等身大も受付けております ?

 ようやく ? 気温もプラスへ・・・

 やはり、春の気配というのも気が早いサッポロです。

 さっぽろ雪まつりも終了、静けさが戻った街角・・・ホッとする日々になりました。



 今日はオバチャンたちも含め、やけに若い女性の姿が多いショッピング街です。

 そうでしたね・・・バレンタインも直前でした。



 日本のバレンタインデーの起源は・・・

・ 日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史の起源については、次のようなものがあります。 しかし、判然としていないとか・・・。


           バレンタイン


○ 神戸モロゾフ製菓(現在のモロゾフ)説
・ 東京で発行されていた英字新聞『ザ・ジャパン・アドバタイザー』1936年2月12日付けに同社が広告を掲載したことを重視するものです。 「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーの広告でした。 確認されている最も古い“バレンタインデーにはチョコを”の広告です。 ちなみに以前モロゾフの本社があった最寄り駅の広場はバレンタイン広場の名前があるとか・・・。

○ メリーチョコレートカムパニー & 伊勢丹説
・ 同社が1958年2月に伊勢丹新宿本店で「バレンタインセール」というキャンペーンを行ったことを重視する説です。

○ 森永製菓説、伊勢丹説
・ 1960年より森永製菓が「愛する人にチョコレートを贈りましょう」と新聞広告を出し、さらに伊勢丹が1965年にバレンタインデーのフェアを開催し、これがバレンタインデー普及の契機となったとする説があります。

・ しかし、「バレンタインデー」の文字がある広告が、1956年の西武百貨店や松屋の新聞広告、1959年の松坂屋の新聞広告にも掲載されており、デパート業界では伊勢丹が最初というわけではないようです。

○ ソニープラザ説
・ ソニー創業者の盛田昭夫は、1968年に自社の関連輸入雑貨専門店ソニープラザがチョコレートを贈ることを流行させようと試みたことをもって「日本のバレンタインデーはうちが作った」としています。


・ ただ、いずれにしても、すぐに大きな反響があったわけではなく、商品もあまり売れなかったようです。 

・ 各種の説がありますが、バレンタインデーが日本社会に普及したあとに、自社宣伝のために主張されたために誇張も含まれているようです。



 まぁ~、いろいろな説がありますが・・・所詮、ビジネスでござんせんか。


 義理チョコとホワイトデーは・・・

・ 1970年代後半頃に、女子が男子に親愛の情を込めてチョコレートを贈るという「日本型バレンタインデー」が社会に定着すると、さらに日本独自の習慣が登場します。 1980年前半に登場したホワイトデーと義理チョコです。 


           義理チョコとホワイトデー


・ ホワイトデーの起源については、福岡県の和菓子屋・石村萬盛堂のキャンペーンと、全国飴菓子工業協同組合の構想が注目されています。 1977年に石村萬盛堂は、バレンタインデーの返礼としてマシュマロデーを始めました。 これは社長が女性雑誌の投稿欄を見て思いついたものだといいます。 1979年には他の菓子店と協同で「ホワイトデー」という名称を用いたとされます。

・ 一方、全国飴菓子工業協同組合の主張によると、1978年組合の総会で、「ホワイトデーキャンペーン」の実施が決定され、1980年に第1回「愛にこたえるホワイトデー」キャンペーンが行われたといいます。 そして2回目の1981年には「好きな女の子にキャンデーを贈ろう」というキャッチフレーズが添えられます。 1984年の第5回キャンペーンには各地で品不足になるほどの盛況となり、同組合では、この1984年をホワイトデー定着の年としています。



 義理がすたれば、男がすたる・・・?


 本人とうり二つ? チョコレート製のフランシスコ教皇

・ バチカン市国でローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が、自分をかたどった等身大 のチョコレート像と対面しました。

      本人とうり二つ?2

・ 巨大なチョコレートの教皇像は一般謁見で贈呈されたもので、教皇はどっしりと立つチョコレートの像をしみじみと見つめていたそうです。



 神の愛で・・・溶けそうでございます ?  でも、やはり・・・こちらが気になります。


 コロンビアで「ノーパンツ」ウォーク、生脚さらして行進

           「ノーパンツ」ウォーク11 

           「ノーパンツ」ウォーク22

・ 南米コロンビア・アンティオキア州のメデジンで、ズボンやスカートをはかずに下半身は下着1枚で路上を行進する「ノーパンツ」デーが開催され、多数の男女が参加しました



 「ノーパンツ」デーのご本家は・・・電車内ですぞ・・・。


 世界60都市で「ノーパンツ」デー開催

・ 上半身は普通の冬服だが下半身はズボンやスカートをはかずに下着1枚で電車に乗るアメリカ・ニューヨーク発祥のびっくりイベント「No Pants Subway Ride(パンツなしで地下鉄に乗ろう)」が、世界60都市で同時開催され、乗り合わせた人々に笑いや当惑のひとときを提供したとかです。

       「ノーパンツ」デー2

・ 同イベントは、ニューヨークを拠点に公共の場でのおふざけイベントを企画する集団「インプロブエブリウェア」が2002年にわずか7人で始めたもの。 ルールは簡単で、あらかじめ決められた日時に公共交通機関の特定の路線を下着姿で利用し、周りの人々を驚かせたり笑わせたりするというだけですが、参加者は「通常通り」に振る舞い、真顔を保たなければならない。

・ 「本場」ニューヨークでは、3か月の赤ちゃんから71歳の高齢者まで3000人以上が参加。 12年前にイベントを立ち上げたメンバーの1人は参加者に対し、「もし誰かにズボンをはいいていなことを指摘されたら、単に忘れたと答える。寒いよ、運が悪かった、と言うんだ」とアドバイスしたそうです・・・。



  お犬さんも、見飽きました。 やはり、同類に目が行きます !
 

 今年の最高賞が決定、伝統のアメリカ・ドッグショー

          伝統の米ドッグショー2

・ アメリカ・ニューヨークで、今年で138回目を迎えた、「ウエストミンスター・ケンネル・クラブドックショー」の今年の最高賞に、ワイヤー・フォックス・テリアの「スカイ(Sky)」が選ばれました。


  いや~、お見事・・・堂々とした風格です。 うまれ? 育ち ? ・・・



 パパ  等身大も受付けております ?




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード