霞んで揺れてる 君の横顔 ・・・

 雨の日曜日・・・涙目も最高潮でウルウルです。

 明日で3月も終わりです。

 消費税8%UPもいよいよですが、買いだめの効果は・・・?



  おゃ、痩せた ? 横顔きれい !・・・と、思わず見惚れてしまった今日でした。 

  あら、変わりません。 いつも、正面から見ているからでは・・・ ?  sayori xy

  
  春と訪れともに、女性も美しさが増してきます・・・ねぇ。



             春


      よこがお2


        会えばまた 嬉しくなった
       君の後ろ 歩いていた
       胸の奥 せつなくなった 見つめていた
       この頃少し遠いな・・・ 君の横顔


       風が通り抜けて 季節(とき)はまた過ぎてく
       飾らない二人の距離
       近づく程 遠く見えて

       いつの間にか 側にいるだけで
       笑顔へと連れ出してくれる君が
       背中を押してくれていた どんな時も…

       会えばまた 嬉しくなった
       君の後ろ 歩いていた
       胸の奥 せつなくなった 見つめていた
       この頃少し遠いな・・・ 君の横顔


       月が見てる様に 見守ってくれていた
       だからこそ 言えなかった
       二人の距離 守りたくて

       何でだろう 心許せるの
       トモダチと知っていて 抱きしめてた
       気付かないフリは いつまで続いてくの・・・?

       忘れようとする程に
       君をもっと好きになった
       強がりも 空しくなった 気付いていた
       この頃少し遠いな・・・ 君の横顔


       君がいてくれた 一人じゃなかった
       このままで・・・ それだけでいい
       心からそう思うから ずっと変わらず 側にいてほしいよ

       会えばまた 嬉しくなった
       君の後ろ 歩いていた
       胸の奥 せつなくなった 見つめていた
       この頃少し遠いな・・・ 君の横顔

       忘れようとする程に
       君をもっと好きになった
       強がりも 空しくなった 気付いていた
       この頃少し遠いな・・・ 霞んで揺れてる 君の横顔





 エイプリルフール  4月1日はエイプリルフールです。 

・ 最近では企業も参加して、いろんなネタを仕込んでいるようですが・・・。 また、ドキッ・・・ を期待して、SNSやメールなどで「うそ」をつく人もいると思います。
 
・ エイプリルフールにありがちな「うそ」は・・・アンケート調査結果からです。


 Q.エイプリルフールにありがちな「うそ」を教えてください (単一回答)

  1位 宝くじが当たった 26.6%

  2位 結婚しました 21.2%

  3位 恋人ができました 8.6%

  3位 私はうそをついたことがありません 8.6%

  5位 会社を辞めました 5.2%




  嘘をついたことがある2



 エイプリルフール(April Fools' Day) ・・・とは、毎年4月1日には嘘をついてもよい、という風習のことです。 4月1日の正午までに限るとも言い伝えられています。

         4月1日

・ 英語の"April Fool"は、4月1日に騙された人を指します

・ エイプリルフールは、日本語では直訳で「四月馬鹿」、漢語的表現では「万愚節」または「愚人節」、フランス語では「プワソン・ダヴリル」(Poisson d'avril, 四月の魚)と呼ばれます。



 エイプリルフールの起源 ・・・は全く不明で、いつ、どこでエイプリルフールの習慣が始まったかはわかっていません。 有力とされる起源説も、いずれも確証がないことから、仮説の域を出ていないのです。

・ その昔、ヨーロッパでは3月25日を新年とし、4月1日まで春の祭りを開催していましたが1564年にフランスのシャルル9世が1月1日を新年とする暦を採用します。 これに反発した人々が、4月1日を「嘘の新年」とし、馬鹿騒ぎをはじめました。 しかし、シャルル9世はこの事態に対して非常に憤慨し、町で「嘘の新年」を祝っていた人々を逮捕し、片っ端から処刑してしまいます。

・ 処刑された人々の中には、まだ13歳だった少女までもが含まれていました。 フランスの人々は、この事件に非常にショックを受け、フランス王への抗議と、この事件を忘れないために、その後も毎年4月1日になると盛大に「嘘の新年」を祝うようになっていきました。 これがエイプリルフールの始まりとも云われます。

・ そして13歳という若さで処刑された少女への哀悼の意を表して、1564年から13年ごとに「嘘の嘘の新年」を祝い、その日を一日中全く嘘をついてはいけない日とするという風習も生まれます。 その後、エイプリルフールは世界中に広まり、ポピュラーとなったが、「嘘の嘘の新年」は次第に人々の記憶から消えていきました。

・ また、インドで悟りの修行は、春分から3月末まで行われていましたが、すぐに迷いが生じることから、4月1日を「揶揄節」と呼んでからかったことによるとする説もあります。



   うそ・ほんと

   仮説は、白か黒か・・・嘘の結論はでません。 ハィ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード