ソチ、コチで慌しい今日の出来事で・・・

  も~も、寒い一日に・・・。

 街角の電光表示の温度計も・・・二桁になると-が表示されません。


 今日も・・・。 -9.9℃から10℃と行き来してしています。

 -表示が必要なのは年数回と、数少ないとの想定だったのでしょう。

 こんな筈ではと、温度計もビックリする今冬の寒さ続きであります。
 



 ソチでは冬季オリンピックが開幕・・・コッチでは雪まつり・・・。

 サッポロも再度の冬季オリンピック誘致へ動くか ? 注目です。


 安倍首相もソッチへ行って・・・東京都知事選の劇場外でホッでしょうか・・・?

 ロシア大統領との会談、北方領土問題もありプッチンしないように・・・です。

 デフレ脱却も、微かに始動し始めたようで・・・・。

 ソチ、コチで慌しい今日の出来事でございます・・・なぁ!



 赤い口紅が黒髪、太眉、白肌とセットで流行 脱デフレ反映か

・ 古代エジプトから使われてきた口紅は、女性の唇を彩る不滅のアイテム。 ここ数年は、淡いピンクやベージュなどナチュラルな色が主流でしたが、ここ最近、若い世代を中心に「赤」人気が高まっているそうです


       赤い口紅流行2


・ 過去に赤い口紅が流行したのは、1950年代の戦後復興期と、1980年代後半のバブル期。 再び火が付いた背景には、景気の回復が影響しているようです。 


 とはいえ、「赤」にもいろいろあるようで――。


・ 「真っ赤な口紅がぐんと売れるようになった」と語るのは、資生堂会長兼社長の前田新造氏(日経新聞1月27日朝刊)。 同紙のインタビューで前田氏は「化粧品産業は女性の心理と密接に関係している産業。 最近はやり出した赤は気分が乗っていて、自己主張が強くなっているときでないと使いにくい色だ。 景気が回復しつつある証しと言えるだろう」と続けています。 アベノミクスが女性たちの好み、ひいては化粧品業界を動かしていると言えます。

・ 実際に女性誌を見ると、赤い唇で微笑むモデルたちが目に付きます。 現在発売中の20代向け雑誌『CUTiE』には、真っ赤な口紅を付けたAKB48の小嶋陽菜が登場。 月9ドラマ『失恋ショコラティエ』に出演中の水原希子や、20~30代女性の圧倒的な支持を得ている梨花らの赤も印象的です。

・ 芸能人も赤の波に敏感なようで、フリーアナウンサーの夏目三久は年明けに放送された「マツコ&有吉の怒り新党 お正月スペシャル」に、真っ赤な唇で出演。 女優の長澤まさみは、昨年秋の「しゃべくり007」で鮮やかな口紅をつけていて、彼女たちのインパクトはネットでも大いに話題となりました。

・ 脱デフレを背景にしたバブル期ファッションの再熱は、口紅に限ったことではない。 カーディガンを背中に羽織って両袖を結ぶ「プロデューサー巻き」や、セカンドバックから名を変えた「クラッチバッグ」、女性の間では「タイトスカート」人気も昨年から復活中です。


・ バブルを知らない若い女性たちにとって、赤いリップは新鮮に映っているのでしょうか


       赤い口紅


・ ライフスタイルジャーナリストの吉野ユリ子氏に、経済だけではない背景を聞くと・・・

「赤い口紅は単独で流行っているのではなく、黒髪、太い眉、白肌といった最近の流行とセットで流行っているようです。 黒髪には、赤い口紅はバランスが良い。 そして最近の若い女性は、メイクに対してポジティブです。 自分のアラを隠すためではなく、より綺麗になるために、自分が楽しむために、メイクをするという意識が高くなっている。 だからナチュラルもいいけど、たまには赤で印象を変えたいという気持ちもあるのではないでしょうか」

 とはいえ、バブル期の赤とは、異なる点もあるという

・ 「赤と言っても目立つための赤ではなく、健康的な赤、血色のよい赤が好まれています。 だから塗り方も、ばっちりではなく、ラフに、たとえばグロスを少し唇におく程度にする。 バブル時代は、口紅に限らずファッション全体に、男性に対抗する、あるいは逆に男性に媚びるといった傾向が見受けられました。 時代が変わり、現在の女性は肩の力が抜けています。ファッションも、女性らしさを楽しむこと、ヘルシーであることが大事。 口紅にもそうした意識は反映されていると思います」 (前出・吉野氏)



 ファッションの流行はめぐるもの・・・。 

 だが時代の空気が反映されることは間違いないようです。




           どんな笑顔すれば
           うそつきじゃないのかな
           どこか宇宙 舞い込んで
           うずく胸伝えたいけど

           欲しいものはすべて
           あなたの中すべて
           赤い血のなか 探検したい
           会えるたび過激になる

           あなたの優しい言葉がとぎれると
           グレイの気がかりざわめいてしまう
           ずるいこと 悪いこと
           もっと 素顔から 始めさせて

           好きだよ あなたのルージュになりたい
           乾くくちびる ひとりじめしたい
           どんな色みなら 愛の熱さになる?
           誰かおしえて PLEASE PLEASE

           allo,allo,Toi Toi…。
           allo,allo,Toi Toi…。 



             キスマーク2



 バレンタインの「嘘」・・・騙す方も騙される方も大変


   バレン写真2


・ ついついバレンタインについてしまったウソ・トップ10を・・・ (同順位あり)

◇ 10位:たくさん貰ったのに「一つも貰っていない」と嘘をついた

・ 誰を相手にウソをつくかによって気持ちも変わりそうです。 “彼女に心配をかけたくなくて”、“男友達の中で浮きたくなくて”、“家族に恥ずかしくて”などいろいろと想像できます。

・ このウソをつける人はバレンタインデーの勝者だけなので、羨ましいウソかもしれませんが・・・。

◇ 10位:「昔は持ちきれないほど貰っていた」と嘘の武勇伝

・ バレンタイン前の飲み会でよく聞きそうなウソです。 男性は格好つけたがる人が多いので、こんな武勇伝を語られたら、素直に感心してあげるといいかも・・・?

◇ 9位:明らかに義理チョコなのに「本命チョコを貰った」と嘘をついた

・ 寂しいウソです……。 義理チョコと本命チョコって見分けるのが難しいこともあります。 男性のプライドからでた発言っぽいです。

◇ 8位:家族からしか貰っていないのに「家族以外に貰った」と嘘をついた

・ 見栄っ張り男性がここにもいました。 家族以外から一つももらえないのは、男性的には辛いのでしょうか。

◇ 7位:忙しいと嘘をついて遅くまで学校や職場に残る

・ 思わず「可愛い!」と思いませんか? 「二人きりにならないと恥ずかしくてチョコを渡せないのかも」と気を遣っているのかもしれませんが、女性から見たら「あの人チョコ欲しくて残ってるんだ」とわかってしまう行動です。

◇ 5位:甘いものは苦手だけど「甘いもの好き」と嘘をついた

・ 普段は甘いものなど食べないのに、バレンタインデー近くになると“甘いもの好き”になる男性はいませんか?

◇ 5位:一つも貰っていないのに「貰ったけどあげた」と嘘をついた

・ 一つももらえない残念な状況はなかなか正直に言えないようです。 こういう反応をする男性は、内心傷ついていそうなのでそっとしておくのがいいかもしれません。

◇ 4位:本当は彼女がいるのに「彼女がいない」と嘘をついた

・ なぜでしょう? 理解しづらい回答です。 チョコレート欲しさに付き合っている彼女を隠すのでしょうか。 しかも第4位と多いようです。

・ バレンタインデーの近い時期は、彼女がいるのかチェックするには向かない時期です。

◇ 3位:好みではない女性に告白されて「彼女がいる」と嘘をついた

・ 辛い・・・。 確かに彼女持ちだと言われれば、告白した女性も諦めがつくかもしれません。 けど! 女性はつかれたくないウソです。

◇ 2位:貰ったチョコを食べなかったのに「美味しかった」と嘘 

・ (5)のバレンタインデーだけ甘党の男性人がつきそうなウソです。 女性は心を込めて時間もかけて手作りしても、実は報われていないチョコレートも世の中には相当な数あるようです。

◇ 1位:嘘をついたことは、一度もない

・ 素晴らしい! ウソはついてもつかれても気持ちよくないもの。 正直でいるのがいちばん良いのです。



 いかがでしょう・・・。 

 バレンタインデーと言う特別な時期なので、特別にお許しを・・・する大きな心も必要かもしれません。




       血がうずく・・・騒ぐ・・・!  眠れない !

          ムーミン族2


        日本、ガンバレ・・・それ、応援だょ!!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード