・・・やはり、あの人 ? です!

 春の麗らかな一日と云って良い気温です。

 うつらうつら・・・居眠り虫も冬眠から、春眠に・・・です。



 【春眠暁を覚えず】  春眠暁を覚えず2

・ 春の夜は短く、また気候もよいので、つい寝過ごしてしまうという意味。

・ 孟浩然の詩『春暁』に「春眠暁を覚えず、処処啼鳥を聞く、夜来風雨の音、花落つること知る多少」(春の眠りは心地よくて夜明けも知らず、鳥のさえずりが聞こえる。 昨晩は嵐の吹く音がしたが、おそらく花がたくさん散ったことだろう)とあるのに基づきます。




 年の重ね方の違い ?!・・・ナチュラルを保つフランス女性、外見は成功の証になるアメリカ女性

・ アメリカ女性とフランス女性、両者を比べると顕著なのが「年の重ね方の違い」です。 

・ ニーコル・キッドマン(A)ハル・ベリー(B)などストイックに身体を鍛え、最新の美容技術を駆使して美しさや若々しさを保つアメリカ女性 

         (A) ニコール    (B) ハル・ベリー

・ ジュリエット・ビノシェ(C)ジュリー・デルビー(D)のように力の抜けたナチュラルな年の重ね方をするフランス女性

         (C) ジュリエット・ビノシュ  (D) ジュリー・デルビー
 

 そんな両者の違いを比べると・・・。

 フランス国旗 ○ ナチュラルな美しさを保つフランス女性

・ 最近アメリカで話題になっているのが、『French women don't get facelift』というフランス女性の美しさの秘密を紹介する本。 

・ アメリカ女性ほどストイックに運動をしたり、話題のダイエットや最先端の美容技術に飛びついたりするわけでもないフランス女性が、なぜいつまでも美しくいられるのか――。 その秘訣として以下が挙げられていました。

 ・厚化粧をしない
 ・代謝の衰えを意識したヘルシーな食事
 ・寝る前にメイクを落とす
 ・自分にあった「マジックヘアカット」をみつける
 ・たくさん笑ってたくさん歩く
 ・水分補給
 ・良質な睡眠


・ さらに、フランス人の著者は「アメリカでは40代、50代になると女性としての価値がないように感じてしまう文化があるため、フェイスリフトなどの美容技術が盛んになっている」とも述べています。


 アメリカ国旗 ○ 対するアメリカでは「手をかけた外見は、成功のシンボル」

・ これに対するアメリカ女性の反応は、「年を重ねて美しくいるには"自然が一番"とばかりも言っていられないわ!」という感じでしょうか。

・ アメリカでは、「常にベストを尽くして最高の状態でいるべし」といった美的意識があるため、社会的に成功している人ほど、いくつになっても食事・運動・ヘアメイクもプロからサービスを受け、きちんと自己管理をしているようです。 つまり、手のかけられた若々しい外見は、成功のシンボルでもあるのです。



  いつまでも若々しくありたいと願う一方で、自然に美しく年を重ねることにも憧れる日本人女性ですが・・・。

  さて、どちらにより共感するのでしょうか。 フランス流、それともアメリカ流・・・。





      愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた
     ニセモノなんか興味はないの ホントだけを見つめたい

     悲しいNEWSとどうでもいい話 朝からもうそんなのうんざりで
     今日はいつもよりも風が気持ちイイからネ 楽しさに着替えてネ

     気づけなかった きっと甘えてたのかな
     だから自分愛して 人を愛してみたいの

     夢はいつでも膨らむばかりで 誰かの思いを無視してた
     きっといつかはわかってるのかナ 手放した風船飛んでった

     サバよんでみたってあの頃に戻れやしないし だから今を認めていたいの
     とても大切な事も見過ごしちゃったとしても また見つければイイ

     いつも言ってたネ 「まァ どうにかなるって」
     だけど力まかせじゃ どうにもならない事もアル

     愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた
     少しずつだけどいろんな事が変わって 私はここにアル

     こんなハズじゃなかった とんだオトギ話
     なぞなぞみたいな 愛す事の意味は
     運命だけじゃなくて センチメンタルでもなくて
     強く見えないモノかナ

     愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた
     食べてみなくちゃわからない事 出会いの引力はどれほどか
     愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた
     ニセモノなんか興味はないワ ホンモノだけ見つけたい

     あなたをずっと探してた・・・



 「顔が違う」の声殺到 ? ・・・マドンナのセクシーなビデオメッセージ

・ 御年55歳の歌姫マドンナが、新スキンケアラインのビデオメッセージに自ら登場。 そのマドンナがあまりにも若々しく、「まるで別人」と話題になっているそうです。

        マドンナのセクシーなビデオ

・ 日本のMTGとコラボレーションし、マドンナがプロデュースしたスキンケアライン「MDNA SKIN」。 その宣伝のためにマドンナがセクシーメッセージ映像を公開しました。

・ その中で、とても55歳には見えぬマドンナが妖艶なポーズを連発。 商品そのものの宣伝はなく、「素晴らしい肌を持つこと。それは私にとって大事なことなの」というマドンナのメッセージが本人により淡々と語られるのみ。 とても洗練されたオシャレなビデオに仕上がっています。

・ しかしこれを見たアメリカメディアの一部は「どのような商品か分からない」と困惑し、人々は「マドンナの顔が全然違うじゃないか」と大騒ぎ。 動画サイトやそれを紹介したメディアには、以下のようなコメントが殺到しているそうです。

「整形とライトで顔を若く見せているだけ。」
「スキンケアの宣伝ではなく、美容整形医の連絡先を公開して。」


・ だが、辛辣な意見に混じって「それでもマドンナは美しい」という声もあります。 またこのメッセージが話題を集めたことで宣伝には大成功、早速「ぜひ世界中で売ってほしい」とコメントするファンも多いとか・・・。



 マドンナは、やはりアメリカ流ですね。 

 ところで、マドンナの今昔を・・・


      マドンナ今昔

      可愛らしい頃もありました・・・ マドンナ 

 

  ああ、永遠のマドンナは・・・・やはり、あの人 ? です。   ( 寅次郎 ) 


 世界一の高さ1000メートル超えの「Kingdom Tower」建造へ

・ 2014年4月からサウジアラビアのジェッダにて、高さ1000メートル超えの「Kingdom Tower」という建物の建造が始まることが明らかになりました。

          011.jpg

・ 2013年12月に建設業者が建設予定地の基礎工事を完了し、270本以上のくいを地下110メートルまで打ち込んだとのことです。 4月27日からビルの施工が始まり、イギリスの国際的な建設会社がプロジェクトのマネジメントを行うことになるとのことです。

・ 建設費は約12億ドル(約1200億円)と見積もられています。

・ Kingdom Towerの完成は5年3ヶ月後の2019年6月予定で、これが完成すれば現在世界で最も高い建築物であるドバイのブルジュ・ハリファ(高さ828メートル)を抜いて世界一の高さになります。

・ このKingdom Towerは、ジェッダ北に建設される予定の複合都市「Kingdom City」(建設には200億ドル以上の費用がかかる大都市)の中心に位置する「都市の象徴」になるとのことです。



  (参考) 東京スカイツリーの高さは・・・634m。

 何でも高ければ良い訳ではございません。 モノには限界ということがあります。

 折れるような高き建物は・・・恐ろしいではありませんか。 ハイ




         太陽

        理想は高く 姿勢は低く いつも心に太陽をもって

       前へ前へと進もう。


                   ( 末川 博(1892-1977) 民法学者 )





       ムーミンパパ
   
      大きな旅立ちというものは、
      書物の、第一行目の文章のように、重要なものなのだよ。
      その一行が、この一瞬が、すべてを決定づけるんだ。

                       (ムーミンパパ)




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード