常な寒さに見舞われました。

・ そして、その時期には、太陽の表面にある黒点の数が少なくなる現象が見られたのです。


◆ ミニ氷河期と似た現象が現在も

・ 実は2012年から、太陽には、そのマウンダー極小期と似たような現象が見られています。 つまり、黒点の数が少ないのです。 なお、太陽の活動周期を考えると、本来は2013年から黒点の数が増えるはずが、今だに少ないままらしい。

・ そんな太陽の状態に関して、NASA は「何か予想外のことが起きている」と発表。 そして、今年、世界中が強烈な寒さに見舞われることに・・・。

・ このような状況を受けて、研究者の間では「太陽の活動が休止状態にある」、「今後気温が急降下するかも」と警告する声が上がっています。 また、なかには「ミニ氷河期が再来する可能性がある」と考えている人もいます。


      ミニ氷河期a


・ イギリス・ラザフォード・アップルトン研究室のリチャード・ハリソン氏もそのうちの1人。 「本来、活発になる時期に、太陽の活動が弱まっている。 太陽物理学者を30年やっているが、こんなことは経験がない」と語るハリソン氏は、このままマウンダー極小期と似たようなミニ氷河期になる可能性もあると述べています。

・ また、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのルーシー・グリーン氏も同様です。 昔と比べて人間の活動が活発化していることもあり、結論を出すのは難しいとしながらも、「私たちは400年分の記録を持っているが、今の状況はマウンダー極小期へと至る段階の状態に似ている」とのことです。

・ もちろん、研究者によって意見が異なり、「ミニ氷河期になる」という考え方に異を唱える人もいます。



  世界を襲っている、寒波のニュースを見ると・・・。

  ミニ氷河期に突入する・・・予感もありですか ?




 文庫の累積売上が驚愕の376.5万部・・・「永遠の0」ワンピ超え歴代1位

・ 今週1月27日付けのオリコン“本”ランキングにおいて、全部門を通じた歴代記録が誕生   先月12月9日付けで文庫部門初の累積売上300万部突破を記録した百田尚樹「永遠の0」(2009年7月15日発売・講談社)が、週間10.0万部を売り上げ、今週で累積売上部数を376.5万部とし、BOOK(総合)部門、文庫部門、コミック部門の全部門を通じた歴代1位の累積売上となりました。


             永遠の0


・ なお、これまでの最高は、2011年2月の発売ながら現在も毎週売り上げを伸ばしている尾田栄一郎「ONE PIECE 61」(集英社)が記録した371.8万部でした。

・ 「永遠の0」は、昨年12月に発表した年間ランキング文庫部門1位のニュースと、12月21日(土)の同名映画の公開以降勢いが加速。 文庫部門歴代上位作品の中で唯一、週間売上10万部を超える週のない作品だった同作が、2013年12月23日付けから2014年1月13日付けまで4週連続で週間売上10万部超えを記録したうえ、今週で作品としては最高記録となる5週連続の首位を獲得しています。

・ 映画も同様に今週で5週連続の首位を獲得しており、まだまだ勢いは止まらなさそうです。



 この勢いは、まだまだ続く・・・百田尚樹、ウハウハの笑いは永遠 ?  0 ?  




                一輪の花

   Love and understanding bring joy forever.

           愛と思いやり、それは永遠の幸せをもたらす




 ロンドン・アイに「戦火の馬」・・・舞台版の公演2000回を記念

・ イギリス・ロンドンで上演されている舞台版「戦火の馬」の公演2000回を記念し、舞台に登場する馬「ジョーイ」のパペットが、同市名物の大観覧車「ロンドン・アイ」に乗りました


   戦火の馬


・ 同作は主人公の少年と愛馬ジョーイの絆を描いたストーリー。 2007年にロンドンの国立劇場で上演が開始され、同市では延べ200万人以上、世界全体では460万人以上が鑑賞しています。



 シースルーのお馬さんで・・・なぜ、観覧車にです。 おや、まぁ~でした。

 でも、シースルーなら・・・やはり、美しさで!


 <14年春夏パリ・オートクチュール>ヴァレンティノ

・ フランス・パリ市内で19日から23日まで14年春夏パリ・オートクチュールコレクションが開かれています。 22日には、マリア・グラツィア・キウリとピエールパオロ・ピッチョーリが手がける「ヴァレンティノ(Valentino)」が新作を発表しました。


             ヴァレンティノ


◆ オートクチュール(haute couture)とは、パリクチュール組合(通称サンディカ)加盟店で注文により縫製されるオーダーメイド一点物の高級服やその店のことです。

・ フランス語でhaute(オート)は「高い」、「高級」を意味する形容詞 haut(オー)の女性形、couture(クチュール。女性名詞)は「縫製」、「仕立て服」のことで、高級仕立服を意味します。

・ 1950年代まではパリコレと言えば、オートクチュール・コレクションのことでしたが、パリでは1960年代からスタートしたプレタポルテ(高級既製服)・コレクションがその後隆盛を極め、現在ではプレタポルテ・コレクションとオートクチュール・コレクションの双方を指すようになりました。

・ 毎年1月と7月に開催されるパリ・オートクチュール・コレクションには、サンディカ正式加盟店とフランス国外招待メンバー、招待されたブランドだけが参加できます



              パパ パリ

          いゃ~、目尻が下がりますねぇ・・・。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード