もしも願いが叶うなら・・・

 春の息吹を感じる陽射しがいっぱい・・・明るい光に包まれた週末のサッポロです。

 そんな気配に誘われたか、街は人で溢れていました。



 日向にいると、ポカポカの温もり・・・居眠りには最適でありました。 


 ねこのひ  ニャン、ニャン、ニャン ・・・今日は「猫の日」だって !

 

 イケてないルックスのほうが、特徴のないイケメン・美人より印象に残る  ( ドイツ研究 )

・ イギリス紙デイリー・メールによると、平凡な容姿は印象に残りにくいと思われがちですが、ドイツで行われた研究から、「容姿の良い人は、魅力に乏しい人よりも印象を残すことができない」ことが明らかになったそうです。

・ 研究を行ったのはドイツのフリードリヒ・シラー大学イェーナの心理学者。  魅力的な顔の写真とそうではない写真を見せ、どちらがより記憶に残ったかを確認したところ、これまで一般に考えられてきた概念を覆す結果となりました。

・ それによると、人にはより美しい物事を好む性質があり、そのため優れた容姿のほうが印象に残ると思われています。  しかし実際には、美しい顔に対する識別度は精神的な影響によるバイアスが生じてしまうことがあるとか・・・

・ その上で、「美しい上にさらに特徴的な容姿を持つ人は、やはり印象に残りやすく、記憶からも消えにくい」とも指摘しています。  

 アンジェリーナ・ジョリー ・ 女優のアンジェリーナ・ジョリーのように、はっきりした目鼻立ちや魅力的な笑顔、ふっくらした唇は一目で記憶に残ると強調しています。



 「ただし、美しい上にさらに特徴的な容姿を持つ人は別だ」とは・・・当然です。

 所詮、記憶に残っても・・・ただ、それだけです。 

 やはり、プラス「魅力」がなければ・・・「あこがれのマドンナ」 には、なれません。 ハィ




            白いバラ


           もしも願いが叶うなら
          吐息を白いバラに変えて
          逢えない日は部屋じゅうに
          飾りましょう 貴方を想いながら

          Darling I Want You 逢いたくて
          ときめく恋に駆け出しそなの
          迷子のように立ちすくむ
          わたしをすぐに届けたくて

          ダイヤル回して 手を止めた
          I'm just a woman 
          Fall in love

          If my wishes can be true
          Will you change my sighs
          To roses, whiter roses
          Decorate them for you
          Thinking about you every night
          And find out where I am
          I am not living in your heart

          Darling I need you どうしでも
          口に出せない願いがあるのよ
          土曜の夜と日曜の
          貴方がいつも欲しいから

          ダイヤル回して 手を止めた
          I'm just a woman
          Fall in love

          Darling you love me 今すぐに
          貴方の声が聞きたくなるのよ
          両手で頰を押さえても
          途方に暮れる夜が嫌い

          ダイヤル回して 手を止めた
          I'm just a woman
          Fall in love

          Don't you remember when you were here
          Without a thinking, we were caught in fire
          I've got a love song but where it goes
          Three loving hearts are pulling apart of one

          Can't stop you, can't hold you
          Can't wait no more
          I'm just a woman
          Fall in love
          I'm just a woman
          Fall in love



            彼女2


       チューリップの花咲くような明るさで
              あなた私を拉致せよ二月


                             ( 俵万智『かぜのてのひら』)




 人間が肉食に適していない理由とは?

・ 焼き肉が大好きな人も多い・・・。 しかし、人間の体は肉食に適していないことを知っていますか? なぜ、人が肉食に適していないのか。


          ステーキ1


○ 歯が草食動物

・ 「人間は肉食に適していない」と主張すると、必ず誰かが「人間にも尖っている歯がある」と反論します。 尖っているというのは、オオカミやヒョウなどの歯を指していう言葉です。 人間の糸切り歯(犬歯)はわずかに尖っているにすぎず、また32本のうち4四本が少し尖っているだけで、全体の8分の7は尖っていないのです。 そこが肉食動物とまったく違うところです。

・ 肉食動物はあごを上下に動かすだけで左右には動かしません。人間はあごを上下左右に動かします。 肉食動物は胃の中に大量の塩酸を含んでいます。 人間の胃の中には塩酸が少ししか含まれていません。

・ 肉食動物は腸の長さが胴体の3倍しかありません。 肉は消化器官の中で腐りやすいので、できるだけ早く排泄する必要があるからです。 それに対し人間は、腸の長さが胴体の10倍もあります。 人間は腸の中に長時間とどまる食べ物を食べて栄養素を吸収するようにできているからです。

・ 歯の形状から考えると人体は肉食には適していないのです。 一部の人は「人間の4本の歯は肉食をするためにある」と主張しています。 では、はたしてその人はシマウマに噛みついて倒すことができるでしょうか?

・ 人間の指は、動物のはらわたを引き裂くのには適していません。 人間の指はフルーツを摘み取るのに適しているのです。

○ 心理的にも肉食に適していない

・ 人間は、心理的にも肉食に適していません。 肉を食べたいと思ったとき、自分で肉を採ってくる人がいるでしょうか?  スーパーマーケットの精肉コーナーに行き、きれいに包装された肉を買ってくるという意味ではありません。 バットで牛を何度も殴打し、やっと倒れたところを鋭利なナイフで切りつけ、はらわたをえぐり出して返り血を浴びながら肉を食べている自分の姿を想像してください。

・ 「食欲をそそるぜ。 早くバットとナイフをよこせ。 牛を殺して食べてやる」と言う人がいるでしょうか?
 
・ ほとんどの人はそんな光景を想像しただけでも気分が悪くなるはずです。 もし人間が本当に肉食に適しているのなら、自分で牛を殺して血をすすりながら生肉の味を堪能することを想像するだけで食欲がそそられるはずです。 しかし、そんな人はどこにもいません。 人間が心理的に肉食に適していないことの証しです

 raion狩 ・ さすがにライオンは草食動物を殺して食べることを生業にしているだけあって、そんな光景を想像するだけで興奮するでしょう。 しかし、私たち人間は違います。

・ みなさんは田園地帯や森の中に行ったことがあるでしょう。 雨上がりの午後、木漏れ日で草がきれいに光り輝いています。 空気も澄んでいてとてもいい気分です。そんなときに一匹のリスが目の前を走り抜けました。

・ みなさんはとっさにどういう反応をしますか? 肉食動物がするのと同じように、リスをつかまえて皮を引き裂き、肉を食べ、血をすすりますか?

・ もし人間が肉食に適しているのなら、誰もが「血わき肉おどるとはこのことだ」と興奮するでしょう。 しかし、みなさんは不快な気分になるはずです。 なぜでしょうか? 人間が肉食に適していないからです。

・ 「私たちは肉食の習慣を当然のことのように思い、日常的に肉を食べているが、人間は本来、肉食には適していない。 人間が動物を殺して食べるという食生活を続けると、最後には動物が人間を殺す結果になる。 動物の肉は人間が食べるためのものではない。 人間は本来、植物を食べるようにできているのである」

・ この文章を書いたのは、ウィリアム・ロバーツ医学博士です。 アメリカ・ジョージタウン大学医学部教授で、しかも国立衛生研究所の心臓病学主任であり、権威ある「アメリカ心臓学ジャーナル」の編集主幹を務める医学界の重鎮です。 そうした人物までが肉食の害を指摘しているのです。



  実は肉食は人間に適していなかったのです。 

  本来人間の体は、植物や果物を食べるためにできているのです。

  う~ん、草食に転換しましょうか ?  

  えっ、野獣系に・・・骨をしゃぶっていれば です。 




           ムーミン家

          なんたって、自然食系が一番で・・・!


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード