君は僕の心の星・・・!

 ようやく、天気も回復・・・春も本格的に近寄ってきます。

 でも、木曜日には雪がちらっく予報も・・・。

 春一番は・・・いつでしょうね。



 火星の地球最接近まで1週間 4月14日に月と競演

・ 夜空を見上げて妙に赤い星があったら、それはきっと火星です。 その火星が4月14日夜、地球に最接近します。 過去の大接近と比べると、今回はそこまで近くないのですが、明るさはマイナス1.4等級ですので、天気さえ良ければ誰でも肉眼で観察を楽しめるはずです

・ 4月14日午後11時の夜空を天文シミュレーターの「ステラナビゲーター」で作成すると、南の方角に火星が月と並んで見えます。 月の近くにある赤い星が火星ですから、とても探しやすいです。 左下に見える星は「スピカ」というおとめ座の星です。


      火星の地球最接近


・ 4月9日には火星は衝(しょう)となります。 地球から見て、地球の外側を回る惑星が、太陽のちょうど反対側にくる状態のことで、このころは一晩中火星を観察することができます


  地球と火星22

・ 地球は太陽の周りを365日かけて回りますが、火星は687日かけて回ります。 このため、地球と火星の接近は約2年2か月ごとに起きます。 ただ火星の軌道は楕円形をしているので、接近するごとに最接近距離が違ってくるのです。

・ 今回の最接近の距離は9239万キロメートルですが、2003年には5576万キロメートルまで近づく大接近でした。 次回、火星が地球に近づくのは2016年5月31日、その次は2018年7月31日です。




        横顔のシルエット2

          好きなんだけど 離れてるのさ
         遠くで星を みるように
         好きなんだけど だまってるのさ

         大事な宝 かくすように
         君は僕の心の星
         君は僕の宝

         こわしたくない なくしたくない だから
         好きなんだけど 離れてるのさ
         好きなんだけど だまってるのさ

         とどかぬ星を 恋した僕の
         心をうたう 星のフラメンコ
         輝け星よ 君の夜空で

         歌えよ涙 僕の心で
         君は僕の心の星
         君は僕の宝

         こわしたくない なくしたくない だから
         歌うよせめて 心の歌を
         ひびけ夜空に 星のフラメンコ

         星のフラメンコ・・・



          星花2




 さて、イギリスの大学講師が「妖精を撮影した」と主張!

・ 「妖精」と聞くと、映画やアニメ、ゲームの世界観をイメージする人も多いはず。 少なくとも実在しないとされている存在であることは、誰もが知っています。

・ その妖精の撮影に成功したと主張している人物がいます。 彼は、この2年間に撮影した風景写真のひとつに、妖精が写っていることを確認したとしています。 実際にその写真を見てみると、たしかに人間のような手足と、羽根を持つ何かです。 これは本当に妖精なのか?

・ランカシャー州に妖精が住む?

・ 写真を公開したのは、イギリスのマンチェスター・メトロポリタン大学のジョン・ハイアット講師。 彼は、ランカシャー州ローゼンダール・バレーに妖精が住んでいる、その証拠を持っていると主張しています。 その証拠とは、妖精の写っている写真です。

・ナニかが写っていた

・ 大学でデザイン・アートを教える一方で、マンチェスター調査研究所のディレクターでもある彼は、ここ2年間、ランカシャーの風景写真の撮影を行っていました。 その写真のなかに、妖精と見られる何かが写っていたというのです。


  「妖精を撮影した」22  妖精2


・昆虫と明らかに違う

・ この写真を撮影したとき、自分の撮ったものが何なのか理解できず、改めてハエやブヨを撮ってみたそうです。 見比べて、明らかにこれらの昆虫と違うことを確認し、妖精ではないかと考えるようになったとか・・・。 ハイアットさんはこの画像をソーシャルメディアに公開したところ、真偽について議論が巻き起こったそうです。

・ ちなみにこの写真は、現在「ローゼンダールの妖精」というタイトルで展示されています。



 はたして、これは本当に妖精なのだろうか?  あなたはどの思いますか。 

 虫でしょうか。 まぁ~・・・無視です。 ハイ


 こちらの妖精は実存します。 それも、北海道にですよ・・・


◆  ああ、氷の妖精・・・クリオネ  

  クリオネ11  クリオネ222
 
・ クリオネは流氷と共にオホーツク海沿岸にやってきます。 クリオネには仲間がいてみんなが知っているクリオネはとてもかわいく見えるクリオネ・リマキナ(学名)という種類の外殻のない動物プランクトンです。

・ 和名が「ハダカカメガイ」で巻き貝の一種、そして陸上生物のナメクジは実は同じ仲間なのです。  一番目立つオレンジ色からピンク色に透けて見える体の色は、内臓器官の生殖腺や中腸腺です。

・ クリオネの名前の由来はギリシャ語の「ナメクジのような海の女神」という語源からきています。

・ 大きくなってもプランクトンのままで、一生を冷たい海の中で過ごします。 クリオネの頭に見える角の部分は実は触手という器官で、その中に口と内蔵があります。 顔のように見える部分が顔ではなく実は、おなかなのです。 さらに手のように見える翼は翼足といわれる足であり、これをヒラヒラさせて海中を移動しています。

・ この姿から「流氷の天使」あるいは「氷の妖精」と呼ばれ、英語では sea angel とも呼ばれます。 ただしsea angel はもっと広く、裸殻翼足類の総称的に使われることが多いようです。

・ クリオネは北極圏・および南極圏の寒い海に生息し、卵から生まれ、(一度に約1000個生みます)約1年で親になります。 翼足を上下に動かすことで移動し、冬にオホーツク海まで来れるのは、流氷にはりついてくるためです

・ クリオネはオスとメス両方の性質を持っているのでオスになったりメスになったりすることができ、オホーツク海沿岸に来るクリオネは一般的に体長5ミリ~30ミリくらいで生息年数(1年以上は生きる)については現在不明です。

・ 冬に流氷と共にやって(流氷の小さな穴などの中に入り込み)きますが、その後、流氷が溶けだしたり流氷が北へ戻っていく段階でクリオネが海の底へ落ちたりしたときに動物プランクトンとして、魚たち(鮭・マス類)に補食されてしまいます(食物連鎖)。 



  ムーミン VOL.2  クリオネ風に、変身してみました・・・? 




 April,08   コッタバル

      Happy Birthday! Ms.SASAKI

      Congratulations On Your 21th Birthday!
     Wishing you many more.





  新学期もスタート・・・ですが、早くも五月病 ?  いや、寝ボケで・・・?


 「一般的な大学生の時間割」があるあるすぎる…

・ 新学期がスタートする学校が多いかと思います。 学生のみなさんは、初日から遅刻なんてことになっていないでしょうか ?

    時間割1

・ 上記は現在、Twitterで話題の「一般的な大学生の時間割」です。 講義の内容ではなく、時間割に対する学生の心境が記入されています

    時間割22

・ こちらは「留年した人の時間割」として、派生で生まれた画像

・ さまざまな理由をつけて、ほとんど真面目に出席するコマがないようですが…。 こんな時間割になっていたら、単位の危険信号です。



 先輩方の経験から生まれた時間割。 反面教師としてしっかり授業に出席しましょう。


 ああ、「さとり世代」・・・コンビニのバイト大学生 

・ 夜勤アルバイトとして働く男子大学生が、「さとり世代の新人が舞い降りた」と話題に・・・。 風変わりな接客態度をとったり、掴みどころのない発言をする彼の言動にさとりますか。


          コンビニ222


○ 「お客様は神様だろぅ!?」とお怒りになったお客さんに対して、淡々と「神は死んだ」と返した期待の大型新人が夜勤にやってきました。 ゆとり世代ならぬさとり世代である彼の今後の活躍に期待したいところです。 


○ 座り読みを注意され逆上したお客様にニーチェ先生(大型新人)、「申し訳ございません、他のお客様の御迷惑となりますのでご理解頂ければと思います」防犯ブザーに指を乗せながらお客様に対峙していた。 容赦なく銃口をつきつける接客業の新境地を見た。


○ 「2億部も売れてるのに『ONE PIECE』読んだことないんですか?」と言われたニーチェ先生(大型新人)、「聖書を読んだことは……ないんですか? 60億部も刷られているのに?」と切り返していて、漫画と聖書を同列に語るとは神をも恐れぬ所業 ?  さとり世代の名をほしいままにしています。



 こちらは、天然ボケで・・・?  いや、さとりのニーチェに失笑です・・・あぁぁ。


            ぱぱ2

       おっと、昼食を食べ忘れた~ぁ !


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moominspapa ( ムーミン・パパ )

Author:moominspapa ( ムーミン・パパ )
 人は皆、「時間」と「空間」を泳ぎつづける旅人。○△□と、それぞれ姿は違っていても、どこかに「縁」、「絆」という気づかないつながりがあります。

 言葉の巧みさや文字だけでは伝えられないものを大事にする、そんな人間関係を大切にしたい。 
 ユーモアを愛し、論理よりも感覚を大切にしながら、飄々(ヒョウヒョウ)と生きる持ち味を失わずに、同時に成熟した感性と広い視野を持つ・・・LOVE(思いやり)&POWER(知的好奇心)・・・。

 皆さんの日々、そして春夏秋冬に、たくさんの「心のふれあい」や、「素晴らしい出来事」がありますように・・・。 
 そんな、ささやかな願いもこめて・・・あれこれを・・・とどけます。

最近の記事
ブログ内検索
QRコード
QRコード